トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

ライフサイクルコンサート #71 育児支援コンサート
~子どもを連れて、クラシックコンサート
昨年の様子 ⓒ福音館書店
「親子一緒に音楽鑑賞したい!!!」
「子どもにも、本物のクラシック音楽を聴かせたい!!」
「たまには大人だけでゆっくりコンサートを楽しみたい!」
・・・・・・そんな願いを叶えるコンサート。
ご家族揃ってお出かけになりませんか?

※そのほかの親子で楽しめるコンサートは こちら

基本情報

日時 2012年3月24日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ
 朝吹元、荒庸子、海野幹雄、玉川克、灘尾彩、丸山泰雄、三森未來子、渡邉辰紀
原きよ(朗読)
曲目 <第1部>(約30分)
【大人のためのコンサート~丸山泰雄チェロ・リサイタル~】
 (小学生からホールで聴いて頂きます)
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード
 黛敏郎:無伴奏チェロによる「文楽」
 Z.コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタop.8よりフィナーレ
 G.ソッリマ:ラメンタツィオ
【子どものための音楽スタジオ】
 (2005年4月2日~2008年4月1日生まれの幼児対象)
 年齢順に4部屋に分かれてチェロによる楽しい音楽体験をします。

<第2部>(約40分)*4歳以上のお子さまもホールで一緒に楽しみます
【チェロアンサンブルを聴こう】
 D.フンク:組曲二長調
 G.ソッリマ:ヴィオロンセル、ヴィブレ!~2本のチェロと弦楽のためのバラード
 (第1ソロ・チェロ丸山泰雄  第2ソロ・チェロ渡邊辰紀)
【音楽と絵本】
 「銀河鉄道の夜」(作:宮沢賢治 絵:清川あさみ 出版:リトルモア)

<アンコール>
バーンスタイン:トゥナイト
ドヴォルザーク:わが母の教え給いし歌
チケット

全席指定 大人¥2,000(中学生以上) 小学生¥1,000 
4~6歳¥1,000(2005年4月2日~2008年4月1日生まれの幼児対象)
※4~6歳券は完売いたしました。

一般発売:12月8日(木)発売開始(発売初日のみ10:00~)

※全席指定/税込み
※4歳以上入場可能(2012年4月1日時点のご年齢)
※チケットはお1人様1枚必要です(お子様にもチケットが必要です)。
※0歳~4歳未満(2012年4月1日時点のご年齢)のお子様は第1部、第2部ともにホールにはご入場いただけません。無料の託児サービスをご用意しています(事前予約制)。ご希望の方はトリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスクまでお電話下さい。
※オンライン予約では座席指定をシステムにお任せいただいております(ご予約受付順に配席)。お座席のご希望がある方はお電話にてお申し込み下さい。

託児サービスあり

プロフィール

スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ  
「日本が世界に誇るチェロ・アンサンブル」を目指して。
このコンセプトのもと、2000年10月に日本のトップ・チェロプレイヤーが集まって結成されたのがこのスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウです。
編成は曲目、ホールのキャパシティに応じて4人、8人、12人に変化、レパートリーはバロックから現代、クラシックからポップスまで、極めて多岐にわたり、幅広いプログラミングが可能です。リーダー丸山泰雄をはじめとして、メンバーは全員がコンクール優勝者もしくは上位入賞者で、ソリストや、室内楽のトップ・アーティスト、主要オーケストラ奏者として活躍するプレイヤー。その豊かな音色とアンサンブルは、正に一聴に値し、2000年11月の結成コンサートではホールに入場できなかったお客様のためにステージ上に仮設客席を設置、大変な盛り上がりの中、デビューを飾りました。チェロならではの魅惑的な音色、その音色が織りなす幻想的かつ夢のようなアンサンブルの響き、室内楽コンサートや、初めてクラシックをお聴きになる方にも最適です。
原きよ    (朗読)
フリーアナウンサー・朗読家
元OBS大分放送アナウンサー。 朗読を長谷由子に師事。太宰治作品朗読に力を入れ、三鷹市を拠点に太宰生誕の地、青森県五所川原市金木や、山梨県甲府市など、太宰ゆかりの地や場所でライブ活動を展開。一方で、幅広い世代のための童話や絵本の朗読、日本語のリズムや言葉の美しさを伝えるための童謡詩のライブを企画、出演する。近年は、実演も含めた朗読の楽しさを伝える講演会、また、音楽家との共演によるコンサート出演も多く、朗読で広がるご縁、絆に深く感謝しながら、活動の場を広げている。
「今回のコンサートへの初出演、とても嬉しく、ホールデビューのお友達と同じ気持ちでワクワクしています。楽しく素敵な時間を過ごしましょう。」