Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

2019年3月

現在、ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラ(JPO)による「室内楽体験講座」を第一生命ホールのリハーサル室にて開催中です。

DSC05994.jpg全7回の講座の後、4月28日(日)に催されるJPOのコンサート内で、第一生命ホールのステージで発表します。
今回取り組んでいる曲は、指揮・ヴァイオリンの松原勝也さん編曲の「エーデルワイス」。
誰もが知っている名曲ですが、松原さんが広げる深い音楽の世界にみんなびっくり!

DSC05976.jpg

子ども達のがんばりの成果を、ぜひ第一生命ホールにてお聴きください。

チケットは好評発売中です。講座受講生の子どもたちによる上記の演奏のほか、ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラメンバーが迫力の演奏をお届けします!

(すぎ)

公演情報はこちら

 3月25日(月)お昼に第一生命ホールのロビーで、アウトリーチセミナー講師と受講生、修了生によるロビーコンサートを開催します。

 アウトリーチセミナーでは、昨年の春にオーディションで選ばれた3名の演奏者が講師である松原勝也氏(ヴァイオリン)と弦楽四重奏を組み、7月の第一生命ホールオープンハウス2018へ出演したほか、中央区の認定こども園と2つの小学校でアウトリーチを実践しました。

 また、アウトリーチセミナー修了生4名もクァルテットを組み、第一生命ホールオープンハウス2018、中央区や江東区の幼稚園、保育園でアウトリーチを実践。2つの弦楽四重奏のグループがお互いの実践を見て、意見を交わしながら学び合いました。

 ロビーコンサートでは、この一年間のセミナーで取り組んできた成果発表として、講師とセミナー受講生、セミナー修了生それぞれによる弦楽四重奏曲、そして合同の弦楽八重奏曲の演奏をお届けします。

robbyconcert2017.jpg過去のロビーコンサートの様子

 響きの良い第一生命ホールのロビーで、室内楽の名曲をたっぷりと。
 入場無料ですので、ぜひ足をお運びください。


第一生命ホール ロビーコンサート
~アウトリーチセミナー講師と受講生による~

■日時:2019年3月25日(月)11:45開場 12:15開演(14:00終演予定)
■会場:第一生命ホール ロビー
■出演:講師:松原勝也(ヴァイオリン)
セミナー受講生:松谷萌江(ヴァイオリン) 鶴友見(ヴィオラ) 饗庭萌子(チェロ)
セミナー修了生:吉野駿北見春菜(ヴァイオリン) 福田道子(ヴィオラ) 伊藤七生(チェロ)
■曲目:
プロコフィエフ:弦楽四重奏曲 第2番 ヘ長調 Op. 92
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第2番 「内緒の手紙」
メンデルスゾーン: 弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20

入場無料(予約不要)/未就学児の入場はご遠慮ください。
*来場者多数の場合は、入場をお断りさせて頂く場合がございます
詳細はこちら


☆セミナーで実践したアウトリーチの詳細なレポートを掲載しています。

<2018年度受講生と講師による弦楽四重奏>
2018年11月20日(火)中央区立晴海こども園 (0歳~5歳対象)
2018年11月30日(金)中央区立京橋築地小学校 (小学4年生・6年生対象)
2019年2月12日(火)中央区立中央小学校 (小学4年生・5年生対象)

<修了生による弦楽四重奏>
2018年10月3日(水)豊洲保育園(0歳~5歳対象)
2018年11月8日(木)中央区立晴海幼稚園(年少~年長対象)
2018年12月13日(木)中央区立中央幼稚園(年少~年長対象)

Beethoven_image1.jpg

耳がだんだん聞こえなくなっていることに絶望して、弟たちに死んでからのことをたのむ「遺書」まで書いたベートーヴェン。書くことで気持ちがすっきりしたのか、結局、手紙をポストに出さずウィーンに戻ってきた32さいから34さいくらいのころ、すばらしい作品を次々に作曲しました。

感心したフランス人の作家ロマン・ロランは、ピアノ・ソナタ第23番《熱情》など、このころの作品を「傑作の森」と呼んでいます。すてきな名前ですね。

交響曲では第3番「英雄」が書かれたこの時期、スケッチブックにはすでに第5番「運命」や第6番「田園」のアイディアが書かれていました。

ヴァイオリン・ソナタ第9番は、当時とても上手なヴァイオリニストと評判だったブリッジタワーと仲良くなって作曲し、お客さまの前でも演奏しましたが、その後けんかをしてしまって、フランス人の別のヴァイオリニスト、クロイツァーに、「どうぞ」と捧げられたので《クロイツェル・ソナタ》と呼ばれています。

唯一のオペラ《フィデリオ》(もともとの名前は《レオノーレ》でした。牢屋に入れられたフィデリオを、妻のレオノーレが助けに行くお話です)が書き始められるのもこのころです。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
 1770年ドイツのボン生まれ。小さいころに父からピアノを習い始めます。オーストリアのウィーンに住み、9曲の交響曲をはじめ、32曲のピアノ・ソナタ、16曲の弦楽四重奏曲など、数多くの優れた曲を残しています。

~ ベートーヴェン生誕250周年にあたる2020年に向けて ~
交響曲、弦楽四重奏曲など、
第一生命ホールでベートーヴェンが聴ける公演はこちら

※これまでの記事はこちら

トリトンアーツ通信vol.178(2019年3月号)の記事を再掲しました

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ