公演情報

Homeへ戻る
3/18
Tue
ライフサイクルコンサート #96
630コンサート~充電の60分~
©M.Endo

IL DEVU(イル・デーヴ)

「太メン」の美声が魅せる!癒しと笑顔が”大盛り”の60分

今最も熱く、第一線で活躍中の「太メン」男声歌手たちとわが国音楽界を支える名手・河原忠之が結成したスペシャルユニット、IL DEVU。あの国際的イケメンユニットをちょっぴり意識しつつも、マイクなしの生の歌声で、クラシックやポップスの名曲をお届けします。数々の舞台で鍛え抜かれた「太メン」たち。磨きぬかれた美しい声、究極のアンサンブルを、メンバーの醸し出すあたたかい空気と共にお楽しみ下さい。
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2014年3月18日(火) 18:30 開演(19:30終演予定)
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 IL DEVU
 望月哲也(テノール)
 大槻孝志 (テノール)
 青山 貴(バリトン)
 山下浩司(バスバリトン)
 河原忠之(ピアノ)
曲目 <公演当日の演奏曲目>
カッチーニ:アマリッリ、私の美しい人
ヘンデル:オンブラ・マイ・フ(懐かしい木陰で)
シューベルト:シルヴィアにOp.106-4 D891
イングランド民謡:グリーン・スリーヴス
アイルランド民謡(チルコット編):ダニー・ボーイ
岡野貞一(チルコット編):朧月夜
モリコーネ: ニュー・シネマ・パラダイス <ピアノ・ソロ>
井上陽水:少年時代
見岳章:川の流れのように
モリコーネ:映画「ミッション」より「ネッラ・ファンタジア」
フランソワ&ルヴォー:マイ・ウェイ

<アンコール>
アンドリュー・ロイド=ウェバー:ピエ・イエズ
M.ファラジァーニ&J.ビガッツィ:パセラ
チケット

全席指定 一般¥2,000 トリトンポイントカード会員¥1,800
※完売しました
一般発売:2013年9月26日(木)発売(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ(一般席のみの取り扱い)※お取り扱い終了
TEL:0570-02-9999〔Pコード:208-584〕

東京文化会館チケットサービス(一般席のみの取扱い)※お取り扱い終了
TEL:03-5685-0650(10:00-19:00/休館日を除く)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮ください。

出演者インタビュー

5人の太メンがおおくりする“癒し”の歌声
人気急上昇中の男声ユニット、その名も“IL DIVO”( イル・ディーヴォ/イギリスでデビューしたイケメン人気ヴォーカル・グループ)ならぬ“IL DEVU” (イル・デーヴ)が、630コンサートに初登場。IL DEVUの活動が楽しくてたまらない様子のメンバーのうち、大槻孝志さん、望月哲也さん、山下浩司さんの3人にお話をうかがいました。
インタビュー全文へ

プロフィール

イル・デーヴ  IL DEVU
望月哲也 大槻孝志(テノール) 青山貴(バリトン) 山下浩司(バスバリトン) 河原忠之(ピアノ)
IL DEVU公式ブログ http://ameblo.jp/devudivo/
望月哲也  Mochizuki Tetsuya  (テノール)
天性のリリックな美声と音楽性で次世代を担うホープ。二期会『皇帝ティトの慈悲』表題役、同『カプリッチョ』フラマン、びわ湖・神奈川県民『ラ・ボエーム』ロドルフォ、びわ湖ホール『コジ・ファン・トゥッテ』フェランド、新国立劇場『魔笛』タミーノ、『夜叉ヶ池』(世界初演)晃に等に出演し、好評を博す。ウィーンに学び、宗教曲の分野では「マタイ受難曲」はじめレパートリーは30作品以上。王子ホールにおけるリサイタルシリーズWandererでも高い芸術的成果を上げている。二期会会員 
http://ameblo.jp/tetsumocci/
大槻孝志  Otsuki Takashi  (テノール)
恵まれた美声と確かな役作りで魅了する逸材。ドイツ及びイタリア留学を経て、日生『後宮からの逃走』、新国立劇場『カルメン』、サイトウキネン『エリア』『スペードの女王』『サロメ』等でキャリアを積む。二期会『エフゲニー・オネーギン』レンスキーでは迫真の演唱で喝采をうけた他、日生『夕鶴』与ひょう、新国立劇場『こうもり』アルフレード、『ローエングリン』4人のブラバントの貴族で出演。N響定期『オイディプス王』出演、更にN響「第九」に急遽外国人歌手の代役で登場し絶賛される。二期会会員
http://ameblo.jp/taka-singen/
青山 貴  Aoyama Takashi  (バリトン)
ボローニャ、ミラノで研鑽を積んだ確かな技術と美声で目下絶好調のバリトン。第19回五島記念文化財団オペラ新人賞。新国オペラ研修所『ファルスタッフ』表題役、新国立劇場鑑賞教室『トスカ』スカルピア、二期会『仮面舞踏会』レナート、『ナブッコ』タイトルロール、石川・富山・新潟・福井・兵庫共同制作『椿姫』ジェルモン等、に出演。また「ヨハネ受難曲」「メサイア」「レクイエム」等の宗教曲、「第九」「カルミナ・ブラーナ」等のコンサートでも高く評価されている。二期会会員
山下浩司  Yamashita Koji  (バスバリトン)
輝かしい美声と舞台上の存在感で旬の活躍を続ける俊英。ザルツブルク及びウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。二期会『フィガロの結婚』タイトルロール、『魔笛』パパゲーノ、『カプリッチョ』ラ・ロシュ、等に出演し好評を得た他、新国立劇場、びわ湖ホール・神奈川県民ホール共催オペラ、東京室内歌劇場、小澤征爾音楽塾(特別演奏会)、東京のオペラの森、サイトウキネン・フェスティバル松本等主要オペラ・プロダクションの舞台に登場している。二期会会員
河原忠之  Kawahara Tadayuki  (ピアノ)
ピアニストとしての年間ステージは100を超え、その幅広い音色,繊細な音楽表現には定評がある。今年6月にはヴェルディ『シモン・ボッカネグラ』を指揮するなど、オペラ指揮者としても活躍。2011年3月から、ひとりの作曲家の歌曲の世界を声で染め上げる「歌霊」シリーズを開催。 オペラ・カンパニーGruppo Kappa Opera主宰。国立音楽大学及び大学院准教授

協賛:アサヒビール株式会社 第一生命保険株式会社
平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ページの一番上へ