トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

ライフサイクルコンサート 子どもといっしょにクラシック

第一生命ホール20周年記念20周年ロゴ 音楽と絵本コンサート『もりのピアノ』
~森にピアノが響くとき~

ステージ上のスクリーンに絵本「もりのピアノ」(いわむら かずお ひさかたチャイルド刊)を投影し、絵本の朗読をまじえ、クラシックの名曲をたっぷりお届けします。
7月20日(火)11:00よりチケット発売開始!!

【新型コロナウイルス感染症対策とご来場前のお願い】はこちら
ご来場前に、必ずご確認いただけますようにお願いいたします。

※そのほかの親子で楽しめるコンサートは こちら

基本情報

日時 2021年9月20日(月) 14:00開演(13:20開場/15:30終演予定)
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイト
出演 金子三勇士(ピアノ) 
河野彬(フルート) 
西村薫(クラリネット) 
方壁さをり(コントラバス) 
樋渡希美(打楽器) 
和田美菜子(朗読・うた)
曲目 第1部 みんなの想いがつまった音楽会
 ・J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番より「プレリュード」
 ・みんなもやってみよう!リズムあそび
 ・モンティ(副田真之介編曲):チャルダッシュ  ほか


第2部 音楽と絵本
ステージ上のスクリーンに絵本「もりのピアノ」(いわむら かずお ひさかたチャイルド刊)を投影し、絵本の朗読をまじえ、クラシックの名曲をたっぷりお届けします。(構成:金子三勇士&河野彬)
 ・J.シュトラウスII世:《クラップフェンの森で》 
 ・サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より《白鳥》《ぞう》 
 ・林光:赤とんぼ変奏曲 
 ・シュライナー:《だんだん小さく》
 ・ドビュッシー:「子供の領分」より《グラドゥス・アド・パルナッスム博士》
 ・シューマン=リスト:献呈 ほか
チケット

大人券¥2,500(中学生以上) 小学生¥1,000 4歳~6歳¥1,000
※4歳以上入場可能(公演当日の年齢)、チケットはお一人様一枚必要となります。
※全席指定/税込み
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

最大収容率100%でチケットを販売いたします。(一部、販売に制限を設けている席がございます。)
今後、状況によっては、変更をさせて頂きますので、予めご了承ください。


0~3歳のお子さまはホールにはご入場いただけません。
託児サービス(有料/事前申込制)をご用意しています。


一般発売: 7月20日(火)よりチケット発売開始

【チケット発売窓口】
トリトンアーツ・チケットデスク
 TEL:03-3532-5702(平日11:00~17:00)

チケットぴあ
〔Pコード:198-644〕

カンフェティ
TEL:0120-240-540(平日10:00~18:00)

【託児サービスのご案内(事前申込制/定員20名)】
公演チケットお申込前にご確認ください。
対象:0歳~3歳児
申込先:イベント託児®マザーズ(9月10日(金)17:00まで受付、ただし定員になり次第締切。)
TEL:
0120-788-222(平日10:00~12:00 13:00~17:00)
料金:¥1,000(税込) http://www.mothers-inc.co.jp/

託児サービスあり
オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!

プロフィール

金子三勇士  Kaneko Miyuji  (ピアノ)
1989年日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学、2001年からは11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学。
2006年に全課程取得とともに帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入する。東京音楽大学を首席で卒業、同大学院修了。
2008年、バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、数々の国際コンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。
これまでにゾルタン・コチシュ、小林研一郎、ジョナサン・ノット他と共演。国外でも広く演奏活動を行っている。
NHK-FM「リサイタル・パッシオ」に司会者としてレギュラー出演。 2019年5月には新譜CD「リスト・リサイタル」をリリースした。
コロナ禍でも、オンラインを活用したさまざまな企画を発信中。2021年は日本デビュー10周年を迎える。
キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。  
オフィシャルHP http://miyuji.jp/
(C)Ayako Yamamoto
河野彬  Kono Akira  (フルート)
東京音楽大学大学院修士課程を修了(修了演奏のテーマはJ.S.バッハと武満徹)。これまでにフルートを植村泰一、甲斐雅之、齊藤賀雄の各氏に、指揮を汐澤安彦氏に師事。M.ラリュー、J.ズーン、J-C.ジェラール、B.クイケン、工藤重典、白尾彰の各氏のマスタークラスを受講。現在、在京のオーケストラ、吹奏楽団への客演や、室内楽を中心とした演奏活動の他、2013年より出生の地、船橋市にて「河野彬コンサートシリーズ」を毎年開催している(コロナ禍により一時中断)。2019年には東京オペラシティにてリサイタルを開催し、汐澤安彦指揮の特別編成オーケストラとモーツァルトのフルート協奏曲第1番および第2番、J.S.バッハのブランデンブルグ協奏曲第5番を共演した。また、指揮者の和田一樹、水戸博之とも協奏曲を共演している。北九州国際音楽祭、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXIII、セイジオザワ松本フェスティバルに参加。他に、汐澤安彦氏指揮によるSIOフィルハーモニックウインドオーケストラを主宰し、すみだトリフォニーホール(2012年)、東京芸術劇場(2013年、2015年、2018年)にて演奏会を行い、いずれも好評を博した。また、新小岩にあるドレミファクトリーの企画運営に携わる。坪井の森音楽教室代表。
(C)RINZO
西村薫  Nishimura Kaoru  (クラリネット)
東京音楽大学卒業後、フランスへ留学し、オーベルヴィリエ・ラ・クールヌーヴ音楽院等で研鑽を積む。クラリネットを三木薫、故内山洋、A.ダミアン、M.ヴェルヴェル、J.コント、即興音楽をP.パニエの各氏に師事。帰国後はオーケストラの客演、室内楽や現代音楽の公演、即興ライヴ等の活動をしている。ランドゥ音楽コンクール(フランス)第1位、現代音楽演奏コンクール「競楽ⅩⅡ」ファイナリスト。練馬区演奏家協会会員。
方壁さをり  Houkabe Saori  (コントラバス)
12歳でコントラバスを始める。静岡県立沼津西高等学校芸術科音楽コースを経て、東京芸術大学を卒業。北九州音楽祭、小澤征爾音楽塾に参加。第7回飛騨河合音楽コンクール第3位。これまでにコントラバスを永島義男、黒木岩寿、西山真二、大庭芙由子の各氏に師事し、池松宏、石川滋、C.Rotaru、T.Barbe、T.Martin、A.Chirkovの各氏のマスタークラスを受講。日本各地のオーケストラ、室内楽、吹奏楽での演奏活動を主に後進への指導も行う。静岡交響楽団コントラバス奏者。静岡県立清水南高校非常勤講師。
(C)RINZO
樋渡希美  Hiwatashi Nozomi  (打楽器)
東京音楽大学を首席で卒業。シュトゥットガルト音楽演劇大学大学院に入学、ヤマハ音楽支援制度、並びにInterstip-Stipendium(ドイツ) の奨学生として奨学金を授与され、同大学院を満場一致の最高位修了。2020年アイントホーフェンTROMP国際打楽器コンクールにて第2位、およびヴィレム・フォス賞を受賞。第68回ARDミュンヘン国際コンクールにてセミファイナル出場、第14回イタリア国際打楽器コンクール・マリンバ部門第2位、第34回日本管打楽器コンクール・マリンバ部門入賞。YAMAHAおよびKolberg Percussionアーティストとしてドイツのシュトゥットガルトを拠点に演奏活動を行なっている。
和田美菜子  Wada Minako  (朗読・うた)
洗足学園音楽大学附属高校音楽科ヴァイオリン専攻を経て、洗足学園音楽大学声楽専攻卒業。東京二期会オペラ研修所第62期マスタークラス修了。東京二期会主催「二期会 新進声楽家の夕べ」出演。オペラでは『魔笛』ダーメI、『愛の妙薬』ジャンネッタ、『ラ・ボエーム』ムゼッタ、『フィガロの結婚』スザンナ、『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージを演じる。静岡交響楽団『0歳から入れるクラシックコンサート』にて歌のお姉さんとして共演。他、群馬交響楽団では音楽会MCとして出演するなど幅広く活動している。
協賛:第一生命保険株式会社
企業メセナ協議会の認定制度「This is MECENAT」 メセナ協議会Mマーク
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会文化庁ロゴ
後援:東京都/中央区・中央区教育委員会/江東区教育委員会
 *東京都と第一生命保険はワイドコラボ協定を結んでいます
協力:株式会社 ひさかたチャイルド/イベント託児®マザーズ/いわむらかずお絵本の丘美術館
※会場で撮影した写真などは、団体としての広報や報道目的で使用する場合があります。