公演情報

Homeへ戻る
6/20
Sat
ウィークエンドコンサート 2015 - 2016
トリトン晴れた海のオーケストラ

晴海トリトンスクエア15周年記念
第1回演奏会

第一生命ホールの音響に最適な響きを奏でる室内オーケストラが誕生します!

日本が誇るコンサートマスター矢部達哉による「最高の仲間と最高の演奏を」という掛声のもと集った仲間たち。最初の演奏会は第一生命と縁の深いモーツァルト作品から、指揮者なしで息の合った仲間ならではのアンサンブルを響かせます。(※第一生命はザルツブルクにあるモーツァルト住家復興を支援しました。)

※完売しました。当日券の販売はございませんので予めご了承ください。
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2015年6月20日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 トリトン晴れた海のオーケストラ
【コンサートマスター】矢部達哉
【ヴァイオリン】景澤恵子 塩田脩 双紙正哉 戸上眞里 直江智沙子 松浦奈々 三原久遠
 渡邉ゆづき 福崎雄也* 森岡聡*
【ヴィオラ】鈴木学 村田恵子 伊藤慧* 福田道子*
【チェロ】山本裕康 清水詩織 森山涼介
【コントラバス】池松宏 佐野央子
【フルート】小池郁江
【オーボエ】広田智之 池田昭子
【クラリネット】三界秀実 糸井裕美子
【ファゴット】岡本正之 岩佐雅美
【ホルン】西條貴人 和田博史


 *トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール主催《アドヴェントセミナー》《室内楽アウトリーチセミナー》修了生
曲目 <オール・モーツァルト・プログラム>
ディヴェルティメント ニ長調K136
交響曲第29番イ長調K201
セレナード ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K525
交響曲第40番ト短調K550

<アンコール>
モーツァルト:ディヴェルティメントK334より第3楽章「メヌエット」
チケット

S席¥5,500 A席¥5,000 B席¥4,000 ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
※完売しました。当日券の販売はございませんので予めご了承ください。
一般発売:2015年2月24日(火)発売(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:254-459〕(S・A・B席のみの取扱い)

東京文化会館チケットサービス(S・A・B席のみの取扱い)
TEL:03-5685-0650(10:00~19:00/休館日を除く)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

出演者インタビュー

新しいオーケストラの誕生を、自分の目と耳で体験しよう!
自分の住んでいる街に新しいオーケストラが作られ、演奏会を行うようになる。そんな体験は望んでいてもなかなかできないことだが、それが晴海トリトンスクエアで実現する。第一生命ホールの素晴らしい音響を生かした室内オーケストラ「トリトン晴れた海のオーケストラ」が結成されるのだ。そのオーケストラの顔とも言うべき存在がヴァイオリニストの矢部達哉。彼がコンサートマスターとして演奏をリードする。
インタビュー全文へ

プロフィール

矢部達哉 コンサートマスター  Yabe Tatsuya  (ヴァイオリン)
1968年東京生まれ。江藤俊哉に師事。89年桐朋学園ディプロマコース修了後、90年22歳の若さで東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターに抜擢される。97年、NHK連続テレビ小説「あぐり」のヴァイオリン・ソロで大きな反響を呼ぶ。オーケストラの傍らソロ、室内楽で活躍。ソリストとして、小澤征爾、若杉弘、フルネ、クレー、デプリースト、インバル、ベルティーニ等の著名指揮者と共演。95年第5回出光音楽賞、平成8年度村松賞、96年第1回ホテルオークラ音楽賞受賞。上野学園大学音楽・文化学部教授。ソリストとして、ソニークラシカルより5枚、オクタヴィア・レコードより1枚のCDが発売されている。
©大窪道治

矢部達哉からのメッセージ

第一生命ホールは、今回のような室内オーケストラの編成にぴったりのすばらしい響きを持つホールです。
首席奏者のみなさんは昔から信頼のおける僕の仲間であり、それに加えて若くて素晴らしい演奏家たちが集まってくれました。このオーケストラのために集まった、この新しい仲間たちで、モーツァルト珠玉の名曲ばかりのプログラムを創っていくことが楽しみです。
指揮者なしのオーケストラですので、メンバーどうしが呼吸をあわせて創り上げていきます。まさに小さな室内楽の延長で大きな交響曲が創られていくのがおもしろいと思いますし、新鮮に聴いていただけるのではないでしょうか。
僕自身、このオーケストラの船出をとても楽しみにしています。

協賛:晴海トリトンスクエア 第一生命保険株式会社
ページの一番上へ