活動動画 公開中!

トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

ライフサイクルコンサート 子どもといっしょにクラシック

基本情報

日時 2023年2月18日(土) 14:00開演(13:20開場/15:30終演予定)
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイト
出演 小川典子(ピアノ) 
「道」クヮルテット(弦楽四重奏)[舘市正克(第1ヴァイオリン) 立林 勉(第2ヴァイオリン) 清水潤一(ヴィオラ) 林 一公(チェロ)] 
森田樹優(朗読)
曲目 第1部 いろいろな楽器の音色を聴いてみよう (楽器紹介もあるよ)
 ・モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第1楽章(弦楽四重奏)
 ・フォーレ:夢のあとに(チェロ)
 ・メンデルスゾーン:歌の翼に(ヴィオラ)
 ・ベートーヴェン:メヌエット ト長調(第2ヴァイオリン)
 ・モンティ:チャルダッシュ(第1ヴァイオリン)
 ・エルガー:「威風堂々」第1番(ピアノ)

第2部 音楽と絵本
ステージ上のスクリーンに絵本「こんとあき」(林明子 さく 福音館書店刊)を投影し、絵本の朗読をまじえ、クラシックの名曲をたっぷりお届けします。(音楽構成:小川典子)
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタK310より
 ・ブルグミュラー:25の練習曲より「貴婦人の乗馬」「心配」 
 ・ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲より
 ・中田喜直:汽車ははしるよ
 ・山田耕筰:ペチカ ほか
チケット

大人¥2,500(中学生以上) 小学生¥1,500  4~6歳¥1,500
※4歳以上入場可能(公演当日の年齢)、チケットはお一人様一枚必要となります。
※0~3歳のお子さまはホールにはご入場いただけません。託児サービス(有料/事前申込制)をご用意しています。
※全席指定/税込み
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※車椅子での鑑賞を希望される方は、トリトンアーツ・チケットデスクまでお電話にてお問合せください


一般発売:2022年12月14日(水)11:00よりチケット発売

【チケット発売窓口】
◎トリトンアーツ・チケットデスク
 TEL:03-3532-5702(平日11:00~17:00)

【託児サービスのご案内(事前申込制/定員20名)】
公演チケットお申込前にご確認ください。
対象:0歳~3歳児
申込先:イベント託児®マザーズ(2月10日(金)17:00まで受付、ただし定員になり次第締切。)
TEL:
0120-788-222(平日10:00~12:00 13:00~17:00)
料金:¥1,000(税込) http://www.mothers-inc.co.jp/

託児サービスあり
オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!

プロフィール

小川典子  Ogawa Noriko  (ピアノ)
リーズ国際ピアノコンクール入賞以来30年以上、英国と日本を拠点に世界の主要オーケストラ・指揮者との共演や、室内楽、リサイタル等で世界各国へ演奏旅行を行う他、国際的なコンクールでの審査、各国でのマスタークラスなど、国際的で多彩な活動を展開中。
BISより40枚近いCDを発売。2021年には世界初録音のR.ドゥヴニオン「クライスレリアーナ」、「サティ:ピアノ独奏曲全曲集Vol.4"ルラーシュ・シネマ″」等が次々と発売された。
2013、14年にはBBCプロムスへ連続出演。その後ポーランド放送響、モスクワ放送響、サンクトペテルブルグ響、BBC響など英国ツアーのソリストとして共演。またイギリス、フランス、ドイツ、ポーランド、韓国を始め数々の音楽祭にも招聘され、リサイタルやマスタークラスを行う。
リーズ国際、グリーグ国際、クリーブランド国際コンクール審査員。浜松国際ピアノアカデミー音楽監督。浜松国際ピアノコンクール審査委員長。国際音楽コンクール世界連盟役員。英国ギルドホール音楽院教授。東京音楽大学特任教授。ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー。ジェイミーのコンサート主宰。NAS英国自閉症協会文化大使、イプスウィッチ管弦楽協会名誉パトロン。
文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞、川崎市文化賞受賞。
2017年11月にはこれまでの貢献をたたえて英国ギルドホール音楽院より「フェロー」の称号が授与された。
著書「夢はピアノとともに」。訳書「静けさの中から」。
オフィシャルHP http://www.norikoogawa.com/
(C)Patrick Allen Opera Ommia
「道」クヮルテット    (弦楽四重奏)
1981年ヴァイオリンの舘市正克を中心に各音大在学中のメンバーで結成。
長く、どこまでも、すみずみまで続く「道」という言葉に、幅広く長い活動への願いを込めて「道」クヮルテットと名付けた。1988年読響現役メンバーのみで改めて結成。
オーケストラの活動の合間を縫って「音楽の素晴らしさを広めていくこと」と「名曲だがあまり演奏されない室内楽曲を実演する」をモットーに活動している。
リサイタルは1992年・サントリー(小)、1998年・王子ホールでは小川典子を招きショーソンの名曲「ピアノ、ヴァイオリンとクヮルテットのための協奏曲」などを共演し、2006年2月ミューザ川崎の「MUZA Winter Box ~音楽の贈りもの~」でも小川典子と共演し、好評を博す。1998年NHKの「FMリサイタル」に出演。日本各地にてストリングクヮルテットの魅力と音楽の楽しさの普及を行っている。


舘市正克
舘市正克(第1ヴァイオリン) Tateichi Masakatsu

東京音楽大学付属高校より同大学卒、読売新人演奏会に出演。1980年より東京交響楽団ヴァイオリン首席奏者、1984年から2022年 読売日本交響楽団に在籍。現在、琉球フィルハーモニックなどのゲスト・コンサーマスター。1994年アフィニス文化財団の海外研修員としてロンドンに留学。World Orchestra For Peaceに日本代表として1998年バーデンバーデン公演、2000年BBCプロムスに出演。東京音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。

立林勉
立林 勉(第2ヴァイオリン) Tatebayashi Tsutomu

1971年武蔵野音楽大学ヴァイオリン科卒業。ヴァイオリンを福田雄二、多久興の各氏に師事。卒業と同時に、ヴァイオリン奏者として読売日本交響楽団に入団。在籍37年。60歳で定年後、エルダー楽員として4年間読響に残り、現在は、エルダー楽員修了。室内合奏団、カルテット、で活躍中 1998年9月、NHK・FMリサイタルに出演。

清水潤一
清水潤一(ヴィオラ) Shimizu Junichi

1977年武蔵野音楽大学音楽部音楽学科を卒業。同年、同大学ヴィオラ科に入学。音楽学を永田仁氏に、ヴィオラを磯良男氏に師事し、室内楽をルイ・グレラー氏に師事。1979年読売日本交響楽団に入団。読響メンバーによる室内合奏団や室内楽で活躍中。

林一公
林 一公(チェロ) Hayashi Kazumasa

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業後、1997年読売日本交響楽団に入団。2002年アフィニス文化財団海外研修員としてドイツのバンベルグで1年間研鑽を積む。これまでにチェロを長瀬冬嵐、松波恵子、マティアス・ランフトの各氏に、室内楽を北本秀樹、店村眞積、景山誠治、末吉保雄の各氏に師事。室内楽やソリストとしても活躍中。
森田樹優  Morita Kiyu  (朗読)
<ナレーション>
【TBS】「爆笑問題 バク天」、【CX】「笑う犬の冒険」(PR)「少年頭脳カトリ」「サタスマ」(どくぴる役)

<アニメ、吹き替えなど>
「爆転シュート・ベイブレード」(ユーリ役)「あたしンち」(新田役)「時空探偵ゲンシくん」(トキオ役)「クレヨンしんちゃん」(宇集院摩朱麿役)「ノンタンといっしょ」(くまくん役)「黄金勇者ゴルドラン」(カズキ役)「勇者エクスカイザー」(タクミ役)「聖戦士ロビンJr.」(桃若神子役)「黒魔女さんが通る!!」(七福亭笑多役)
【ディズニーチャンネル】「プレイハウス・ディズニー/ ハロー・ボックス」(ハグ役)

<講師>
J.ボイスタレント・プロフェッショナルスクール、横浜デジタルアーツ専門学校、パーソナルボイストレーナーとして幅広く指導
-絵本読み聞かせ講座講師-
ひの社会教育センター、横浜保育福祉専門学校、桜美林大学オープンカレッジ、桜美林学園エクステンション講座

<著作書籍>
歌える絵本「月のブランコ」、CD「木登りの三日月ひとつ取れなくて」
※「ニジノ絵本屋」「ニジノ絵本屋」店舗・Webにて発売中!

<朗読>
「黒猫コンサート」「Noriko's Day Vol.2」では小川典子さんと共演
「劇場へようこそ!首藤康之✖️中村恩恵with梅田俊明&東京交響楽団~子どもたちに贈るセレナーデ」

<その他>
自身のくまのぬいぐるみで相棒である「リトルQ」の活動も行っている。
【ACROSS FRONTIER公式 Youtubeチャンネル】アニメ「リトルQのうた」他
協賛:第一生命保険株式会社
企業メセナ協議会の認定制度「This is MECENAT」 メセナ協議会Mマーク
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会文化庁ロゴ
後援:東京都/中央区・中央区教育委員会/江東区教育委員会
 *東京都と第一生命保険はワイドコラボ協定を結んでいます
協力:福音館書店/イベント託児®マザーズ
※会場で撮影した写真などは、団体としての広報や報道目的で使用する場合があります。