Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

今年も「晴れオケ」の季節がやってきました! その4
首席チェロ山本裕康が語る「トリトン晴れた海のオーケストラ」の魅力

第一生命ホールを拠点とする「トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)」が誕生してから3年。先日、初の室内楽の演奏会を行いましたが......

首席奏者が集まっての小さなオーケストラのようなベートーヴェンの七重奏曲と、

_0KU7937resized.jpg

シューベルト晩年の深遠なる五重奏曲(ゲスト:原田禎夫)は、今思い出してもため息が出てしまうほどすばらしいものでした(自画自賛です。すみません)。終演後に、このシューベルトの第2楽章を思い出すだけで1週間は幸せな余韻の中で生きていける......と思ったのですが、1週間が経過した今、さらに2、3週間くらいは生きていけそうです。

_0KU8541resized.jpg

さて、そんな余韻が続いているなか、いよいよ11月11日は、「晴れオケ」本番、オーケストラの演奏会です。室内楽にもご出演いただいたチェロ首席奏者の山本裕康さんに、この「晴れオケ」の魅力を語っていただきましたので、何回かに分けてご紹介しましょう。

_MG_8098.jpg指揮者なしのオーケストラとは

「晴れオケ」メンバーは、都響はじめ、東フィル、神奈川フィル、新日フィル、N響など、様々なオーケストラに属している人が多いので、普段は指揮者が望んだことを具現化しています。でも「晴れオケ」は指揮者なしでどこまでできるんだろう、という思いがありますね。

リハーサルはコンサートマスターの矢部さんがリーダーになって進めていきますが、「晴れオケ」には、「そこはこうした方がいいのでは」と言う人もちゃんといます。ひとりひとりの意見は興味深いし、意見を言って進めていくので、室内楽的になっていると感じます。一番大きいのは「呼吸」ですね。弦楽器は息を吸っていても音が出せますが、管楽器は息をはいている時しか音が出せないわけで。編成が小さいので、舞台では僕のすぐ後ろに管楽器がいて、指揮者がいない分、自分の耳が開く感じがします。

チェロやコントラバスは、モーツァルトなどの古典では、「きざみ」といって同じ音をド・ド・ド・ド...と弾いていることが多いのですが、管楽器がひとつの音をずーっと伸ばしている時にも、(音楽的に)前に行っているかで、僕たちのきざみも変わるのです。ですからリハーサルでは、例えば「(ここでは)前に行きたいか」といったことを管楽器メンバーに確認します。

「きざみ」も奥深くて、ソ・ソ・ソ・ソ...とやっていても、例えば、ソシレの和音の中のソなのか、ソドミの和音のソなのかで同じソでも違うわけですね。その上に載っているハーモニーを知らないと弾けないのです。チェロやコントラバスといった低音から聴こえてくるオーケストラはすばらしいと思います。低音がきちんとしていると、ヴァイオリンなどのメロディーが気持ちよく歌えるのです。そういうオーケストラでありたいですね。

次回は、山本裕康さんが語る「晴れオケ」のキーパーソンについて。お楽しみに。

写真はすべて(C)大窪道治

2017年10月7日「晴れオケメンバーによる室内楽」より

(たな)

トリトン晴れた海のオーケストラ第3回演奏会


■日時:2017年11月11日(土) 14:00開演
■出演: トリトン晴れた海のオーケストラ
【オーボエ】広田智之※
【コンサートマスター】矢部達哉
【ヴァイオリン】双紙正哉 会田莉凡 景澤恵子 塩田脩 戸上眞里 
直江智沙子 福崎雄也* 松浦奈々 三原久遠 渡邉ゆづき 
【ヴィオラ】篠﨑友美 瀧本麻衣子* 福田道子* 村田恵子
【チェロ】山本裕康 清水詩織 森山涼介 【コントラバス】池松宏 佐野央子
【フルート】小池郁江 斎藤光晴 【オーボエ】池田昭子 大島弥州夫
【クラリネット】三界秀実 糸井裕美子 【ファゴット】岡本正之 岩佐雅美
【ホルン】西條貴人 和田博史 【トランペット】高橋敦 中山隆崇
【ティンパニ】岡田 全弘
■演奏プログラム <オール・モーツァルト・プログラム>
歌劇「フィガロの結婚」序曲 K492
オーボエ協奏曲 ハ長調 K314 ※独奏:広田智之(オーボエ)
セレナータ・ノットゥルナ ニ長調 K239
交響曲第39番 変ホ長調 K543
■S席¥6,000 A席¥5,500 B席¥3,500 ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)

公演情報はこちら

アーティスト・インタビューはこちら

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ