トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

基本情報

日時 2020年11月7日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイトPDF
出演 ミロ・クァルテット
[ダニエル・チン/ウィリアム・フェドケンホイヤー(ヴァイオリン) ジョン・ラジェス(ヴィオラ) ジョシュア・ジンデル(チェロ)
曲目 ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132
弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130/133「大フーガ付」
チケット

単独券
 一般¥5,000 シニア¥4,500(60歳以上) U25¥1,500(25歳以下)
ミロ3公演セット券
 一般¥14,400 シニア¥12,900(60歳以上)
一般発売:2020年5月発売予定(発売初日のみ10:00~受付開始)
※セット券はトリトンアーツ・チケットデスクのみにて発売
※ミロ3公演セット券の詳細は、
【I】 2020年11月3日(火・祝)14:00開演 こちら
【III】 2020年11月8日(日)14:00開演 こちら


SQW8公演セット券
 一般¥31,000 シニア¥27,000(60歳以上)
一般発売:2020年2月19日(水)(発売初日のみ10:00~受付開始)
※セット券はトリトンアーツ・チケットデスクのみにて発売
※SQW8公演セット券の詳細は、こちら


【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ (単独券:一般、シニア、U25のみ取扱い)
セブン-イレブン、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999

カンフェティ (単独券:一般、シニア、U25のみ取扱い)
TEL:0120-240-540(平日10:00~18:00)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!

プロフィール

ミロ・クァルテット  Miró Quartet
ダニエル・チン(ヴァイオリン) 
Daniel Ching, violin
ウィリアム・フェドケンホイヤー(ヴァイオリン) 
William Fedkenheue, violin
ジョン・ラジェス(ヴィオラ) 
John Largess, viola
ジョシュア・ジンデル(チェロ) 
Joshua Gindele, cello

アメリカで最も著名な弦楽四重奏団の一つ。世界中の権威ある舞台で演奏し続けている。オースティンを拠点として、名高い音楽シーンを総なめにし、室内楽の長きにわたる伝統を開拓すると同時に様々なバックグラウンドを持つ聴衆とコミュニケーションをとる新たな道を切り開いていくことを得意とする。
2019年シーズンに25周年をむかえ、弦楽四重奏の伝統に敬意を払いつつ、室内楽と弦楽四重奏の将来にも目を向けた幅広いレパートリーを演奏する。ベートーヴェン生誕250周年を記念して、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲録音を完結しペンタトーンからボックスセットをリリース、チェンバー・ミュージック・ノースウェストで全曲演奏。フロンザリー、クナイゼル、コーリッシュ各四重奏団による歴史的なプログラムを再演するなどしてアメリカの弦楽四重奏に敬意を表する「アーカイブ・プロジェクト」を継続しており、カーネギー・ヴァイル・ホール、ワシントンのアメリカ議会図書館他で演奏。またミロ・クァルテットに捧げられた、ピュリッツァー受賞作曲家ケヴィン・プッツによる新作を、オーカス・アイランド室内楽フェスティバルで世界初演、チェンバーミュージック・デトロイト、チェンバー・ミュージック・タルサでも演奏。
1995年結成、バンフ、ナウンバーグなどの国際弦楽四重奏コンクールで優勝。2003年よりテキサス大学オースティン校バトラー音楽院のクァルテット・イン・レジデンス教員を務める。2005年エイヴリー・フィッシャー・キャリア・グラントをアンサンブルとして初めて受賞した。
https://miroquartet.com/
©Tania Quintanilla
協賛:第一生命保険株式会社