Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

まもなく来日
シューマン・クァルテット!!

11月にはいり、いよいよシューマン・クァルテットが来日します。
ドイツやヨーロッパを中心に活動をする彼らが来日するのは、今回が2回目。
2007年に結成し、2012年からは現在のメンバー、エリック、ケン、マークの3人のシューマン兄弟と、紅一点、ヴィオラのリサ・ランダルで活動をしています。
2013年には、フランス、ボルドーで行われた"ボルドー国際弦楽四重奏コンクール"でみごとに優勝。
その時の映像を、彼らがFBで公開していますので、ここでもご紹介したいと思います。
演奏しているのは、モーツァルトの弦楽四重奏曲ニ長調「プロイセン王第1番」K575の第4楽章。
残念ながら、今回のコンサートでは、この作品は演奏しませんが、コンクールで挑戦した曲の中から、アイヴスの「弦楽四重奏曲第2番」を第一生命ホールで披露してくれます。
コンクールのために何度も練習を重ね、思いがたくさんつまった1曲でしょう。
後半のメインにプログラムされたのは、ベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第14番Op.131」。
ベートーヴェン後期の傑作、弦楽四重奏団の中にはベートーヴェンの後期の作品を演奏したくて結成したという団体もいるくらいですから、演奏する側にとっても、聴く側にとっても魅力的な作品のひとつではないでしょうか?
シューマン・クァルテットからも、「コンサートでのライブ演奏でしか体験することができず、他に代わる方法や機会がない唯一の特別な瞬間」をぜひ楽しんでいただいたいとのこと。
シューマン・クァルテットがおくる"特別な瞬間"をぜひご堪能ください。
(くろ)

20141130_SchumannQ_flyer.jpg

〈クァルテット・ウィークエンド〉
シューマン・クァルテット
日時:11月30日(日)14:00
会場:第一生命ホール
出演:シューマン・クァルテット
エリック・シューマン(第1ヴァイオリン)
ケン・シューマン(第2ヴァイオリン)
リサ・ランダル(ヴィオラ)
マーク・シューマン(チェロ)

ハイドン:弦楽四重奏曲第79番 ニ長調 Op.76-5 Hob.III-79「ラルゴ」
アイヴス:弦楽四重奏曲第2番
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 Op.131

料金:一般¥4,000 シニア¥3,000(60歳以上) 
ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)

online_ticket.gif

公演詳細は こちら
シューマン・クァルテットのインタビューは こちら

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ