Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

今年の「第九」はピアノ一台で!
ヴィルトゥオーゾ若林顕が奏でる不滅の名曲をお聴き逃しなく。

12月に入り、今年も残り少なくなってきました。
年末になるとベートーヴェンの「第九」を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

第一生命ホールでは、ヴィルトゥオーゾ奏者として名高い若林顕のピアノ独奏による「第九」を12月21日に開催いたします。この名曲を交響曲からピアノ1台に編曲したのは、「鍵盤の魔術師」とまで呼ばれたリスト。第1部ではリストの小品もお楽しみいただきます。
141221_WakabayashiAkira.jpg
「この作品を弾くにはピアノの機能を100%生かすためのテクニックと深い音楽観が必要不可欠です」と語る若林氏。
今年はピアノ1台で繰り広げられる崇高で壮大な「第九」の世界を、味わってみてはいかがでしょうか。

20141221_WakabayashiAkira_flyer.png

〈ウィークエンドコンサート〉
音楽のある週末 第21回
若林顕 ピアノで聴く『第九』
12月21日(日)14:00
出演 若林顕(ピアノ)
曲目
リスト:
 コンソレーション第3番 変ニ長調S172/R12
 愛の夢 S541/R211第3番 変イ長調
 ハンガリー狂詩曲第2番 嬰ハ短調S244/R106
ベートーヴェン/リスト編:
 交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」Op.125(ピアノ独奏版)
料金 全席指定
S席¥4,000 A席¥3,500 B席¥2,500
ヤング¥1,500 セット券S¥8,000〔第21・22回〕

online_ticket.gif
※公演前日まで、当日引換のご予約を承ります。また、当日券は13:00より発売します。

公演の詳細は こちら

クラシックニュースに 若林顕氏のインタビュー が掲載されました。
(きく)

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ