公演情報

Homeへ戻る
3/10
Sat
ライフサイクルコンサート
子どもといっしょにクラシック
子育て支援コンサート『ぼくはほしのこ』

「たまには大人だけでゆっくりコンサートを楽しみたい!」
「でも・・・子どもにも目の前で音楽を楽しんでほしい!」
・・・・・・そんな2つの願いを同時に叶えるコンサート。

未就学4~6歳券は完売いたしました

過去の様子
過去の様子 ©大窪道治

※そのほかの親子で楽しめるコンサートは こちら
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら

基本情報

日時 2018年3月10日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 高木綾子(フルート)、坂野伊都子(ピアノ)
池田昭子(オーボエ)、濱崎由紀(クラリネット)、河村幹子(ファゴット)、日髙剛(ホルン)
中山秀征(朗読)
曲目 【第1部】(約30分)
◎大人のためのコンサート(小学生以上は親子いっしょにホールでコンサートを)
過去の様子 [出演] 高木綾子(フルート)、坂野伊都子(ピアノ)
 モーツァルト:オペラ「魔笛」「フィガロの結婚」より
 グルック:精霊の踊り
 クーラウ:オイリアンテの主題による序奏と変奏
 サラサーテ:カルメン幻想曲
 <アンコール>村松崇継:Earth

◎子どものための音楽スタジオ
 (2011年4月2日~2014年4月1日生まれの幼児対象)
 4~6歳のお子さまは、年齢順に4部屋に分かれてコンサートを
 [出演]池田昭子(オーボエ)、濱崎由紀(クラリネット)、
 河村幹子(ファゴット)、日髙剛(ホルン)
 どのお部屋にどの演奏家が登場するかは当日のお楽しみ♪


【第2部】(約40分)
ホールで親子いっしょに

◎音楽と絵本「ぼくはほしのこ」
[作/志茂田景樹 絵/柴崎るり子 KIBA BOOK]
ステージ上のスクリーンに絵本を投影し、朗読をまじえ、クラシックの名曲をたっぷりお届けします。
(構成:高木綾子)
チケット

全席指定 大人¥2,000(中学生以上) 小学生¥1,000 
未就学4~6歳¥1,000(2011年4月2日~2014年4月1日生まれの幼児対象)
未就学4~6歳券は完売いたしました
トリトンアーツ・チケットデスク TEL:03-3532-5702(平日11:00-18:00)
※4歳以上入場可能(2018年4月1日時点の年齢)
※チケットはお1人様1枚必要です(お子様にもチケットが必要です)。
※全席指定/税込み

※0歳~3歳(2014年4月2日以降生まれ)のお子さまは第1部、第2部ともにホールにはご入場いただけません。託児サービス(有料/事前申込制)をご利用ください。

【チケット発売】
2017年12月12日(火)10:00から一般発売開始

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)
※オンライン予約では座席指定をシステムにお任せいただいております(ご予約受付順に配席)。
 お座席のご希望がある方はお電話にてお申し込み下さい。



【託児サービスのご案内(事前申込制/定員20名)】
公演チケットお申込前にご確認ください。
対象:0歳~3歳児
申込先:イベント託児®マザーズ(3月2日(金)17:00まで受付、ただし定員になり次第締切。)
TEL:
0120-788-222(平日10:00~12:00 13:00~17:00)
料金:¥1,000(税込) http://www.mothers-inc.co.jp/

託児サービスあり

プロフィール

高木綾子  たかぎ あやこ  (フルート/第2部「音楽と絵本」構成)
確かなテクニックと、個性溢れる音色、ジャンルを超えた音楽性で、注目を集める実力派フルート奏者である。
3歳よりピアノ、8歳よりフルートを始める。東京芸術大学付属高校、東京芸術大学を経て、同大学院修了。
日本管打楽器コンクール第1位、日本音楽コンクール第1位、新日鐵音楽賞、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第3位、神戸国際フルートコンクール第3位など多数の受賞歴を誇る。
これまでに国内主要オーケストラとの共演はもとより、新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室内管、サンクトペテルブルク響、パリ室内管と共演。パリ室内管との共演で、パリデビューも果たしている。
CD録音も活発に行っており、2000年3月にCDデビューし、以降多数リリース。最新盤はモーツァルトのフルート四重奏曲全集(エイベックス・クラシック)。
現在、東京藝術大学准教授、洗足学園大学客員教授、日本大学藝術学部、武蔵野音楽大学、桐朋学園大学の非常勤講師として後進の指導にもあたっている。
©FUMI
坂野 伊都子  さかの いつこ  (ピアノ)
京都府出身。国立音楽大学ピアノ科を首席で卒業、武岡賞受賞。NTT ドコモ奨学生に選ばれる。
桃華楽堂新人演奏会にて御前演奏を行う。
桐朋学園大学ソリストディプロマコースにて研鑽を積む。
第 69 回日本音楽コンクール第 2 位、第 7 回「Trio di Trieste」国際室内楽コンクール(イタリア)デュオ最高位受賞等、数々の国内外のコンクールで受賞。
また、室内楽、伴奏でも活動を広げ、NHKーFM、宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等、様々な室内楽プロジェクトにも積極的に参加。
現在は国立音楽大学附属高等学校にて後進の指導にもあたる。
池田 昭子  いけだ しょうこ  (オーボエ)
東京芸術大学卒業。卒業時に皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。
宮崎隆浩、広田智之、小島葉子、宮本文昭、フランソワ・ルルーの各氏に師事。第4回津山国際総合音楽祭ダブルリードコンクール、第13回日本管打楽器コンクールオーボエ部門共に第1位。文化庁在外研修員として、ミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院に留学。東京交響楽団を経て、NHK交響楽団に入団。マイスターミュージックより、『カプリッチオ』『アヴェ・マリア』等、ソロや室内楽のCDを数多くリリースしている。現在、NHK交響楽団オーボエ奏者、トリオサンクアンシュメンバー、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー、東京芸術大学、上野学園大学非常勤講師。
濱崎 由紀  はまさき ゆき  (クラリネット)
東京藝術大学附属高校、東京藝術大学を卒業。同大学院修了。在学中、安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞。宮崎国際音楽祭、サイトウキネンフェスティバル等に出演。2002年第71回日本音楽コンクール・クラリネット部門第3位。現在、上野学園非常勤講師、藝大フィルハーモニア管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、クインテットアッシュのクラリネット奏者。
河村 幹子  かわむら もとこ  (ファゴット)
13歳より岡崎耕治氏のもとでファゴットを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業、同大学卒業。DAAD(ドイツ学術交流会)の奨学生として、渡独。国立ハノーファーの音楽大学を経て、国立ミュンヘン音楽大学大学院を修了。市立アウグスブルク劇場の首席ファゴット奏者を経て、現在新日本フィルハーモニー交響楽団首席ファゴット奏者、東京藝術大学音楽学部器楽科、室内楽科で非常勤講師を務める。
日髙 剛  ひだか たけし  (ホルン)
宮崎市出身。長崎大学を卒業後、東京藝術大学を経て、オランダ・マーストリヒト音楽院に留学。ホルンをE.ペンツェル、W.サンダース、守山光三、山田眞、田原泰徳の各氏に師事。
2000年広島交響楽団に入団。その後、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、NHK交響楽団ホルン奏者を歴任した。
ホルンアンサンブル「つの笛集団」、The Horn Quartet、 Tokyo G Brass 各メンバー。2013年4月より東京藝術大学准教授。洗足学園音楽大学客員教授、国立音楽大学講師。
霧島国際音楽祭、木曽音楽祭に参加。ソロCD「Variation for Horn」(フォンテック)、「HORIZON」(カメラータ・トウキョウ)Etude CD ホルン「コップラッシュ60の練習曲」「ベローリ8つの練習曲」(ビット・マップ)をリリース。
中山 秀征  なかやま ひでゆき  (朗読)
1967年7月31日生まれ。群馬県出身。4児の父。1985年フジテレビ「ライオンのいただきます」でデビュー。その後、フジテレビ「東京ラブストーリー」や日本テレビ「DAISUKI!」「THE夜もヒッパレ」「ラジかる!!」「おもいっきりDOn!!」など多数のドラマ・バラエティ番組に出演。現在は日本テレビ「シューイチ」、フジテレビ「ウチくる!?」、BS日テレ「MY STORY」のMCと、群馬県のPRを務める「ぐんま大使」を務める。50歳の節目となる本年は23年ぶりにミニアルバム『50』をリリース。

協賛:第一生命保険株式会社
後援:東京都/中央区・中央区教育委員会/江東区教育委員会
 *東京都と第一生命保険はワイドコラボ協定を結んでいます
文化庁 「平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業」

※会場で撮影した写真などは、団体としての広報や報道目的で使用する場合があります。
ページの一番上へ