活動動画 公開中!

スタッフBLOG トリトン・アーツ・ネットワークの講演活動やコミュニティ活動の最新情報をスタッフがお届けします。

小学生のための「ベートーヴェンってどんな人?」第12回

2021年12月24日

「不滅の恋人」Beethoven_image1.jpg

みなさんは今、「好きな人」はいますか? 好きな人に気持ちを伝えたいと思いますか?

ベートーヴェンは一度も結婚はしませんでしたが、好きになった人、結婚したいと思った人が何人かいたことが、残された手紙から分かっています。手紙のひとつは、出せないままベートーヴェンが大事に持っていて、死んだあとに発見されました。

「愛している」「いっしょに暮せたら」「朝からきみのことを考えている」と書かれているこの熱烈なラブレターには、不思議なことに相手の名前が書いてありません。手紙の中で「わたしの不滅の恋人よ」と呼びかけているので、「不滅の恋人」とはいったい誰だろうと、たくさんの人が推理をしてきました。

手がかりになったのは、ベートーヴェンが手紙を書いた場所、その時に相手がいた場所(Kというイニシャル)、そして手紙の日付と曜日、天気などから割り出された年などです。その数か月後に書いたと思われるベートーヴェンの日記で「Aとのことはすべて終わってしまった」とあることから、相手の名前のイニシャルはAで始まると思われます。

アントーニア004.jpgベートーヴェンがおつきあいをした色々な女性が「不滅の恋人」の候補とされましたが、今ではこの相手は、アントーニエ・ブレンターノだとされています。名前が書けなかったのは、アントーニエが、他の人と結婚していたからなのです。

手紙を読むと、ふたりはとても愛し合っていて、結婚できなくても、心と心はしっかりつながっていたようです。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
 1770年ドイツのボン生まれ。小さいころに父からピアノを習い始めます。オーストリアのウィーンに住み、9曲の交響曲をはじめ、32曲のピアノ・ソナタ、16曲の弦楽四重奏曲など、数多くの優れた曲を残しています。

※これまでの「ベートーヴェンってどんな人?」記事はこちら

トリトンアーツ通信vol.205(2021年12月号)の記事を再掲しました

最近のブログ記事
タグ