公演情報

Homeへ戻る
8/23
Wed
ライフサイクルコンサート
雄大と行く 昼の音楽さんぽ
©K.Miura
夏休みスペシャル第11回 上原彩子

壮麗の先へ!
ピアノ演奏の極み


美しくも豪快なラフマニノフの傑作ソナタを
詩情の奥深くまで語り尽くす、名手の渾身!


選りすぐりの音楽家が磨きこんだ“こだわりの音楽”を肩ひじ張らずに
楽しく! しかも深く!
音楽ライターの山野雄大によるご案内でお届けする、お話つきの90分♪
(休憩なし)
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2017年8月23日(水) 11:00 開演(12:30終演予定)
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 上原彩子(ピアノ) 山野雄大(ご案内)
曲目 ラフマニノフ:前奏曲「鐘」Op.3-2

ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第1番 ニ短調 Op.28
 ※楽章ごとの解説付き!

<アンコール>
リスト:メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」
チケット

一般¥2,000
お友だち割¥1,500(同一公演3枚以上同時購入で1枚につき)
2公演(第11・12回)セット券¥3,000  第12回の詳細は こちら

一般発売:2017年5月30日(火)(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:329-552〕(一般券のみ取扱い)

※全席指定/税込み
※2公演セット券は「第12回 川畠成道 つよく優しきヴァイオリン」(10月4日(水))とのセットです。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。

出演者インタビュー

《雄大と行く 昼の音楽さんぽ》第11回は夏休みスペシャル。美しくパワフルな人気ピアニスト、上原彩子さんをお迎えして、ロシアの憂愁と詩情も美しいラフマニノフの魅力をじっくりたっぷり味わっていただきます。上原さんはロシア人の先生に長く学び、チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門で女性としてまた日本人として史上初の第1位に輝いた方。本場で絶賛されたロシア音楽の解釈はいよいよ熟練を深めています。
インタビュー全文へ

プロフィール

上原彩子  Uehara Ayako  (ピアノ)
第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門において、女性としてまた、日本人として史上初めての第一位を獲得。 第18回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。これまでにノセダ、ルイジ、ラザレフなど国内外の指揮者と主要オーケストラに共演を重ねる。2004年12月にはデュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれた。2017年3月にはインバル指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団とのドイツ及び日本での公演が予定されているほか、室内楽や子供向けのコンサートを行うなど幅広く活動を行なっている。
©K.Miura
山野雄大  Yamano Takehiro  (ご案内/音楽ライター)
1971年東京生まれ。『音楽の友』『レコード芸術』『バンドジャーナル』などの音楽誌への連載、演奏会プログラムへの定期寄稿をはじめ、オーケストラやバレエの取材・撮影、CDの企画構成・ライナーノート執筆など多数手がける。テレビ・ラジオなど放送出演も。
©堀田正矩

山野雄大のおすすめコメント

迫力たっぷりのピアノ曲に秘められた謎──その扉がひらかれる驚きと喜びを、ご一緒に体験してみませんか?轟きわたる豪快な響きに溢れかえる情感、細やかな詩情を織り重ねてゆく歌の途方もない深み、爆発する超絶技巧‥‥ラフマニノフの〈ピアノ・ソナタ第1番〉は、演奏家にとっても大きな挑戦となる傑作です。作曲家自身も凄腕ピアニストとしても知られた人だけに、その壮麗甘美なピアノ曲の数々は超絶技巧と高度な音楽性を求められる作品ばかり。なかでもこのソナタは、力を込めて書くあまり大変スケールの大きな曲になって、周囲をとまどわせたほど。しかし、実は3つの楽章が文豪ゲーテの傑作『ファウスト』の登場人物たちになぞらえられていたり‥‥奥深い大作にもさまざまなヒントが隠されています。──2002年の第12回チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門で、女性としてまた日本人として史上初の第1位を獲得した上原彩子さんは、ロシア人の先生に長く師事してロシア音楽をとても深く知るピアニスト。熟練を重ねるいま、上原さんがこの大作に満ちた魅力を、私たちがより近しく感じられるように、渾身の演奏と共にやさしくご案内してくださいます。夏休みの終わりに「素晴らしい!」のもう一歩先へ‥‥楽しくも忘れがたいひとときをご一緒に。


170823_UeharaAyako.png

協賛:アフラック
ページの一番上へ