活動動画 公開中!

トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

SQW #155 クァルテット・ウィークエンド
2022 - 2023
©Satoshi Oono

【振替公演】
ウェールズ弦楽四重奏団
~ベートーヴェン・チクルスVI(全6回)

ついにチクルス完結!!

【振替公演】
*本公演は、2022年3月13日(日)公演の振替公演です。チケットをご購入のお客さまは、お手持ちのチケットで本公演を同じお席でご鑑賞いただけますので、チケットを大切に保管頂き、当日お持ちください。
ご希望のお客さまには、公演チケットの払戻しをさせていただきます。【払い戻し方法】


【新型コロナウイルス感染症対策とご来場前のお願い11月11日現在】はこちら
ご来場前に、必ずご確認いただけますようにお願いいたします。

基本情報

日時 2022年5月8日(日) 14:00開演(13:15開場)
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイト
出演 ウェールズ弦楽四重奏団
[﨑谷直人/三原久遠(ヴァイオリン) 横溝耕一(ヴィオラ) 富岡廉太郎(チェロ)]
曲目 ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 Op.18-2
弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 Op.18-5
弦楽四重奏曲 第12番 変ホ長調 Op.127
チケット

一般¥4,000 シニア¥3,500(60歳以上) U25¥1,500(25歳以下)

一般発売:2022年4月4日(月)11:00よりチケット発売

【チケット発売窓口】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~17:00)

チケットぴあ 

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プロフィール

ウェールズ弦楽四重奏団  Verus String Quartet
ウェールズ弦楽四重奏団
﨑谷直人(ヴァイオリン) Sakiya Naoto, violin
三原久遠(ヴァイオリン) Mihara Hisao, violin
横溝耕一(ヴィオラ) Yokomizo Koichi, viola
富岡廉太郎(チェロ) Tomioka Rentaro, cello

桐朋学園の学生により2006年結成。2008年ミュンヘン国際音楽コンクールクァルテット部門で、日本人のみで結成されるクァルテットとしては、東京クヮルテット以来38年ぶりの3位入賞を果たす。2010年よりバーゼル音楽院に留学。同年、京都・青山音楽賞受賞。2011年バーゼル・オーケストラ協会(BOG)コンクールにて"エクゼコー"賞受賞、第7回大阪国際室内楽コンクール第3位。
2012年バーゼル音楽院を修了し、2013年に帰国。東京・春・音楽祭、Hakuju Hall、紀尾井ホール、王子ホール、横浜みなとみらいホール、水戸芸術館等から招かれる。NHK「ベストオブクラシック」、「クラシック倶楽部」、「名曲アルバム」に出演。2017年からはiichiko総合文化センターでベートーヴェン全曲演奏(全6回)がスタートし、同時に全曲録音プロジェクトがfontecにて進行中。
2016年から第一生命ホールに毎年出演し続けており、2019年よりベートーヴェン全曲演奏会がスタート。紀尾井ホール「クァルテット+(プラス)」の全3回シリーズに出演中で、2019年3月の公演は、NHK「クラシック倶楽部」他で全国放送された。2016年神奈川フィル、2017年には名古屋フィルにソリストとして招かれ協奏曲を好演。
http://verusquartet.net/

ウェールズ弦楽四重奏団からのメッセージ

2019年から第一生命ホールでウェールズ弦楽四重奏団が取り組んできたベートーヴェン・チクルスも、今年でいよいよファイナルを迎えます。この素晴らしい機会を我々にくださったトリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール、チクルスを通してご来場頂いたお客様に心より感謝申し上げます。
我々は全曲演奏と並行し、全曲録音にも取り組んでおり、これまでに10曲がリリースされております。チクルス最後の2回では、既に録音を終えた曲目を演奏致しますが、音楽家が偉大な作品に取り組む上で最も大切な事は、常に新鮮な感性を持ち、未だ見ぬ可能性を追求して行く事だと思います。
第一生命ホールと共に歩んだウェールズ弦楽四重奏団の深化と、ベートーヴェンの持つ無限の可能性を最後まで感じて頂けたら幸いです。
また、全公演の最後に演奏する弦楽四重奏曲第12番op.127は、我々が第一生命ホール初登場で弾いた曲でもあり、思い出深い作品です。チクルスへの感謝を込めてお届け致します。
ウェールズ弦楽四重奏団

お客さまの声

【ベートーヴェン・チクルスI~IV公演アンケートより】

●初めてのウェールズびっくりしました。こんなベートーヴェンは初めて。

●長い時間SQを聴き続けると少しツラくなる時があるけど、ウェールズだけはいつまでも聴いていたい。複雑なガラス細工で築かれた建造物の内側で、静謐に灯る4つの青白い炎。ラズモフスキー第2楽章はエスプリの効いた4人の対話を聴くようだった♪

●とてもコントロールされた弱音の繊細さと美しさ、時にチェロなどが抒情性を感じさせる。ずっと聴いていたい、そういうコンサートを響きの好きな第一生命ホールで継続してくれるのはとても幸せ

●ウェールズ方面にさらに深化。演奏はこのくらい面白くてワクワクゾワゾワしなくちゃ面白くない。最初の音から「来なかったら後悔」のレベル。今年もどうもありがとう。

●純粋な美の陽炎のようなものが奏者から静かに立ち上って、客席ごと昇天出来そうな瞬間もあり。激しい部分では思わず身を乗り出したり両手を握りしめたりして聴いている。難しいけれど幸せ。

●高度な焚き火のような演奏会。禁欲的で瞑想的。特にヴィオラには打たれっぱなし。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を何故聴き続けたいのか。そこには時間の原型があり、すべてを見つめ直すことができるから。

●ウェールズはいつも違う景色を見せてくれる。繊細で丁寧で音楽って儚い一瞬の夢…と感じさせてくれる。余白の美。
協賛:第一生命保険株式会社
企業メセナ協議会の認定制度「This is MECENAT」 メセナ協議会Mマーク

動画公開

東京都の芸術文化支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト(ステージ型)」に採択され、2022年2月12日に第一生命ホールで開催された「ウェールズ弦楽四重奏団」の動画を公開中です。