トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

基本情報

日時 2021年6月5日(土) 14:00開演/13:15開場
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイト
出演 トリトン晴れた海のオーケストラ
【コンサートマスター】矢部達哉

【ピアノ】小山実稚恵

トリトン晴れた海のオーケストラ メンバー
【コンサートマスター】矢部達哉
【ヴァイオリン】双紙正哉 会田莉凡 景澤恵子 小関郁* 塩田脩 戸上眞里 直江智沙子 松浦奈々 三原久遠 渡邉ゆづき
【ヴィオラ】篠﨑友美 瀧本麻衣子* 福田道子* 村田恵子
【チェロ】山本裕康 清水詩織 森山涼介
【コントラバス】吉田秀 佐野央子
【フルート】小池郁江 斎藤光晴
【オーボエ】広田智之 池田昭子
【クラリネット】三界秀実 糸井裕美子
【ファゴット】岡本正之 岩佐雅美
【ホルン】西條貴人 和田博史
【トランペット】高橋敦 中山隆崇
【ティンパニ】岡田全弘
*トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール主催《アドヴェントセミナー》《室内楽アウトリーチセミナー》修了生

※やむを得ず、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
曲目 モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 K527
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 Op.58 ピアノ:小山実稚恵
モーツァルト:交響曲 第38番 ニ長調 「プラハ」 K504
チケット

S席¥6,500 A席¥5,500 B席¥4,500 U25¥1,500(25歳以下)
政府による緊急事態宣言が3月21日に解除されたため、宣言解除後のイベント開催要件を踏まえ、収容率100%でチケット販売を開始いたします。(一部、販売に制限を設けている席がございます。)
今後、状況によっては、変更をさせて頂きますので、予めご了承ください。


一般発売:2021年4月6日(火)11:00より一般発売開始

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~17:00)

チケットぴあ
〔Pコード:193-840〕

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

オンライン予約:ご予約・ご購入についてはこちらから!

プロフィール

トリトン晴れた海のオーケストラとは  
トリトン晴れた海のオーケストラ認定NPO法人トリトン・アーツ・ネットワークが2015年6月に立ち上げた、第一生命ホールを拠点とする室内オーケストラ。地域に密着した最高峰の室内オーケストラをめざし、第一生命ホールが位置する中央区晴海にちなんで名づけられた。コンサートマスター矢部達哉のもとに集ったメンバーで、指揮者を置かず、室内楽の延長のような、自発的で研ぎ澄まされたアンサンブルを特徴とする。トリトンアーツの若手演奏家支援プログラム「アドヴェントセミナー」「室内楽アウトリーチセミナー」出身の演奏家も参加。
2015年~2017年は第一生命ホールで、モーツァルトの「3大交響曲」を中心としたプログラムで定期演奏会を行うほか、2016年には東京オペラシティコンサートホールでの横山幸雄ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲演奏会に出演、絶賛された。2018年より3年間にわたり、ベートーヴェン・チクルスを継続中(2020年6月開催を予定していた「第九」公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期。2021年11月27日に開催を予定している)。
チクルス第1回はNHK-FM他、BBCラジオ3(イギリス)など海外でも放送、高評価を得た。
矢部達哉  Yabe Tatsuya  (コンサートマスター)
1968年東京生まれ。桐朋学園ディプロマコース修了後、90年22歳の若さで東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターに抜擢される。97年、NHK「あぐり」のテーマ演奏で大きな反響を呼ぶ。室内楽、ソロでも活躍し、小澤征爾、若杉弘、フルネ、クレー、デプリースト、インバル、ベルティーニ等の著名指揮者と共演。2009年、音楽の友4月号では、読者の選んだ“私の好きな国内オーケストラのコンサートマスター”で1位に選ばれ、2016年文藝春秋2月号で「日本を元気にする逸材125人」の一人に選ばれている。94年度第5回出光音楽賞、平成8年度村松賞、96年第1回ホテルオークラ音楽賞受賞。ソニークラシカル、オクタヴィア・レコードよりCDが発売されている。
(c)大窪道治
小山実稚恵  Koyama Michie  (ピアノ)
実力・人気ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー、ショパンの二大コンクールに入賞した唯一の日本人ピアニスト。2006年~17年までの『12年間・24回リサイタルシリーズ』は、演奏内容と企画性において高い評価を受けた。19年から『ベートーヴェン、そして…』が全国6都市でスタート。国内外の主要オーケストラ、国際的指揮者との共演も数多い。仙台で被災地活動の一環として自ら企画立案したプロジェクトを毎年行う。CDはソニーと専属契約を結び、20年にリリースされた31枚目となる自身初のベートーヴェンのソナタ録音『ハンマークラヴィーア・ソナタ 他』は、「レコード芸術」の特選盤に選ばれた。著書に『点と魂と』。20年、平野昭氏との二冊目の共著『ベートーヴェンとピアノ 限りなき創造の高みへ』を出版。17年度紫綬褒章受章。
(C)Hiromichi Uchida
協賛:第一生命保険株式会社