(全2回)|SQW #132 クァルテット・ウィークエンド 2017 - 2018|トリトン・アーツ・ネットワーク" />

公演情報

Homeへ戻る
6/17
Sat
SQW #132
クァルテット・ウィークエンド
2017 - 2018
©Kaupo Kikkas

シューマン・クァルテットⅡ(全2回)

2013年ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝
エリック・シューマン率いる気鋭の弦楽四重奏団、
第一生命ホールに再び!
リンカーン・センター室内楽協会レジデント
世界が注目する若手の『今』を聴く全2回のプログラム

6/10 シューマン・クァルテットⅠ 公演情報は こちら
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2017年6月17日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 シューマン・クァルテット
[エリック・シューマン/ケン・シューマン(ヴァイオリン) リザ・ランダル(ヴィオラ) マーク・シューマン(チェロ)]
曲目 モーツァルト:弦楽四重奏曲 第23番 ヘ長調 K590「プロイセン王第3番」

武満徹:ランドスケープ I(1960)
[NAXOSで試聴する]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

<アンコール>
ハイドン:弦楽四重奏曲ハ長調Op.33-3「鳥」より 第2楽章 スケルツォ

※[NAXOSで試聴する]をクリックすると、各曲・楽章の冒頭30秒が無料で試聴できます。(ナクソス・ミュージック・ライブラリーへリンクします。) ナクソス・ミュージック・ライブラリー画面左上の【選択曲を試聴】をクリックすると試聴がスタートします。無料試聴は連続で最大15分間のご利用となります。
チケット

一般¥5,000 シニア¥4,500(60歳以上) ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)

セット券 ※トリトンアーツ・チケットデスクのみにて発売 ※セット券の販売は終了しました。
◆SQW6公演セット券 一般¥23,000 シニア¥20,000
※SQW6公演セット券の詳細は、こちら
◆ボルドー3公演セット券 一般¥13,000 シニア¥11,500
※ボルドー3公演セット券の詳細は、こちら
【セット券購入者特典】セット券をお求めの方を対象としたシューマン・クァルテットによるアフタートーク(6月10日終演後)にご招待します。

一般発売:2017年2月28日(火)(発売初日のみ10:00~受付開始)


【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:319-788〕(一般、シニア、ヤングのみ取扱い)

東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5685-0650(10:00~19:00/休館日を除く)
(一般、シニア、ヤングのみ取扱い)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

出演者インタビュー

2014年の日本ツアーで日本の聴衆を虜にした
シューマン・クァルテットが、第一生命ホールに再び登場!
2014年の日本ツアーで日本の聴衆を虜にしたシューマン・クァルテットが、第一生命ホールに再び登場!エリック(第1ヴァイオリン)、ケン(第2ヴァイオリン)、マーク(チェロ)のシューマン3兄弟と、リサ・ランダル(ヴィオラ)が、メールでのインタビューで抱負を語ってくれました。
インタビュー全文へ

プロフィール

シューマン・カルテット  Schumann Quartett
シューマン・クァルテット
エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) Erik Schumann, 1st Violin
ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) Ken Schumann, 2nd Violin
リザ・ランダル(ヴィオラ) Liisa Randalu, Viola
マーク・シューマン(チェロ) Mark Schumann, Cello

07年にケルン(独)で結成。国際的ソリストとしても知られるエリック・シューマンが第1Vnとリーダーを務め、その弟達であるケン・シューマンが第2Vn、マーク・シューマンがVcを担当。ヴィオラはエストニア出身のリザ・ランダル。
11年パオロ・ボルチアーニ・コンクール(伊)入賞、大阪国際室内楽コンクール2位を経て、12年シューベルト&現代音楽国際コンクール(墺)優勝。さらに13年に最も権威あるコンクールとして知られるボルドー国際弦楽四重奏コンクール(仏)にて優勝。以降、ムジーク・フェライン、コンツェルトハウス、ウィグモアホール、ベルリン・フィルハーモニー、コンセルトヘボウ等のヨーロッパ各地の名門ホールで演奏を重ね、カルテットとしての国際的キャリアを急速に築いている。
16年シーズンから3年間、NYのリンカーン・センター室内楽協会のレジデントに選出。2015/16年はエステルハージ宮殿(墺)のレジデントを、また09年よりデュッセルドルフのロベルト・シューマン・ホールでレジデントを務めている。
メナヘム・プレスラー、ザビーネ・マイヤー、アルブレヒト・マイヤー、セドリック・ペシャ、ラモン・オルテガ・クエロ、ダヴィッド・オルロフスキ、ニコラス・アルトシュテット等とアンサンブルも積極的に展開。
カルテットとしてケルン音楽大学にてアルバン・ベルクQに師事。またマドリードのソフィア王妃音楽大学にてギュンター・ピヒラー(元アルバン・ベルクQリーダー)に師事。さらにH.ショーネヴェーグ(ケルビーニQ)、H.ミュラー、E.フェルツ等からも貴重な指導を受け続けている。
13年にデビューCD「ベートーヴェン/バルトーク/ブラームス」を、15年に2nd CD「モーツァルト/アイヴス/ヴェルディ」をリリース(いずれも独Ars)。2nd CDは2016年BBCミュージックマガジンアワードを受賞。
2014年ユルゲン・ポント財団より室内楽賞を授与された。
ますます今後の活躍に注目が集まっている期待のカルテットである。

オフィシャル・ウェブサイト  http://www.schumannquartett.com

協賛:第一生命保険株式会社
協賛:住野公一
助成:公益財団法人 花王 芸術・科学財団
ページの一番上へ