皆さんは、ドイツ・リートを歌ったことはありますか?

そもそもドイツ・リートって何でしょう......?

リートというのは、ドイツ語で「歌曲」という意味。ドイツ語で書かれた詩にメロディーをつけた歌を指します。

そんなの歌ったことない、という皆さま、「わらべは見たり...」で始まる「野ばら」はいかがですか? あるいは「ます」や「歌の翼に」は?
ドイツ語ではないけど、日本語で歌ったことがあるかもしれない、という方はいらっしゃるかもしれませんね。

そんな、日本人の生活にとけこんでいながら、あまり知られ
ていないドイツ・リートの世界をじっくり探究して、最後は、世界最高峰のドイツ・リートを第一生命ホールで聴こう!という講座が、この秋開講します。

その名も......

「『歌の翼に』を歌う体験つきで楽しむ、クラシック音楽講座
ドイツ歌曲(リート)の奥深い世界へ」

講師は、ヘビーな話をライトに話し、時々作曲家も憑依してしまう愉快なレクチャーで大人気の有田栄先生です。

SakaeArita-2.jpg

毎年、有田先生の楽しいお話の他、楽器体験(フルート、クラリネット、ヴァイオリンなど)も人気の秘訣ですが、今回は「リート」がテーマということで、楽器ではなく歌の体験で、ドイツ語と日本語で「歌の翼に」を歌います!

歌の指導をしてくださるのは、イギリス人のバリトン歌手、アリスター・シェルトン=スミスさん。オペラやリートで世界的に活躍されています。

講座の最終日に第一生命ホールで聴くのは、世界最高峰のリートデュオ、白井光子&ハルトムート・ヘルによるコンサート

実は、アリスターさんは、今は日本在住ですが、以前ドイツのカールスルーエ音楽大学で白井光子さんとハルトムート・ヘルさんにリートを師事していたのだそうです!

アリスターさんには、「歌の翼に」の歌唱指導の他、毎回の有田先生の講義の中でも、数曲歌っていただけるという何とも贅沢なことになっています。

講座の概要は以下のとおりです。

第1回 9月9日(土)14:00~16:00
ドイツ・リートの世界への招待(ドイツ・リートとは?/リートの作曲家と名曲/ドイツ・リートと他言語の歌曲)

第2回 9月24日(日)10:00~12:00
リートに心を託した作曲家たち(シューベルト、シューマンほか)
リハーサル見学&バックステージツアー

第3回 10月14日(土)14:00~16:00
さらに、リートの世界の奥座敷へ―リートの発展と変容/アリスターとドイツ・リートを歌ってみよう!「歌の翼に」

第4回 10月28日(土)15:00~17:00
公演鑑賞「リート・デュオによる『女の愛と生涯』」 
出演:白井光子(メゾソプラノ)&ハルトムート・ヘル(ピアノ)
公演の詳細は こちら

講座の内容は こちら からもご覧いただけます(5ページ目)。

この講座は、「中央区民カレッジ」の「連携講座」の1つですので、現在お申込みをいただけるのは、中央区在住、在勤、在学の方だけです。締切は8月17日。

College_Chuo2017.jpg

中央区外の方も、もし締め切りまでに定員に満たない場合は、9月6日(水)から申し込みができるそうですので、チェックしてみてください。

第一生命ホールを1日開放して入場無料で楽しめる「オープンハウス」を開催する上で欠かせないのが、サポーター(ボランティア)の方々の存在です。制作を一緒に進めている7名のプロジェクトサポーターに加え、当日は90名を超えるサポーターが第一生命ホールに集い、お客様のご案内や、音楽体験の補助を行います。

170712IMG_3745resized.jpg

先週末、サポーター事前説明会を行いました。
どうすればお客様をスムーズにご案内し、オープンハウスを楽しんでいただけるか、担当毎に細かい打合せも行いました。

当日は「サポーター」と書かれた名札をつけていますので、サポーターの活躍にも注目してみてください!

第一生命ホールオープンハウス2017の詳細はこちら

昨年よりベートーヴェンのピアノ・ソナタの中から、選りすぐりの選曲でおおくりしている、「假屋崎省吾と聴く 児玉麻里 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ選集II」
タイトルからご想像いただけるかと思いますが、児玉麻里さんの演奏だけでなく、假屋崎省吾さんと児玉麻里さんとのトーク、そして、假屋崎省吾さんにいけて頂くステージ上の作品と、盛りだくさんの楽しみがつまったコンサートです。

MariKodama2016(C)MichiharuOkubo_0KU6758.JPG

チラシなどでもご覧いただいておりますこの写真ですが、昨年の公演の様子です。
いきいきとした緑は、ドウダンツツジです。花は終わってしまいましたが、緑の一葉一葉が、児玉麻里さんのピアノの音色に彩りを添え、そして、ステージに涼しげな風を運びこんでくれたように感じました。
そして、ドウダンツツジの足元には、百合の花。女性のお客さまが多いのではという事で、美人や、女性の美しい所作を花に見立てて形容する言葉"立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花"から発想して、百合を選んでいただいたそうです。
今年は、どのような草花を飾っていただけるのか、今から楽しみです。

また、昨年のトークを少しご紹介しましょう。
児玉麻里さんにとって、ベートーヴェンが作曲した32曲のピアノ・ソナタを演奏することはライフワークとの事。
毎回演奏するたびに、新しい発見があり、共に成長をさせてくれる作曲家だそうです。

CD録音でも、長きにわたって、ベートーヴェンのピアノ・ソナタと向き合ってきた児玉麻里さんの、思いを込めた演奏をぜひ聴きにいらしてください。 全曲CDについては、こちら(HMVのサイトに移動いたします)

假屋崎省吾と聴く
児玉麻里 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ選集II
日時:2017年7月15日(土)14:00開演
出演:児玉麻里(ピアノ) 假屋崎省吾(トークゲスト)
演奏プログラム
ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第20番 ト長調 Op.49-2
ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」
ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 Op.106 「ハンマークラヴィーア」
■一般¥3,800 ■ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
■お友だち割¥3,500(3枚以上同時購入で1枚あたり)

■公演詳細は こちら

■児玉麻里さんのインタビューは こちら

今日は事務所にソプラノの大森智子さんと、トランペット奏者であり「好きですトリトン!」作曲者の小川聡さんにお越しいただき、好きですトリトン歌詞選定会を開催しました。
おかげさまで日本全国からたくさんの応募をいただき、その中で厳正に選考させていただきました。

「好きですトリトン!」とは?
「音楽・晴海・第一生命ホール」をテーマにした小川聡さん(ダックスくんとらっぱの合奏団)作曲のイメージソング。一般募集した歌詞をのせて、オープンハウスで客席の皆さんと一緒に初演します。

170619tritonsong.JPG

選ばれた歌詞は近日中にホームページ等で発表し、オープンハウスでみなさんで大合唱します。どうぞお楽しみに!

第一生命ホールオープンハウスの情報はこちら

先週(6月10日)の公演では、高い集中力と、美しい絶妙のアンサンブルで聴衆を沸かせたシューマン・クァルテット
改めて、彼らの経歴をご紹介しますと、2013年ボルドー国際弦楽四重奏コンクールでも優勝、今や世界中の名門ホールで公演を重ね、若手弦楽四重奏団の中でも高い評価と注目を集める、まさに今、聴いておきたいクァルテットなのです。
明日は、いよいよ東京公演の第2回。
ソリストとしても活躍する第1ヴァイオリンのエリック・シューマンが語る、聴きどころをご紹介します。(コンサートイマジン発行「シューマン通信vol.2」より)

SchumannQuartet(C)KaupoKikkas.jpg

モーツァルトの弦楽四重奏曲第23番は、いわゆる「プロイセン王セット」の3番目の作品で、そして、モーツァルトにとって最後の弦楽四重奏曲となった作品でもあります。チェロは感情を吐露するように動きますが、これは当時としてはとても珍しいことでした。でも、「プロイセン王セット」の他の2曲でもそうですが、ここでもチェロは多くの場所で主旋律を与えられています。この曲は非常に挑戦的な作品と言えます。モーツァルトは、聴衆にとっても演奏者にとっても予期出来ない休止、突然の曲調の変化を随所に挿入しています。モーツァルトは言っています。「休止は重要で、時には音よりも重要である」、と。この曲において、冒頭ですでにそれを感じることが出来るでしょう。モーツァルトはその効果を期待しながら戯れているのです。それでも尚、この曲はモーツァルトの最上の作品と言えるでしょう。美しい旋律、天才的な展開。モーツァルトのオペラや交響曲もそうですが、この名作の中では、より凝縮された形で見出すことができます。

武満徹の「ランドスケープ」は、全く別の音楽体験をもたらしてくれるでしょう。曲は極端な、突然のディーナミク(音の強弱)と雰囲気の変化によって成り立っています。武満は、全曲を通して完全にヴィブラートなしで演奏することを要求しています。この曲は、演奏者と聴衆の間の距離感から着想を得た珍しい音楽作品と言えるでしょう。この曲は、私たちに日本の古いおとぎ話や絵画を思い起こさせます。武満が、周文の「四季山水図」から影響を受けたことがあるのかどうか、私は知りません。ただ聴衆の誰もが、この曲が終わる時に、幼い頃に聞いたおとぎ話を思い出す時の感覚や、「四季山水画」をみる時に得た感覚と同じものを感じるでしょう。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番は、弦楽四重奏のために書かれた全ての曲の中でもとても好きな曲です。とても豊かで深淵、同時に軽快で活力に満ち、魅力に溢れています。「カヴァティーナ」は最高に美しく、その美しさを描写する言葉はありません。この世界の美しさへのオマージュとさえいえるのではないかと思います。この世界の生きとし生ける全ての創造物の美しさ、我々はそれを、ベートーヴェンの音楽を通して感じることができる特権を与えられているのです。生きていること、そしてそれを全ての瞬間に感じていること、それが最も大切なことなのです。それはまさに弦楽四重奏曲を演奏することの喜びでもあります。作曲家と演奏家と聴衆をつなぐ、真に親密な絆を築く、という喜びです。

皆様が私達と一緒に、これらの多彩な名作たちの世界をめぐる旅を楽しんでくださることを祈っています!

エリック・シューマン

また、彼らの最新アルバム「Landscapes」も好評発売中。発売レーベルのBerlin Classicの公式Youtubeでは、武満徹の「ランドスケープ」の一部をお聴き頂けます。 こちら

0300836bc-schumannquartett-landscapes=400x380.jpg

当日券は、13:00より発売。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

(くろ)

シューマン・クァルテットII

日時:2017年6月17日(土)14:00開演

出演:シューマン・クァルテット[エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) リザ・ランダル(ヴィオラ) マーク・シューマン(チェロ)]

演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第23番 ヘ長調 K590 「プロイセン王第3番」
武満徹:ランドスケープ I (1960)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

■公演詳細は こちら

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ