Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

7月4日(土)第一生命ホールオープンハウスまであと2日!

今回は各企画をご紹介いたします。

♪10:00頃から配信開始「コンサートのひみつ!」

 コンサートの当日は「舞台のセッティング」をするところから始まります。演奏者がやってくる前に舞台のスタッフたちはいったいどんな準備をしているのか?そして、第一生命ホールにはどんな舞台装置があるのかちょっとだけ覗いてみましょう!

<2016年度第一生命ホールオープンハウスにて、小学生向けに制作したものを一般公開いたします。>

♪14:00頃からライブ配信「東混(とうこん)とうたおう!」

 毎年第一生命ホールで定期公演を行ったり、延期になってしまいましたが「晴れた海のオーケストラ」の『第九公演』にも出演予定だった"東京混声合唱団"が楽しい合唱のコンサートをお届けします。

 人前ではちょっと恥ずかしくて大きな声で歌えない・・・という方や、趣味の合唱も今はお休みなので・・・という方も、おうちなら安心!!

 今や卒園式・卒業式の定番合唱曲「Believe(ビリーブ)」や、宮沢賢治の名曲「星めぐりの歌」、おうちでも盛り上がること間違いなし!「パプリカ」などの他、歌がうまくなる秘密の練習法をこっそりお教えします!

♪15:30頃からライブ配信「弦楽四重奏(クァルテット)をきいてみよう!」

 ヴァイオリン2人とヴィオラ、チェロの4人で演奏をする弦楽四重奏。

 オープンハウスでは、「若い弦楽器奏者のための子どもと音楽との出会いをつくる アウトリーチセミナー」のオーディションで選ばれた3名の受講生とヴァイオリン奏者松原勝也氏が小学生向けにプログラムを考えました。普段は小学校でしか体験できないプログラムをぜひご覧ください。

 演奏する曲は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番、「ラズモフスキー第1番」として愛されている曲より第1楽章です。

 弦楽四重奏は聴いたことないなぁという方も、クァルテット大好き!という方も、新しい発見や驚きの発見を通して、きっと音楽の聴き方を豊かなものにしてくれると思います。

トリトン・アーツ・ネットワーク ホームページ

「第一生命ホールオープンハウス2020」はこちら

https://www.triton-arts.net/ja/concert/2020/07/04/3236/

 第一生命ホールのある東京都では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断のできない状況が続いています。毎年7月に開催しているホールの夏の風物詩「第一生命ホールオープンハウス」も、今年は「おうちで」楽しんでいただけるような企画を考えました。

OpenHouse_3.jpg

開催日:2020年7月4日(土)

 動画配信スケジュール:

 ♪10:00頃から配信開始「コンサートのひみつ!」

 ♪14:00頃からライブ配信「東混(とうこん*)とうたおう!」*東京混声合唱団

 ♪15:30頃からライブ配信「弦楽四重奏(クァルテット)をきいてみよう!」

 例年であればトリトンアーツサポーターと共に3月頃から準備をし、当日は多くのお客様に楽器体験やコンサート、手作り楽器体験などを楽しんでいただいていましたが、今年はサポーターと準備をすることも難しく、開催自体どうしたらいいのだろう・・・という不安もありました。

 第一生命ホールが開館して以来続いているオープンハウスをなんとか開催したい!という強い思いに、普段からお世話になっている演奏家の皆さまもご協力くださり、「今年はおうちで!第一生命ホールオープンハウス」を開催する運びとなりました。

 『どうやったら観られるの?』

 下記のアドレスをクリックするとトリトンアーツホームページ内の「オープンハウス」ページを開けます。

 https://www.triton-arts.net/ja/concert/2020/07/04/3236/

 「内容」の箇所に各動画がありますので、見たい動画をクリックするとYoutubeを見ることができます。動画再生ボタンを押してから、全画面(画像を大きくする)にしたい場合は画像の右下の□(しかく)を押します。

当日ちゃんと見られるか心配な方は、このページで現在公開中の「おうちでよちよちコンサート」動画を見てみましょう!

次回は各企画の内容をちょっとずつご紹介いたします!

コンサートマスター矢部達哉のもとに集ったメンバーで、指揮者を置かず、室内楽の延長のような、自発的で研ぎ澄まされたアンサンブルを特徴とする『トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)』。

べートーヴェン生誕250年にあたる2020年に向けて、ベートーヴェン交響曲全曲演奏を開催してきた「晴れオケ」の4つの演奏会の模様を、PrimeSeat(ハイレゾストリーミングサービス)にて特別にアンコール配信します。

《トリトン晴れた海のオーケストラ・コンサートマスター 矢部達哉より メッセージ》
~特別アンコール配信に寄せて~
新型コロナの影響で息を詰めるような時間が流れています。
晴れオケを応援して下さっている皆さま、そして、まだ晴れオケを聴かれたことのない全ての皆さまへ、私達の演奏したモーツァルトとベートーヴェンをお届けします。
収束に向かう光が見えず、不安な日々が続きますが、この演奏を明日への希望の一助と感じて頂けましたら、それは晴れオケにとって望外の喜びです。
どうぞ、お楽しみください!

_MG_4173(C)大窪道治.jpg

トリトン晴れた海のオーケストラ演奏会・特別アンコール配信 配信ページはこちら

<配信日時> 2020年4月27日(月)~2020年7月19日(日)
<配信音質> ハイレゾ DSD 5.6MHz ,PCM 96kHz/24bit
<配信曲> トリトン晴れた海のオーケストラ 過去4回の演奏会より

第3回演奏会
《オール・モーツァルト・プログラム》
歌劇「フィガロの結婚」序曲 K492
オーボエ協奏曲 ハ長調 K314 (オーボエ:広田智之)
セレナータ・ノットゥルナ ニ長調 K239 より 第3楽章
交響曲第39番 変ホ長調 K543 より 第3楽章、第4楽章

第5回演奏会
《ベートーヴェン・チクルス II》
ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調 Op. 36
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 Op. 67「運命」

第6回演奏会
《ベートーヴェン・チクルス III》
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op. 60
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op. 92

第7回演奏会
《ベートーヴェン・チクルス IV》
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 Op.68「田園」 - 第2楽章
ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調 Op.93
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番(弦楽合奏版)- 第3楽章<アンコール>

PrimeSeat(プライムシート)は、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) が運営するハイレゾストリーミングサービスです。
無料の専用ソフト「PrimeSeat」をパソコン/ iPhone にインストールし、ネットに接続してストリーミング再生します。
音源フォーマットに対応したUSB-DAC を利用することで、最高DSD11.2MHz/1bit までのハイレゾ音源をライブやオンデマンドでお楽しみいただけます。
PrimeSeat 公式サイト

hareorche2017_12.jpg

【新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の公演は中止となりました】

第8回演奏会 ベートーヴェン・チクルスV 「第九」
【日時】2020年6月20日(土)14:00開演
    2020年6月22日(月)19:00開演
【出演】トリトン晴れた海のオーケストラ
    コンサートマスター:矢部達哉
    ソプラノ:澤畑恵美
    メゾソプラノ:林美智子
    テノール:福井敬
    バリトン:黒田博
    合唱:東京混声合唱団
【曲目】ベートーヴェン:交響曲第9番 二短調 Op.125≪合唱付≫
【料金】S席¥8,500 A席¥7,000 B席¥4,500 U25¥1,500(25歳以下)

無観客ライブ配信決定!!(無料)
6月20・22日に予定していたベートーヴェン・チクルスV「第九」公演は中止となりましたが、演奏曲を再考して、無観客ライブ配信を行います。
《6月20日(土) 15:00~ ライブ配信》
YouTubeライブ配信はこちら

ベートーヴェン(1770年から1827年)といえば、お子さまから大人まで、ほとんどの方がその作品を耳にしたことがあるかと思います。

2020年は、ベートーヴェンが生まれて250年の記念の年。
もちろん、いつでもベートーヴェンの作品を聴く機会はあるかと思いますが、特に2020年は、多くのホールで充実したプログラムのコンサートが開かれるようです。
第一生命ホールでも、すでに一昨年から、この記念の年に向けて、たくさんのベートーヴェン企画をおおくりしてきました。
2020年は、どんなベートーヴェンに出会えるか、ぜひ注目してみてください。

BTHVN-2020_Logo_horizontal_Presse.jpgのサムネイル画像Beethoven Jubiläums Gesellschaft(ベートーヴェン周年記念財団)が実施するイベントBTHVN2020のロゴマーク BTHVN2020についてはこちらをご覧ください

まずご紹介したいのは、オーケストラによる交響曲。2018年から全曲演奏会をスタート、毎回、大きな感動をまきおこしているコンサートマスター矢部達哉さん率いる"トリトン晴れた海のオーケストラ"(通称"晴れオケ")。指揮者を置かない音楽づくりは、矢部さんを中心とした室内楽のような緊密なアンサンブルが魅力です。さて、2020年にお届けするのはいよいよ「第九」。ソリストには、澤畑恵美さん(ソプラノ)、林美智子さん(メゾソプラノ)、福井敬さん(テノール)、黒田博さん(バリトン)と、豪華な歌手のみなさん、さらに合唱には、第一生命ホールでもお馴染みの東京混声合唱団をお迎えしておおくりします。
完売必至のスペシャルな「第九」をぜひお聴き逃しなく!!
■2020年6月20日(土)14:00開演 詳細はこちら
■2020年6月22日(月)19:00開演 詳細はこちら20191130HareOrche(C)OkuboMichiharu_OK51471.JPG

次に、ベートーヴェンの作品の中でも、ぜひご堪能いただきたいのが、弦楽四重奏の世界です。ふたりのヴァイオリニスト、そして、ヴィオラとチェロというたった4名の編成ながら、さまざまな感情に訴えかける奥深い世界があります。さらに4つの音がぴったりと重なった時のハーモニーの美しさは格別です。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、作曲した年代ではっきりと、前期・中期・後期と分けられます。16曲ある弦楽四重奏曲の中で、1825年に作曲された第12番以降は、すでに「第九」作曲後の晩年に創られた作品です。すでに耳が聞こえなくなっていたであろう歳に何を頼りに作曲し、何を伝えたかったのか、ぜひみなさんの耳で感じとって頂ければ嬉しいです。

11月には、アメリカで活躍するミロ・クァルテットを招聘し、第10番以降の弦楽四重奏曲を3公演でおおくりします。
【I】2020年11月3日(火・祝)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 「ハープ」/第11番 「セリオーソ」/第12番Op.127
【II】2020年11月7日(土)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 Op.132/第13番 Op.130/133「大フーガ付」
【III】2020年11月8日(日)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 Op.131/第16番 Op.135/第13番 Op.13020140510Miro(C)KoshimaYukiko_MG_1663.JPG

そして、昨年からチクルス(全曲演奏会)を開始しているのは、ウェールズ弦楽四重奏団。今年も2公演を予定しており、ホールに溶けあう繊細で緊密な演奏は多くの方を魅了してやみません。
■2020年11月14日(土)14:00開演 ほか20190924Vers_DSCF1058.JPG

弦楽四重奏からもう1公演ご紹介させて頂きます。

今年結成30年を迎えたエルデーディ弦楽四重奏団は、ベートーヴェンの中期とモーツァルトの後期の作品を組み合わせたシリーズの3回目。
さらに、この2作品とは異なる表情を持つ作品(近代を予定)との組み合わせも楽しみです。
■2021年2月14日(日)14:00開演20190223Erdody_DSCF0660.JPG

ピアノとヴァイオリンとの組み合わせも見逃せません。
世界で活躍するヴァイオリニスト竹澤恭子さんは、江口玲さん(ピアノ)との共演で、ヴァイオリン・ソナタを。みなさまも良くご存知で、とても人気のある「スプリング・ソナタ」と「クロイツェル・ソナタ」ほかをおおくりします。
■2020年10月24日(土)14:00開演

演奏会の詳細は、決まり次第ホームページで情報を公開しております。ぜひご覧ください。
トリトン・アーツ・ネットワーク公式ホームページ
公式Facebook
公式Twitter

ベートーヴェンが聴ける2020年度の主催公演は、こちら

(くろ)

トリトン晴れた海のオーケストラはベートーヴェン生誕250年にあたる2020年に向け、昨年から3年に渡ってベートーヴェン交響曲全曲演奏会(全5回)を開催中。今月11月30日開催の第7回演奏会を含め、あと2回と折り返し地点に差し掛かっています。

集合写真クレジット入り(C)大窪道治_0K74442.jpgのサムネイル画像

既に完売している第7回演奏会のリハーサル11月27日(水)18:40~20:00 

中・高・大学生 30名限定で公開。

現在お申込み受付中です。(お申込みはこちら

『トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)』は第一生命ホールを拠点に活動するプロフェッショナルのオーケストラとして2015年に発足し、これまで6回の演奏会を実施。2020年に5周年を迎えます。

「晴れオケ」の最大の特徴は、コンサートマスター矢部達哉のもとに集ったメンバーで、指揮者を置かず、自発的で研ぎ澄まされたアンサンブルであるということ。まるで室内楽の延長のようなスタイルで注目を集めています。

2018年より、2020年のベートーヴェン生誕250周年に向けて全5回のベートーヴェン・チクルスをスタート。チクルスⅠは、『音楽の友』2月号の特集「コンサートベストテン2018」にて、ベートーヴェン研究の権威である平野昭先生によって第1位に選出、「演奏史に明記される傑出した演奏」と評されました。

この演奏はNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」での放送に加え、イギリスの国営放送BBC Radio3での放送が評判を呼び、「今週のベストBBCラジオ」で紹介されました。

それもそのはず、「晴れオケ」は、コンサートマスターの矢部氏をはじめ東京都交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等で活躍する日本トップクラスのメンバーで構成されています。彼らによって、指揮者なしでも室内楽のような洗練された他に例を見ない演奏をお届けしているのです。

この「晴れオケ」第7回となる11月30日の公演はすでに完売となっている人気ぶり。

しかし、今回、地域の若い人達に聴いてもらいたいという気持ちから、中学生、高校生、大学生限定で、晴れオケのリハーサル見学会を実施します。先着30名定員に達し次第締め切りです。ご興味のある方はお早めにお申し込みください。(お申込みはこちら

B(集合)(C)大窪道治_0K74647クレジット入り.jpgのサムネイル画像

「晴れオケ」の演奏がどのように生まれるのか、メンバーがどのように音楽を作っているのかその様子をじかに見ることができます。演奏家の本気の音楽づくり、学生の皆さんこの機会をお見逃しなく。(以下写真:過去のリハーサル見学会の様子

IMG_7233.JPGのサムネイル画像


<トリトン晴れた海のオーケストラ第7回演奏会 リハーサル見学会>

■日 時:2019年11月27日(水)18:40~20:00 ※途中からの入場はできません
■会 場:第一生命ホール
■参加費:無料 
■内 容:トリトン晴れた海のオーケストラ第7回演奏会(2019年11月30日開催)のリハーサル(ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」、第8番を予定)の一部を見学していただきます。
■ご招待対象:中学生、高校生、大学生(保護者1名同伴可)
■定 員:30名様(先着順) お申込みはこちら

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ