Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

ベートーヴェン(1770年から1827年)といえば、お子さまから大人まで、ほとんどの方がその作品を耳にしたことがあるかと思います。

2020年は、ベートーヴェンが生まれて250年の記念の年。
もちろん、いつでもベートーヴェンの作品を聴く機会はあるかと思いますが、特に2020年は、多くのホールで充実したプログラムのコンサートが開かれるようです。
第一生命ホールでも、すでに一昨年から、この記念の年に向けて、たくさんのベートーヴェン企画をおおくりしてきました。
2020年は、どんなベートーヴェンに出会えるか、ぜひ注目してみてください。

BTHVN-2020_Logo_horizontal_Presse.jpgのサムネイル画像Beethoven Jubiläums Gesellschaft(ベートーヴェン周年記念財団)が実施するイベントBTHVN2020のロゴマーク BTHVN2020についてはこちらをご覧ください

まずご紹介したいのは、オーケストラによる交響曲。2018年から全曲演奏会をスタート、毎回、大きな感動をまきおこしているコンサートマスター矢部達哉さん率いる"トリトン晴れた海のオーケストラ"(通称"晴れオケ")。指揮者を置かない音楽づくりは、矢部さんを中心とした室内楽のような緊密なアンサンブルが魅力です。さて、2020年にお届けするのはいよいよ「第九」。ソリストには、澤畑恵美さん(ソプラノ)、林美智子さん(メゾソプラノ)、福井敬さん(テノール)、黒田博さん(バリトン)と、豪華な歌手のみなさん、さらに合唱には、第一生命ホールでもお馴染みの東京混声合唱団をお迎えしておおくりします。
完売必至のスペシャルな「第九」をぜひお聴き逃しなく!!
■2020年6月20日(土)14:00開演 詳細はこちら
■2020年6月22日(月)19:00開演 詳細はこちら20191130HareOrche(C)OkuboMichiharu_OK51471.JPG

次に、ベートーヴェンの作品の中でも、ぜひご堪能いただきたいのが、弦楽四重奏の世界です。ふたりのヴァイオリニスト、そして、ヴィオラとチェロというたった4名の編成ながら、さまざまな感情に訴えかける奥深い世界があります。さらに4つの音がぴったりと重なった時のハーモニーの美しさは格別です。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、作曲した年代ではっきりと、前期・中期・後期と分けられます。16曲ある弦楽四重奏曲の中で、1825年に作曲された第12番以降は、すでに「第九」作曲後の晩年に創られた作品です。すでに耳が聞こえなくなっていたであろう歳に何を頼りに作曲し、何を伝えたかったのか、ぜひみなさんの耳で感じとって頂ければ嬉しいです。

11月には、アメリカで活躍するミロ・クァルテットを招聘し、第10番以降の弦楽四重奏曲を3公演でおおくりします。
【I】2020年11月3日(火・祝)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 「ハープ」/第11番 「セリオーソ」/第12番Op.127
【II】2020年11月7日(土)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 Op.132/第13番 Op.130/133「大フーガ付」
【III】2020年11月8日(日)14:00開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 Op.131/第16番 Op.135/第13番 Op.13020140510Miro(C)KoshimaYukiko_MG_1663.JPG

そして、昨年からチクルス(全曲演奏会)を開始しているのは、ウェールズ弦楽四重奏団。今年も2公演を予定しており、ホールに溶けあう繊細で緊密な演奏は多くの方を魅了してやみません。
■2020年11月14日(土)14:00開演 ほか20190924Vers_DSCF1058.JPG

弦楽四重奏からもう1公演ご紹介させて頂きます。

今年結成30年を迎えたエルデーディ弦楽四重奏団は、ベートーヴェンの中期とモーツァルトの後期の作品を組み合わせたシリーズの3回目。
さらに、この2作品とは異なる表情を持つ作品(近代を予定)との組み合わせも楽しみです。
■2021年2月14日(日)14:00開演20190223Erdody_DSCF0660.JPG

ピアノとヴァイオリンとの組み合わせも見逃せません。
世界で活躍するヴァイオリニスト竹澤恭子さんは、江口玲さん(ピアノ)との共演で、ヴァイオリン・ソナタを。みなさまも良くご存知で、とても人気のある「スプリング・ソナタ」と「クロイツェル・ソナタ」ほかをおおくりします。
■2020年10月24日(土)14:00開演

演奏会の詳細は、決まり次第ホームページで情報を公開しております。ぜひご覧ください。
トリトン・アーツ・ネットワーク公式ホームページ
公式Facebook
公式Twitter

(くろ)

トリトン晴れた海のオーケストラはベートーヴェン生誕250年にあたる2020年に向け、昨年から3年に渡ってベートーヴェン交響曲全曲演奏会(全5回)を開催中。今月11月30日開催の第7回演奏会を含め、あと2回と折り返し地点に差し掛かっています。

集合写真クレジット入り(C)大窪道治_0K74442.jpgのサムネイル画像

既に完売している第7回演奏会のリハーサル11月27日(水)18:40~20:00 

中・高・大学生 30名限定で公開。

現在お申込み受付中です。(お申込みはこちら

『トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)』は第一生命ホールを拠点に活動するプロフェッショナルのオーケストラとして2015年に発足し、これまで6回の演奏会を実施。2020年に5周年を迎えます。

「晴れオケ」の最大の特徴は、コンサートマスター矢部達哉のもとに集ったメンバーで、指揮者を置かず、自発的で研ぎ澄まされたアンサンブルであるということ。まるで室内楽の延長のようなスタイルで注目を集めています。

2018年より、2020年のベートーヴェン生誕250周年に向けて全5回のベートーヴェン・チクルスをスタート。チクルスⅠは、『音楽の友』2月号の特集「コンサートベストテン2018」にて、ベートーヴェン研究の権威である平野昭先生によって第1位に選出、「演奏史に明記される傑出した演奏」と評されました。

この演奏はNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」での放送に加え、イギリスの国営放送BBC Radio3での放送が評判を呼び、「今週のベストBBCラジオ」で紹介されました。

それもそのはず、「晴れオケ」は、コンサートマスターの矢部氏をはじめ東京都交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等で活躍する日本トップクラスのメンバーで構成されています。彼らによって、指揮者なしでも室内楽のような洗練された他に例を見ない演奏をお届けしているのです。

この「晴れオケ」第7回となる11月30日の公演はすでに完売となっている人気ぶり。

しかし、今回、地域の若い人達に聴いてもらいたいという気持ちから、中学生、高校生、大学生限定で、晴れオケのリハーサル見学会を実施します。先着30名定員に達し次第締め切りです。ご興味のある方はお早めにお申し込みください。(お申込みはこちら

B(集合)(C)大窪道治_0K74647クレジット入り.jpgのサムネイル画像

「晴れオケ」の演奏がどのように生まれるのか、メンバーがどのように音楽を作っているのかその様子をじかに見ることができます。演奏家の本気の音楽づくり、学生の皆さんこの機会をお見逃しなく。(以下写真:過去のリハーサル見学会の様子

IMG_7233.JPGのサムネイル画像


<トリトン晴れた海のオーケストラ第7回演奏会 リハーサル見学会>

■日 時:2019年11月27日(水)18:40~20:00 ※途中からの入場はできません
■会 場:第一生命ホール
■参加費:無料 
■内 容:トリトン晴れた海のオーケストラ第7回演奏会(2019年11月30日開催)のリハーサル(ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」、第8番を予定)の一部を見学していただきます。
■ご招待対象:中学生、高校生、大学生(保護者1名同伴可)
■定 員:30名様(先着順) お申込みはこちら

Beethoven_image1.jpg

35年間で79回も引っ越し!?

21さいから56さいで亡くなるまでウィーンに住んでいたベートーヴェンですが、その35年の間に、なんと79回も引っ越しをしたそうです!

最初はリヒノフスキー侯爵のおやしきにすんでいましたが、オペラの作曲をしてほしいと言われて、アン・デア・ウィーン劇場の2階に弟と住んでいたこともありました。毎日音楽が聞こえてにぎやかだったことでしょうね! 

ベートーヴェンは、ちょっとだらしない性格だったようで、それがもとでいっしょに住んでいた友だちとけんかをしたり、1つの家から別の家に移るときにきちんと手続きをしないで、3つの家の家賃を同時に払っていたこともあるそうですよ。

今でも、ベートーヴェンが住んでいた家のいくつかはそのまま残っていて、博物館になって中を見ることができるものもあります。また、自然が大好きだったベートーヴェンは、夏の間は都会のウィーンを離れて、近くの田舎町で何カ月かをすごしながら作曲をしました。

歩きながら交響曲第6番「田園」のアイディアを考えたといわれる小道は「ベートーヴェンの散歩道」と名づけられています。

※「トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)」は11月30日に、この「田園」を第一生命ホールで演奏します。(チケットは完売いたしました)

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
 1770年ドイツのボン生まれ。小さいころに父からピアノを習い始めます。オーストリアのウィーンに住み、9曲の交響曲をはじめ、32曲のピアノ・ソナタ、16曲の弦楽四重奏曲など、数多くの優れた曲を残しています。

~ ベートーヴェン生誕250周年にあたる2020年に向けて ~
交響曲、弦楽四重奏曲など、
第一生命ホールでベートーヴェンが聴ける公演はこちら

※これまでの記事はこちら

トリトンアーツ通信vol.185(2019年11月号)の記事を再掲しました

ボルドー国立歌劇場(グラン・テアトル)に会場を移して、いよいよ大詰めを迎えた2019年第9回ボルドー国際弦楽四重奏コンクール。

事前にコンクール委員会によって選ばれた6団体が、それぞれ1時間半程度のコンサート・プログラムを組み、1日3団体ずつ、2日間にわたって演奏します。

歌劇場での「コンサート」初日となる6月10日の開演30分前には、劇場前に長蛇の列が......!

IMG_4261.JPG開場とともにあっという間に劇場は上の階まで満席に。無料ですし、この日は祝日だったらしいのですが、それでも一般のお客さまが、弦楽四重奏のコンクールにこれだけ関心を持って足を運んでいるのはうらやましいことです。

s-IMG_4273.jpg

ヨーロッパの古いオペラ劇場は入ってみると意外に小さいものですが、このボルドー国立歌劇場もその例にもれず、1079席の客席内は舞台からお客様の顔がひとりひとり見えるのではと思うほどの親密さです。

初日に演奏した3団体は、全員兄弟で結成しているチャリーク弦楽四重奏団(フランス)、イギリスを拠点にするマルメン弦楽四重奏団、前回大会にも出場していたアリス弦楽四重奏団(ドイツ)。それぞれが、2時間の普通のコンサートで演奏するようなプログラム3曲を休憩を挟まずに演奏します。

チャリークQは聴かせるという点で少し物足りなくも感じましたが4人で気持ちをあわせた誠実な演奏、今回チェロ以外立奏のアリスQは、前回大会でも強い印象が残っていただけに、上手いけれどどこか予定調和的。1日目のこの3団体の中で強い印象を残したのは、マルメン弦楽四重奏団でした。

MarmenQuartet2+c+MarcoBorggreve.jpgMarmen Quartet (c)Marco Borggreve

マルメン弦楽四重奏団は登場すると、演奏前に第1ヴァイオリンのヨハネス・マルメンが、プログラムについて紹介。「ここはオペラ劇場ですが、最初に演奏するヤナーチェクとモーツァルトもオペラの作曲家でした」「対照的に、最後に演奏するベートーヴェンの作品は非常に哲学的です」など簡潔な、それでいて、プログラムの意図を分かりやすく伝えるもので、演奏がはじまる前からぐっと舞台と客席の距離が近づいた空気が漂いました。

音が鳴ると、演奏がまた隅々まで魅力的。第1ヴァイオリンのヨハネス・マルメンはスウェーデン出身、第2ヴァイオリンのゴウ理紀也はイギリスと日本にルーツがあり、ヴィオラのブライオニー・ギブソン=コーニッシュはニュージーランド、チェロのステファン・モリスはウェールズ出身、とそれぞれ異なる出自を持ちます。ひとりひとりが"キャラ立ち"していて、その4人が合わさるおもしろさ! 多彩な音色と広いダイナミクス・レンジ。彼らの手にかかると何度も聴いているはずの作品が、まるでその場で生まれたかのように新鮮に響き、何だか1音たりとも目が離せないのです。

62308313_10161937445125165_2032742286722334720_n.jpg

1曲目のヤナーチェクの弦楽四重奏曲「クロイツェル・ソナタ」が終わった後にすでに客席からブラボーの声が飛び、モーツァルトK.387、ベートーヴェンOp.131と、ブラボーがさらに大きくなり、がっちりとお客さまの心をつかんでいるのがよく分かりました。これは、ぜひ弦楽四重奏が好きなお客さまはもちろん、あまり弦楽四重奏を聴かないお客さまにこそ聴いてほしいと思いました。「弦楽四重奏がつまらないとは言わせない」演奏だったのです。この時点で、マルメンQは、結果がどうあれ日本で紹介したい団体となりました。

(続く)

ボルドー国際弦楽四重奏コンクールレポート その1はこちら

公演情報

速報!!  第一生命ホールに初登場!!
マルメン弦楽四重奏団
2019年6月「ボルドー国際弦楽四重奏コンクール」第1位(*1)
2019年9月「バンフ国際弦楽四重奏コンクール」第1位(*2)
(*1)シンプリー弦楽四重奏団と同時受賞/(*2)ヴィアノ弦楽四重奏団と同時受賞
2020年6月28日(日)
第一生命ホールにて公演予定(発売日、チケット代金、演奏曲目未定)

マルメン弦楽四重奏団
ヨハネス・マルメン/ゴウ 理紀也(ヴァイオリン)
ブライオニー・ギブソン=コーニッシュ(ヴィオラ) ステファン・モリス(チェロ)
2019年4月にヨーゼフ・ヨアヒム国際室内楽コンクール第2位、6月ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝、また9月にバンフ国際弦楽四重奏コンクールでも優勝。2013年英国王立音楽大学(RCM)にて結成。現在ギルドホール音楽演劇学校の室内楽フェロー団体としてロンドンを拠点とし、ジョン・マイヤスコウ(ドーリック・クァルテット)のもとで学ぶ。またハノーファー音楽演劇大学で、オリバー・ヴィレ(クス・クァルテット)のもとで室内楽の修士課程修了。 http://www.marmenquartet.com/

日本時間9月2日の朝10時、カナダで行われていたバンフ国際弦楽四重奏コンクールから、マルメン弦楽四重奏団(イギリス)が、ヴィアノ弦楽四重奏団(カナダ/アメリカ)と第1位を分け合ったというニュースが入ってきました!

MarmenQuartet1+c+MarcoBorggreve.jpgマルメン弦楽四重奏団 ©Marco Borggreve

このロンドンを拠点とするマルメン弦楽四重奏団は、実は今年に入ってから、4月にヨーゼフ・ヨアヒム国際室内楽コンクール第2位(同時に現代作品におけるもっとも優れた解釈に対する特別賞受賞)、2019年6月ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝と快進撃を続けているのです。

トリトン・アーツ・ネットワークは、ボルドー国際弦楽四重奏コンクールと提携し、コンクールの「国際ツアー賞」受賞団体の日本ツアーを行うことになっています。そのため、6月に行われたコンクールを、はるばるボルドーまで視察してまいりました。今回は、このボルドー国際弦楽四重奏コンクール視察日記をお届けします!

元をたどれば、ハーゲン弦楽四重奏団などを輩出したエヴィアン国際コンクールの流れを汲んで、1999年にスタートしたこのボルドー国際弦楽四重奏コンクール(フランス)。ベルチャ弦楽四重奏団がその第1回の優勝を飾って以来、3年に1度コンクールを開催、コンクールのない年はフェスティバルを行うというサイクルを重ねて、今年2019年は20周年にあたります。

コンクールプログラム過去の受賞者.jpg

写真:コンクールプログラムより、過去の受賞団体

(2013年優勝はシューマン・クァルテット、2016年優勝はアキロン・クァルテット)

この記念すべき年に、ボルドー国際弦楽四重奏コンクールは、「コンクール」の概念を覆すような大改革を実行しました。

コンクールといえば通常は、たくさんの応募者の中から書類やビデオ審査などから選ばれた団体が1次予選、2次予選と勝ち残っていき、決勝に残った数団体から1位、2位......と順位を決めるのが常です。ところが今回は、コンクール側によって世界中の才能ある若手団体から予め6団体が選ばれ、1週間かけて行うそれぞれ全3回分のコンサートを審査委員が聴いて、受賞団体を決定するという方式になりました。

つまり、参加団体にとってはコンクール途中で何度か訪れるはずの、「次の予選、セミファイナル、ファイナルに進めるか」という大きなプレッシャーから解放され、準備してきた曲はすべて演奏できるということになります。

課題曲もありません。コンサートとしてどんなプログラムを組むか、ということも、それぞれの団体に完全に任されているのです。

実際には、やはりコンクールであることを意識して、プログラムは、ハイドン、モーツァルトなどの古典、ロマン派、近現代、そしてベートーヴェンの後期作品や「ラズモフスキー」など、通常、課題とされるものをバランスよく配置している団体ばかりでした。

参加団体は全部で3回のコンサートを行う、と書きましたが、最初の2回分はグラディニャンというボルドー郊外で実施、最後の1回分がボルドー国立歌劇場(グラン・テアトル)で行われます。私は今回このボルドー国立歌劇場でのコンサートから見ることができました。

(続く)

公演情報

速報!!  第一生命ホールに初登場!!
マルメン弦楽四重奏団
2019年6月「ボルドー国際弦楽四重奏コンクール」第1位(*1)
2019年9月「バンフ国際弦楽四重奏コンクール」第1位(*2)
(*1)シンプリー弦楽四重奏団と同時受賞/(*2)ヴィアノ弦楽四重奏団と同時受賞
2020年6月28日(日)
第一生命ホールにて公演予定(発売日、チケット代金、演奏曲目未定)

マルメン弦楽四重奏団
ヨハネス・マルメン/ゴウ 理紀也(ヴァイオリン)
ブライオニー・ギブソン=コーニッシュ(ヴィオラ) ステファン・モリス(チェロ)
2019年4月にヨーゼフ・ヨアヒム国際室内楽コンクール第2位、6月ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝、また9月にバンフ国際弦楽四重奏コンクールでも優勝。2013年英国王立音楽大学(RCM)にて結成。現在ギルドホール音楽演劇学校の室内楽フェロー団体としてロンドンを拠点とし、ジョン・マイヤスコウ(ドーリック・クァルテット)のもとで学ぶ。またハノーファー音楽演劇大学で、オリバー・ヴィレ(クス・クァルテット)のもとで室内楽の修士課程修了。 http://www.marmenquartet.com/

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ