Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

2018年10月

現在、ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラ(JPO)による「室内楽体験講座」を第一生命ホールのリハーサル室にて開催中です。

DSC05788.jpg
全7回の講座の後、来週末11月3日(土・祝)に催されるJPOのコンサート内で、第一生命ホールのステージで発表します。
今回取り組んでいる曲は、指揮・ヴァイオリンの松原勝也さん編曲の「きらきら星変奏曲」。
誰もが知っている有名なメロディが様々に表情を変えて展開され、他の有名なクラシック曲もところどころ顔を出す楽しい曲です。

DSC05879.jpg

子ども達のがんばりの成果を、ぜひ第一生命ホールにてお聴きください!

(すぎ)

公演情報はこちら

まるで優しい男性の声のような低い響きが魅力のチェロ。弦楽器にあこがれて、大人になってから習い始める方にも「この音が好き!」と人気の楽器です。

秋からの第一生命ホール主催公演では、このチェロが主役のコンサートが様々なシリーズで続々登場します。

まずは、仕事帰りにリラックスしていただきたいと6時45分に開演する「645コンサート~充電の60分~」(10月26日)には、古川展生が登場。

古川展生(C)Yuji_Hori.jpg古川展生(C)Yuji Hori

ソリストとしてだけでなく、オーケストラでは東京都交響楽団の首席として、また尺八の藤原道山らとのユニット「古武道」としても活躍する実力派チェリストです。共演するのは、ジャズ・ピアニストの松永貴志。松永をして、「アドリブをバリバリ弾かれるのでびっくりしました(笑)」といわしめた、ジャンルを超えたコラボレーションで、クラシックの名曲からジャズとの融合までをお楽しみいただきます。

■公演詳細は こちら

続きましては、平日昼の時間をたっぷり楽しみたいという方向け、「雄大と行く 昼の音楽さんぽ」(11月9日)に登場するのが、人気チェリスト新倉瞳。

新倉瞳(C)Takaaki_Hirata.jpg

新倉瞳(C)Takaaki Hirata

スイスを拠点に、カメラータ・チューリッヒで首席を務めながら、ユダヤ民族に伝わるクレズマー音楽のバンドでも演奏するなど、活躍の場を広げています。シリーズご案内人役の山野雄大もアマチュア・チェロ奏者。チェロの名曲を集めたプログラムに、トークも盛り上がること間違いなしです。

■公演詳細は こちら

小さなお子さまがいるご家族向け「子育て支援コンサート」(2019年3月3日)には、チェリスト8名のスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウが登場。

20120324銀河鉄道(C)池上直哉_DSC8650-2 - コピー.jpg過去の公演の様子(C)池上直哉

第1部では小学生から大人の方には、丸山泰雄による無伴奏チェロ・リサイタルを、4歳から6歳のお子さまには、年齢別の音楽スタジオでそれぞれチェロのコンサートを楽しんでいただきます。第2部は、親子そろってホールで、チェロ・アンサンブルの演奏と絵本「銀河鉄道の夜」のコラボレーションをどうぞ。宮沢賢治の名作物語が、清川あさみによる美しい作品とともに、チェロの深い音色による音楽にのってしみじみと語られます。(公演情報は近日中に公開予定)

ジャズとの融合、チェロの名曲、アンサンブルの迫力と、それぞれチェロの様々な魅力をお楽しみいただけます。その音色にぴったりの音響を持つ第一生命ホールで、ぜひチェロのコンサートをお楽しみください。

公演情報

645コンサート~充電の60分~

松永貴志&古川展生 Jazz x Classic Concert

日時:2018年10月26日(金) 18:45 開演 (19:45終演予定)/18:00開場

出演:松永貴志(ピアノ) 古川展生(チェロ)

会場:第一生命ホール

演奏プログラム:

リチャード・ロジャース:マイ・フェイバリット・シングス

松永貴志:時の砂

サン=サーンス:動物の謝肉祭より「白鳥」

古武道:地平を航る風に

チック・コリア:スペイン

松永貴志:神戸

ジョージ・ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム

アストル・ピアソラ:リベルタンゴ

ほか

一般¥¥2,200

■公演詳細は こちら

雄大と行く 昼の音楽さんぽ 第16回

新倉 瞳 チェロが広げる歌の地平

日時:2018年11月9日(金)11:00 開演(12:30終演予定)

出演:新倉瞳(チェロ) 佐藤卓史(ピアノ) 山野雄大(ご案内)

会場:第一生命ホール

演奏プログラム:

サン=サーンス :「動物の謝肉祭」より 「白鳥」

ブラームス:チェロ・ソナタ 第1番 ホ短調 Op.38

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821

ポッパー:ハンガリー狂詩曲 Op.68

一般¥2,000 お友だち割¥1,500(同一公演3枚以上同時購入で1枚につき)

■公演詳細は こちら

子どもといっしょにクラシック

子育て支援コンサート『銀河鉄道の夜』

日時:2018年3月3日(日)14:00 開演(15:40終演予定)

出演:スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ

[丸山泰雄 渡邉辰紀 植木昭雄 金子鈴太郎 玉川克 三森未來子 佐古健一 矢口里菜子]

原きよ(朗読)

森和子(チェロ)*音楽スタジオアシスタント

会場:第一生命ホール

演奏プログラム:

【第1部】

●丸山泰雄チェロ・リサイタル(小学生~大人のためのコンサート)【ホール】

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード

Z.コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタよりフィナーレ

G.ソッリマ:コンチェルト・ロトンド

●4~6歳のための音楽スタジオ【リハーサル室ほか】

各年齢に合わせたチェロのミニコンサートなど

【第2部】

●「音楽と絵本」を親子いっしょに【ホール】

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第1番より第1楽章イントロダクション(エンボラーダ)

音楽と絵本:「銀河鉄道の夜」(作:宮沢賢治 絵:清川あさみ 出版:リトルモア刊)

(構成:丸山泰雄/演奏曲:ドヴォルザーク:わが母の教え給いし歌、フォーレ:レクイエムよりピエ・イエズ、ソッリマ:ヴィオロンセル、ヴィブレ!より)

大人¥2,000(中学生以上) 小学生¥1,000 未就学4~6歳¥1,000(2019年4月1日の年齢)

※4歳以上入場可能(2019年4月1日時点の年齢)。チケットはお1人様1枚必要。

※0~3歳のお子さまはホールにはご入場いただけません。

託児サービス(有料/事前申込制)有り。

■公演詳細は近日公開予定です

2012年エリーザベト王妃コンクール優勝のアンドレイ・バラノフが率いる、オイストラフ弦楽四重奏団の公演はいよいよ今週末。
第一ヴァイオリンのアンドレイ・バラノフの圧倒的なリーダーシップのもとに創られる音楽が、多くの聴衆を惹きつけています。

david_oistrakh_string_quartet-2_(C)Emil_Matveev.jpg

オイストラフ弦楽四重奏団
彼らの名前は正式には、ダヴィド・オイストラフ弦楽四重奏団(David Oistrakh STRING QUARTET)といいます。
ご存じの方も多いかも知れませんが、20世紀を代表するロシアの偉大なヴァイオリニスト ダヴィド・オイストラフの名を冠しています。

メンバーそれぞれがソリストであり、弦楽四重奏団
バラノフは、ソロとしての活動と弦楽四重奏の活動が半々か、少しソロが多いぐらいのバランスがちょうど良いと考えているそうです。
他のメンバーも、ソリストでありながら、同時に真の弦楽四重奏団としての活動をしているそう。david_oistrakh_string_quartet-12.jpg

特別な作曲家 ショスタコーヴィチ
ロシアの弦楽四重奏団にとってはもちろん、バラノフにとっても、ショスタコーヴィチは特別な作曲家だといいます。
ここで、彼らの演奏するショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第3番第3楽章を聴いてみましょう。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/NJ3zzNI0oRc" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen=""></iframe>
*オイストラフ弦楽四重奏団の公式ホームページより

クァルテット結成時のエピソードや、今回演奏する曲についてなど、アンドレイ・バラノフに伺ったインタビューもぜひご覧ください。

オイストラフ弦楽四重奏団
日時:2018年10月14日(日)14:00開演
出演:オイストラフ弦楽四重奏団
[アンドレイ・バラノフ(第1ヴァイオリン) ロディオン・ペトロフ(第2ヴァイオリン) フェドル・ベルーギン(ヴィオラ) アレクセイ・ジーリン(チェロ)]
演奏プログラム:
ハイドン:弦楽四重奏曲 第38番 変ホ長調 Op.33-2 Hob.III:38 「冗談」
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第4番 ニ長調 Op.83
加藤昌則:There is ...., There was ...~Drawing notes of the memory for String Quartet(新作)
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第6番 ヘ短調 Op.80

■公演詳細は こちら

■インタビューは こちら

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ