公演情報

Homeへ戻る
10/26
Fri
ライフサイクルコンサート
645コンサート~充電の60分~

松永貴志&古川展生

6:45から1時間のリラックスタイム

チケット好評発売中
オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!
チケットデスク
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2018年10月26日(金) 18:45 開演 (19:45終演予定)/18:00開場
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 松永貴志(ピアノ) 古川展生(チェロ)
曲目 リチャード・ロジャース:マイ・フェイバリット・シングス
松永貴志:時の砂
サン=サーンス:動物の謝肉祭より「白鳥」
古武道:地平を航る風に
チック・コリア:スペイン
松永貴志:神戸
ジョージ・ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム
アストル・ピアソラ:リベルタンゴ
ほか
チケット

¥2,200

一般発売:2018年6月26日(火)発売(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:116-473〕

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!
チケットデスク:オンライン予約以外のご購入方法、および、チケットの予約・購入についての詳細はこちら!

出演者インタビュー

ジャズ、クラシック、ポップスなどのジャンルを超えた 二人のテクニックとスリリングなセッションをお聴き逃しなく
5年前の熱狂ふたたび!
松永貴志が、古川展生とのコラボレーションで第一生命ホールに帰ってくる


 2013年、自身のトリオで第一生命ホールに興奮の渦を巻き起こしたジャズ・ピアニストの松永貴志さんが、今度は日本を代表するチェリスト、古川展生さんとのコラボレーションで645コンサートに登場。めったにきけない激レアなコラボを前に、お二人にお話をうかがいました。
インタビュー全文へ

プロフィール

松永貴志   Matsunaga Takashi  (ピアノ)
17歳でメジャー・デビュー。全米及びヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」をリリース。NYブルーノート・レーベル75年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイビスの記録を塗り替え最年少リーダー録音記録樹立。テレビ朝日「報道ステーション」フジテレビ「新報道2001」など数々のTV番組オープニング曲やCM、映画の音楽を担当。2013年、芸術の聖地パリのルーヴル美術館で開催されたヨーロッパ最大のアート式典であるSNBA授賞式典に招待され演奏。2015年、ポーランドのManggha Muzeum設立20周年式典に招待されポーランド大統領の前で演奏。パリの文化省トップから「彼のピアノは世界を驚愕させる」と評価された日本が誇る世界的天才ピアニスト。抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。
オフィシャルサイト http://www.takashimatsunaga.com/
古川展生  Furukawa Nobuo  (チェロ)
桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。
1995年第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。96年、ハンガリーのリスト音楽院に留学。97年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。
 2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。11年第31回藤堂顕一郎音楽褒賞受賞。13年第31回京都府文化賞受賞。10年より、桐朋学園大学にて非常勤講師として勤務。
ソリストとしても、ハンガリー/ソルノク市立交響楽団の定期演奏会に招かれるなど、国内外のオーケストラ、著名指揮者との共演多数。また、ポップス、ジャズ、タンゴなど他ジャンルのアーティストとのコラボレーションやライブハウスでのコンサートも積極的に行い、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とのユニット「KOBUDO -古武道-」は2017年に結成10周年を迎えた。
クラシックにとどまらず幅広いフィールドでも目覚ましい活躍を続け、人気、実力ともに各方面から最も注目を集めているチェリストである。
これまでに6枚のソロアルバムと2枚のベストコレクション(クラシック/クロスオーバー)をリリース。
オフィシャルサイト http://nobuofurukawa.com/
©Yuji Hori

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

協賛:第一生命保険株式会社
ページの一番上へ