今日は事務所にソプラノの大森智子さんと、トランペット奏者であり「好きですトリトン!」作曲者の小川聡さんにお越しいただき、好きですトリトン歌詞選定会を開催しました。
おかげさまで日本全国からたくさんの応募をいただき、その中で厳正に選考させていただきました。

「好きですトリトン!」とは?
「音楽・晴海・第一生命ホール」をテーマにした小川聡さん(ダックスくんとらっぱの合奏団)作曲のイメージソング。一般募集した歌詞をのせて、オープンハウスで客席の皆さんと一緒に初演します。

170619tritonsong.JPG

選ばれた歌詞は近日中にホームページ等で発表し、オープンハウスでみなさんで大合唱します。どうぞお楽しみに!

第一生命ホールオープンハウスの情報はこちら

先週(6月10日)の公演では、高い集中力と、美しい絶妙のアンサンブルで聴衆を沸かせたシューマン・クァルテット
改めて、彼らの経歴をご紹介しますと、2013年ボルドー国際弦楽四重奏コンクールでも優勝、今や世界中の名門ホールで公演を重ね、若手弦楽四重奏団の中でも高い評価と注目を集める、まさに今、聴いておきたいクァルテットなのです。
明日は、いよいよ東京公演の第2回。
ソリストとしても活躍する第1ヴァイオリンのエリック・シューマンが語る、聴きどころをご紹介します。(コンサートイマジン発行「シューマン通信vol.2」より)

SchumannQuartet(C)KaupoKikkas.jpg

モーツァルトの弦楽四重奏曲第23番は、いわゆる「プロイセン王セット」の3番目の作品で、そして、モーツァルトにとって最後の弦楽四重奏曲となった作品でもあります。チェロは感情を吐露するように動きますが、これは当時としてはとても珍しいことでした。でも、「プロイセン王セット」の他の2曲でもそうですが、ここでもチェロは多くの場所で主旋律を与えられています。この曲は非常に挑戦的な作品と言えます。モーツァルトは、聴衆にとっても演奏者にとっても予期出来ない休止、突然の曲調の変化を随所に挿入しています。モーツァルトは言っています。「休止は重要で、時には音よりも重要である」、と。この曲において、冒頭ですでにそれを感じることが出来るでしょう。モーツァルトはその効果を期待しながら戯れているのです。それでも尚、この曲はモーツァルトの最上の作品と言えるでしょう。美しい旋律、天才的な展開。モーツァルトのオペラや交響曲もそうですが、この名作の中では、より凝縮された形で見出すことができます。

武満徹の「ランドスケープ」は、全く別の音楽体験をもたらしてくれるでしょう。曲は極端な、突然のディーナミク(音の強弱)と雰囲気の変化によって成り立っています。武満は、全曲を通して完全にヴィブラートなしで演奏することを要求しています。この曲は、演奏者と聴衆の間の距離感から着想を得た珍しい音楽作品と言えるでしょう。この曲は、私たちに日本の古いおとぎ話や絵画を思い起こさせます。武満が、周文の「四季山水図」から影響を受けたことがあるのかどうか、私は知りません。ただ聴衆の誰もが、この曲が終わる時に、幼い頃に聞いたおとぎ話を思い出す時の感覚や、「四季山水画」をみる時に得た感覚と同じものを感じるでしょう。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番は、弦楽四重奏のために書かれた全ての曲の中でもとても好きな曲です。とても豊かで深淵、同時に軽快で活力に満ち、魅力に溢れています。「カヴァティーナ」は最高に美しく、その美しさを描写する言葉はありません。この世界の美しさへのオマージュとさえいえるのではないかと思います。この世界の生きとし生ける全ての創造物の美しさ、我々はそれを、ベートーヴェンの音楽を通して感じることができる特権を与えられているのです。生きていること、そしてそれを全ての瞬間に感じていること、それが最も大切なことなのです。それはまさに弦楽四重奏曲を演奏することの喜びでもあります。作曲家と演奏家と聴衆をつなぐ、真に親密な絆を築く、という喜びです。

皆様が私達と一緒に、これらの多彩な名作たちの世界をめぐる旅を楽しんでくださることを祈っています!

エリック・シューマン

また、彼らの最新アルバム「Landscapes」も好評発売中。発売レーベルのBerlin Classicの公式Youtubeでは、武満徹の「ランドスケープ」の一部をお聴き頂けます。 こちら

0300836bc-schumannquartett-landscapes=400x380.jpg

当日券は、13:00より発売。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

(くろ)

シューマン・クァルテットII

日時:2017年6月17日(土)14:00開演

出演:シューマン・クァルテット[エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) リザ・ランダル(ヴィオラ) マーク・シューマン(チェロ)]

演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第23番 ヘ長調 K590 「プロイセン王第3番」
武満徹:ランドスケープ I (1960)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

■公演詳細は こちら

2016年のボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝団体、アキロン・クァルテットの日本ツアーが終わりました(皆さま、暖かい拍手、励ましのお言葉、ありがとうございました。「日本のお客さまはすばらしい!」と言って帰っていきました)。
そしていよいよ、今週末から2週連続で、前回(2013年)のボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝団体でもあるシューマン・クァルテットの登場です!

ヨーロッパの室内楽通が口をそろえて「今聴いておくべきはシューマン・クァルテット。本当に素晴らしい!」と褒めたたえる団体。以前インタビューでも書いたように、新CD「ランドスケープ(Landscapes)の曲目3曲を、第一生命ホールで披露してくれます。

0300836bc-schumannquartett-landscapes=400x380.jpg

6月10日(土)に聴けるのはハイドン「日の出」と、バルトーク第2番
6月17日(土)には、CDのタイトルにもなっている武満徹の「ランドスケープ」

このCDを購入されたい方は、 こちら[ローソンHMVのサイト]
また、ナクソス・ミュージック・ライブラリーでも視聴できますので、ぜひお試しください! こちら

フランス女子4人組のアキロン・クァルテットが、「音楽は言葉といっしょ。ラヴェルやドビュッシーは抑揚がなくて流れていくフランス語そのもの」と話していましたが、CDの始まりであるハイドン「日の出」は、まさにドイツで生まれ育ったシューマン3兄弟を核にするクァルテットによる、ドイツ語(しかもとびきり上品な)だと感じます。

耳の肥えたヨーロッパやニューヨーク・リンカーンセンターの聴衆の前で演奏を重ねることによってさらにクァルテットとしての精度を高めているシューマン・クァルテット。CDの素晴らしさを、ぜひ生で楽しんでいただければと思います。

(たな)

シューマン・クァルテットI
日時:2017年6月10日(土)14:00開演
出演:シューマン・クァルテット[エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) リザ・ランダル(ヴィオラ) マーク・シューマン(チェロ)]
演奏プログラム:
ハイドン:弦楽四重奏曲 変ロ長調 Op.76-4 Hob.III-78 「日の出」
バルトーク:弦楽四重奏曲 第2番Op.17 Sz.67 BB75
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第7番 ヘ長調 Op.59-1 「ラズモフスキー第1番」
■公演詳細は こちら
■インタビューは こちら

シューマン・クァルテットII
日時:2017年6月17日(土)14:00開演
出演:シューマン・クァルテット[エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) リザ・ランダル(ヴィオラ) マーク・シューマン(チェロ)]
演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第23番 ヘ長調 K590 「プロイセン王第3番」
武満徹:ランドスケープ I (1960)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130
■公演詳細は こちら
■インタビューは こちら

昨年のボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝アキロン・クァルテットの日本ツアー始まりました!

色彩豊かな音楽作りの秘密とは...?

akiloneQ_Munetsugu_IMG_2530.JPG

名古屋・宗次ホールのリハーサル。開放弦のチューニングの後、ロングトーンで時間をかけて音を重ねていき、お互いの音を聴き合って和声の移り変わりを確かめています。色彩豊かな彼女たちの音楽はこうしてできているのですね。

強く繊細。ドビュッシー必聴です。

(たな)

2016年ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝ツアー
アキロン・クァルテット
日時:2017年6月4日(日)14:00開演
出演:アキロン・クァルテット[エムリン・コンセ/エリーズ・ドゥ=ベンドゥラック(ヴァイオリン) ルイーズ・デジャルダン(ヴィオラ) ルーシー・メァカット(チェロ)]
演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第5番 ヘ長調 K158
デュティユー:弦楽四重奏曲 「夜はかくの如し」
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調 K159
ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10
■公演詳細は こちら
■インタビューは こちら

昨年5月に行われたボルド―国際弦楽四重奏コンクールで優勝したアキロン・クァルテットが来日しました。
昨日(5月31日)は、ヴィオラ・スペース(*)のコンサートにゲスト出演した彼女たち。
とても楽しい演奏会だったそうです。そして、今日は、第一生命ホールで雑誌のインタビューとリハーサルでした。

インタビューには、4人が仲良く、代わる代わる回答。学生時代から仲が良く、時間が合えば映画や美術展などにも一緒に出掛けるそうですが、クァルテットとして過ごす時間が増えた今は、逆に一人で過ごす時間も大事にしているのだとか。「友人というよりは、家族に近い気がします。」

AkiloneQ_P6010019.JPG

作品を創り上げる際にも、誰かひとりが、「ここはどうかしら?」と疑問をもったら、そこで立ち止まり、お互いの考えていることを声に出し、話し合いながら進めているそう。「リーダーシップを誰かがとるという事はありません。話し合うことを大事にしながら演奏をしています。」という音楽創りの秘訣も教えてくれました。

AkiloneQP6010052.JPG

4人とも日本食が大好きだそう。目にも鮮やかな季節の素材を使った和食を堪能した後は、「さあ、リハーサルにしましょう!!」と言って、リハーサル室に入っていきました。

彼女たちのツアーは、明日の名古屋からスタート。町田、第一生命ホールと続き、最後は鶴見です。
それぞれの会場でプログラムが異なります。

今夏には、フランス全土、ベルギー、スイスの各地で、月に10本以上の公演を控えており、また来年3月にはCDデビューも決まっているそう。
コンクール受賞前と後では生活がガラッと変わってしまったが、まだクァルテットとしてのキャリアは始まったばかりという彼女たち。今後の活躍が期待される若手クァルテットの演奏をぜひお聴き逃しなく!!

(くろ)

2016年ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝ツアー
アキロン・クァルテット
日時:2017年6月4日(日)14:00開演
出演:アキロン・クァルテット[エムリン・コンセ/エリーズ・ドゥ=ベンドゥラック(ヴァイオリン) ルイーズ・デジャルダン(ヴィオラ) ルーシー・メァカット(チェロ)]
演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第5番 ヘ長調 K158
デュティユー:弦楽四重奏曲 「夜はかくの如し」
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調 K159
ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10
■公演詳細は こちら
■インタビューは こちら

*アキロン・クァルテットのヴィオラ奏者、ルイーズ・デジャルダンは2015年に行われた第3回東京国際ヴィオラコンクール第3位入賞しました。

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ