コンサートマスター矢部達哉のもとに集ったメンバーで、指揮者を置かず、室内楽の延長のような、自発的で研ぎ澄まされたアンサンブルを特徴とする『トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)』。

ベートーヴェン生誕250年にあたる2020年に向け、今年10月6日を皮切りに3年に渡ってベートーヴェン交響曲全曲演奏会(全5回)を開催します。

コンサートマスター矢部達哉さんのインタビューを、4回にわたって掲載していきます! (聞き手:片桐 卓也)

hareorche2017_21.JPG

ー片桐

「晴れオケ」では、これまで3回にわたり
モーツァルトの協奏曲、交響曲を演奏なさってきましたが、
今度はいよいよベートーヴェンの交響曲ツィクルスですね。

ー矢部 

モーツァルトもまだ演奏したい作品があるのですが、yabe_大窪道治2.jpg
2016年に横山幸雄さんと一緒に
ベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲の演奏会を行った時に、
その演奏にシビレてしまって。

横山さんの演奏はもちろん素晴らしいのですが、
このオーケストラの演奏がとても良かった。
積極的にオーケストラが音楽作りに参加している姿勢があったのです。

例えば、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」の2楽章で、
コントラバスがピツィカートで、
他の弦楽器がアルコ(弓で弾くことの意味)で、
指揮者がいない場合は当然コンサートマスターである僕が合図して、
そこにみんな合わせてやるのですけど、
コントラバスの池松宏さんが
「僕にやらせてくれる?」と言った。

そうすると、チェロの人はコントラバスが見えないから、
どこで入ったら良いのか分からないはずなのです。

でも、それで良い音がする。

僕がコントラバスの動きに合わせるのだけれど、
その時に出た響きというのは、
コンサートマスターが合図を出してやった時とは、
音が違う。

音の密度、有機性とか、
ぴったり合わないのは合わないのだけど、
音の重層的な響きがあった。

そういうことを知ってしまうと、
<コンサートマスター仕切り>ということは、
どんどんやめていった方が良いだろうなと思わされました。


そして、改めて思ったのは、日本のオーケストラの状況。
それは昔とかなり違って来ていて、
本当に一人一人の楽員の力が高くなっている。

僕はこのオーケストラ業界に30年ほどいるのですが、
その最初の頃の常識であった、
コンサートマスターに常に合わせる、急がない、遅れない
ということをクリアした上で、
さらにチェロやコントラバスの音を聴く、
木管楽器の音を聴く、
そういうアンテナを立てている奏者は
すごくレベルが高いという時代を経て、
さらに今は、そこで満足している奏者は、それで良いの? 
とさえ言われる時代になって来たということです。

オーケストラというのは
コンサートマスターや首席奏者に合わせなければいけない
という時代は終わっていて、
もっと一人一人が積極的に音楽に参加していくという時代に
なっていると思うのですよね。


そういう段階でやっているのがこの「晴れオケ」なのです。

コンチェルトの時も、
ピアノの横山さんに対して、伴奏ではなく、
より積極的に絡んで行くということ、
それをコンサートマスターや首席奏者が
「これやろうね」という風に指示するのではなく、
一人一人が自発的にそれをやって行く。

演奏者の人数も少ないから、一人一人の持つ
音楽的な責任はより大きくなる訳ですが、
そういうことがシンフォニーでも出来たら楽しいだろうな、
というのが今回のツィクルスの出発点です。

ーインタビューその2へつづく

hareorche2017_12.jpg

トリトン晴れた海のオーケストラ 第4回演奏会
ベートーヴェン・チクルスⅠ

■日時:2018年10月6日(土) 14:00開演
■出演: トリトン晴れた海のオーケストラ
【コンサートマスター】矢部達哉
【ヴァイオリン】双紙正哉 会田莉凡 小川響子 景澤恵子 塩田脩 直江智沙子 福崎雄也* 松浦奈々 三原久遠 渡邉ゆづき 
【ヴィオラ】篠﨑友美 瀧本麻衣子 福田道子 村田恵子
【チェロ】山本裕康 清水詩織 森山涼介
【コントラバス】吉田秀 佐野央子
【フルート】小池郁江 斎藤光晴
【オーボエ】広田智之 池田昭子
【クラリネット】三界秀実 糸井裕美子
【ファゴット】岡本正之 岩佐雅美
【ホルン】西條貴人 和田博史 濵地 宗
【トランペット】高橋敦 中山隆崇
【ティンパニ】岡田 全弘
■ベートーヴェン:
交響曲第1番 ハ長調Op.21
交響曲第3番 変ホ長調Op.55「英雄」
■S席¥6,000 A席¥5,500 B席¥3,500 ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
2公演セット券 S¥11,000( *12/1 第5回演奏会 ベートーヴェン・チクルスII )

公演情報はこちら

明日、ピアニストの金子三勇士さんと、金子さんが審査員を務める国際コンクール「ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール」入賞者達によるコンサート「金子三勇士と未来のピアニストたち」が開催されます。
本日、金子さんによる入賞者たちへのマスタークラスが行われました。

★IMG_4302.JPG

「お風呂の中でゆったりとした気分を味わうように」
「この曲は熊さんが歩いているような感じで弾いてみよう」
など、お子さん一人一人に合わせて丁寧にアドヴァイスをする金子さん。
そして、そのアドヴァイスを素直な感性でひたむきに受け止めるお子さんたち。
みるみるうちに演奏が変わってゆきます。

さらに金子さんから「ステージ上の演奏が第一生命ホールの客席にどのように響くのか考えてみることも大事」というお話もありました。お子さんたちの演奏に「お客様にどの様に聴いてもらいたいのか」という客観的な視点が加わってゆきます。

★IMG_4310.JPG

明日のコンサートでは、未来のピアニストたちの演奏だけでなく、金子さん自身による演奏もございます。
ピアノ調律師の大橋宏文さんと金子さんによる、ピアノの構造についてご紹介するコーナーもあり、盛りだくさんの内容です。
当日券もございますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております!

ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール提携事業
特別コンサート「金子三勇士と未来のピアニストたち」

■日時: 2018年8月4日(土) 14:00開演
■出演: 
金子三勇士(ピアノ演奏・ナビゲーター)
大橋 宏文(ピアノ調律・トーク)
「第5回ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール」入賞者
稲田つづる/冨田佳那/大下依千翔
美上菫/水野幸/中矢里咲

第1部 未来のピアニストたちによるコンサート
第2部 調律師にきいてみよう「ピアノのひ・み・つ」
第3部 金子三勇士 コンサート「ハンガリーの音楽って?バルトークって?」

公演情報はこちら

■一般3,000円 高校生以下2,000円(小学生以上)
当日券発売12:30~
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。

1日で様々な音楽体験プログラムを行うオープンハウス。いよいよ今週末に近づいてきました。何から参加したらいいか迷ってしまうという方のために、プロジェクトサポーターが考えた楽しみ方をご紹介する2回目です。

【きく!みる!さわる!音楽体験コース】

13:00~13:20:和楽器に触ってみよう(「さわる」パート)
太鼓やお琴を弾いてみよう!たたいたり、はじいたり、どんな音がするかな?

13:30~14:30:音楽の実験室(「みる」「さわる」パート)
13:30からはおもしろ音実験ショーが始まります!おたのしみに!
ショーが終わったら自分で楽器を作ってみよう!

14:40~15:00:弦楽器に触ってみよう(「さわる」パート)
ちょっと上級者向けかも!?教えてもらいながら弦楽器の音を出してみよう!

15:20~15:50@弦楽器への旅またはTANBRASS(「きく」パート)
※4歳以上おすすめ⇒弦楽器への旅
さっき弾いた弦楽器のコンサートです!音の響きを楽しもう!
※0~3歳おすすめ⇒TANBRASS
音楽広場でコンサートが始まるよ!今日の締めくくりにぜひ

openhouse2018.jpg

【ものしり博士コース】

13時ちょっと前
オープニングファンファーレを聴いて楽しい1日の幕開け。まずは、ロビーで弦楽四重奏(13:20-)の整理券をゲットしましょう!

13:20-13:50 弦楽四重奏コンサート
普段は上がれない舞台の上で演奏を聴くことができます!演奏者の動きや、ホールの構造など細かいところまでじっくり観察しましょう。

14:00-14:45 音楽の実験室
世界に1つだけの楽器を作ることができます!
作った楽器で演奏に参加できちゃうかも?
(14:30- ロビーにてバックステージツアーの整理券を配布していますので、合間に忘れずゲットしておきましょう。)

15:00-15:20 バックステージツアー
ホールの裏側を知ることができる貴重な体験!

15:30-15:50 楽器をさわってみよう
弦楽器や和楽器はどうやったら音が出るのか学ぼう!!

16:00-17:00 浜まゆみ&クリス・フロー 打楽器コンサート
音楽の実験室で作った楽器を持って、コンサートホールに集合!
1日の締めくくりにぴったりな楽しいコンサートが皆さんを待っています。

空いた時間でクイズラリーにも参加してみてね!!

オープンハウス全体の内容はこちら

1日で様々な音楽体験プログラムを行うオープンハウス。今年は7月21日(土)の開催です。何から参加したらいいか迷ってしまうという方のために、プロジェクトサポーターが考えた楽しみ方を、何回かに分けてご紹介します!

openhouse2018.jpg【お耳充実*コンサート満喫コース】
本コースでは開場を待ちながらオープニングファンファーレを聞いたのち、ホールへ向かいます。
13:20から「弦楽器への旅」を聞きます。
続いて音楽の実験室に向かい、マイ楽器を作りましょう。
ホールに戻り、浜まゆみ&クリス・フローの「コンサート」を聞きます。マイ楽器をお忘れなく。あなたも演奏家の一人です。
(15時からでもオープニングファンファーレ以外は同じコースを回れます。)

【大人同士で楽しむコース】
13:00にスタート、まずはエスカレーター乗り場の前でオープニングファンファーレを聴きます。グランドロビーから響き渡るブラスサウンドで始まります。
会場に入りましたら、まずはロビーで「弦楽器への旅」の整理券をGetします。甘い弦楽サウンドを、普段は絶対に上がれないステージの上で演奏者のすぐ横で演奏者と同じ高さで聴きましょう。
演奏会が終わりましたら、「弦楽器にさわってみよう」で実際に自分たちでも弦楽器を弾いてみましょう。あの自分たちのすぐ横で軽々と素晴らしい音を出していた演奏者たちが、いかに大変なことをしていたのか、よくわかります。
弦楽器を弾き終わったら、再びホールに戻りましょう。今度は浜まゆみ&クリス・フローの「世界の打楽器」マリンバの甘い音色と力強い打楽器の音で音楽の新たな一面もわかります。
時間があれば、他のコーナーも回ってみましょう。

オープンハウス全体の内容はこちら

7月1日の公演に向けて、児玉麻里さんがホールにリハーサルにいらっしゃいました。
IMG_3026.JPG
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ最後の3曲を一気に聴くと、やはり圧巻ですね。

このピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番は、決して初めて聴いて、すぐに魅力が分かる、聴きやすい、という曲ではありません。ただ、いったんその魅力に気づくと、その宇宙のようなはてしない奥深さにとらわれ、生きているうちにこれらの曲に出会えた喜びを一生感謝することになります(弦楽四重奏曲もですが、ベートーヴェンの後期の作品は、本当にそうですよね)。

ただ、誰の演奏でも、そんな気持ちになれるかというとそうではなく、確信を持った演奏でないと、聴き手もいっしょに謎の渦に巻き込まれてしまうことに......。

ピアノ・ソナタ全曲演奏会を何度か行い、全曲の録音もしてベートーヴェンが身体に入っている児玉麻里さんの演奏であれば、もちろん迷うことなく、これらの曲の魅力を体感していただけます!

初めて聴くという方も、何度も聴いてこれら3曲はすでに"一生涯のパートナー"という方も、それぞれがきっと深遠な世界を旅することができるはず。

公演当日は、華道家・假屋崎省吾さんの作品が舞台を飾ります。生きた花が入ることで、客席の中の空気まで変わるのを感じていただけることでしょう。自然を愛し、森を散策するのを常としていたベートーヴェンの作品を耳からだけでなく、五感で楽しんでいただけると思います。

当日券の販売もございますので、皆さまのお越しをお待ちしております。

假屋崎省吾と聴く
児玉麻里 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ選集Ⅲ
(全3回)

■出演:児玉麻里(ピアノ) 假屋崎省吾(トークゲスト)

■日時: 2018年7月1日(日) 14:00開演
■演奏プログラム
ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 Op.111 

公演情報はこちら

一般¥3,800
お友だち割¥3,500(3枚以上同時購入で1枚あたり)
ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)

当日券発売13:00~

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ