トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

ライフサイクルコンサート #110 子どもを連れてクラシック

子育て支援コンサート『うきわねこ』

「親子一緒に音楽鑑賞したい!!!」
「子どもにも、本物のクラシック音楽を聴かせたい!!」
「たまには大人だけでゆっくりコンサートを楽しみたい!」
・・・・・・そんな願いを叶えるコンサート。
ご家族揃ってお出かけになりませんか?

過去の公演の様子
過去の公演の様子©池上直哉


※そのほかの親子で楽しめるコンサートは こちら

基本情報

日時 2015年3月7日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイト
出演 吉野直子(ハープ) 佐久間由美子(フルート) 川田知子(ヴァイオリン) 
村松龍(ヴィオラ) 長谷部一郎(チェロ) 渡辺真理(朗読)
曲目 【第1部】(約30分)
◎大人のためのコンサート ~吉野直子リサイタル ハープの世界~
 (小学生からホールで聴いて頂きます)
 J.B.ルイエ(グランジャニー編):トッカータ
 ハチャトゥリアン:ハープのための2つの小品
 サルツェード:つむじ風
 リスト(ルニエ編):愛の夢 第3番
 トゥルニエ:朝に

過去の公演の様子◎子どものための音楽スタジオ
 (2008年4月2日~2011年4月1日生まれの幼児対象)
 年齢順に4部屋に分かれて楽しい音楽体験をします


【第2部】(約40分)
4歳以上のお子さまもホールで一緒に楽しみます

◎色々な楽器のアンサンブルをきこう!
 グランジャニー:いたずらっ子
         ~組曲「子供の時間」より(ハープ・ソロ)
 イベール:間奏曲
 フランセ:スケルツォ ~五重奏曲 第1番より

◎音楽と絵本:「うきわねこ」
 [ぶん:蜂飼耳/え:牧野千穂/ブロンズ新社]
  えびおのお誕生日に、おじいちゃんからとどいたうきわ。
  それは、ただのうきわではありませんでした。
  待ちに待った満月の夜に、えびおがうきわをふくらませると……?
チケット

全席指定 大人¥2,000(中学生以上) 小学生¥1,000 
4~6歳¥1,000(2008年4月2日~2011年4月1日生まれの幼児対象)
※4歳以上入場可能(2015年4月1日時点のご年齢)
※チケットはお1人様1枚必要です(お子様にもチケットが必要です)。
※全席指定/税込み

※0歳~3歳(2011年4月2日以降生まれ)のお子様は第1部、第2部ともにホールにはご入場いただけません。託児サービス(有料/事前申込制)をご利用ください。

発売開始:2014年12月3日(水)(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)
※オンライン予約では座席指定をシステムにお任せいただいております(ご予約受付順に配席)。
 お座席のご希望がある方はお電話にてお申し込み下さい。



【託児サービスのご案内(事前申込制/定員20名)】
公演チケットお申込前にご確認ください。
対象:0歳~3歳児
申込先:イベント託児®マザーズ(3月6日(金)17:00まで受付、ただし定員になり次第締切。)
TEL:
0120-788-222(平日10:00~12:00 13:00~17:00)
料金:¥1,000(税込) http://www.mothers-inc.co.jp/

託児サービスあり

プロフィール

吉野直子  Yoshino Naoko  (ハープ)
世界のハープ界で最も注目されている逸材。第9回イスラエル・コンクールに17歳で優勝。ベルリン・フィル、イスラエル・フィル、フィラデルフィア管、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスなどのトップ・オーケストラおよび小澤、アーノンクール、ブーレーズ、アバドほか世界的指揮者と共演、また、ギドン・クレーメル、ヴェロニカ・ハーゲン、クレメンス・ハーゲン、ウォルフガング・シュルツ、エマニュエル・パユ、ジャック・ズーン等一流アーティストとの室内楽、ザルツブルク、ルツェルンはじめ主要音楽祭への参加など華やかに活躍。サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団、ルツェルン・フェスティヴァル・オーケストラにも参加。数々のCDも高く評価されている。上野学園特任教授。

吉野直子オフィシャル・ホームページ http://www.naokoyoshino.com/
©武藤章
佐久間由美子  Sakuma Yumiko  (フルート)
1984年パリ国立音楽院を満場一致のプルミエ・プリを得て卒業。83年ランパル国際コンクール第1位、およびジョゼフ・ランパル賞を受賞。84年ボルドー国際フェスティバル金メダル受賞。85年第1回神戸国際フルートコンクール第2位入賞。以後、ソリストとして活躍するほか、N響をはじめ日本各地の主要オーケストラと数多く協演している。特に室内楽の分野では、フルート音楽の可能性を探る意欲的な活動が高く評価され、わが国を代表するフルーティストとして常に大きな注目を集めている。現在、国立音楽大学客員教授。89年度村松賞、92年モービル音楽賞奨励賞受賞。
川田知子  Kawada Tomoko  (ヴァイオリン)
東京芸術大学を首席で卒業。1991年第5回シュポア国際コンクール優勝。国内外のオーケストラのソリストとして活躍し、サンクトペテルブルグやブダペストでの演奏会でも絶賛を博している。2003年度、第33回エクソンモービル音楽賞、洋楽部門奨励賞受賞。平成15年度国際交流基金日本文化紹介派遣事業でトルコ及びエジプトでリサイタルを行う。チェンバロの中野振一郎とのデュオの外、様々な器楽奏者との共演に意欲的に取り組んでいる。マイスター・ミュージックより6枚のCDが発売され、最新盤は福田進一(ギター)との「我が懐かしのブエノスアイレス」(レコード芸術2013年12月号特選盤)。宮崎国際音楽祭には毎年参加。洗足学園音楽大学講師。

川田知子オフィシャル・ホームページ http://www.tomoko-kawada.com/
©Junichi Ohno
村松龍  Muramatsu Ryo  (ヴィオラ)
東京音楽大学付属高等学校を経て同大学卒業。卒業時に読売新人演奏会出演。第49回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部第2位。大阪国際コンクール最高位。東京音楽大学コンクール1位。沖縄国際音楽祭、若い人のためのサイトウ・キネン室内楽勉強会、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトなどに参加。これまでにヴァイオリンを井上將興、清水高師、久保陽子、ヴィオラを店村眞積、河合訓子の各氏に師事。NHK交響楽団アカデミーを経て現在NHK交響楽団次席代行ヴィオラ奏者。
室内楽奏者として国内外の著名な演奏家と共演している。
長谷部一郎  Hasebe Ichiro  (チェロ)
1970年名古屋生まれ、4歳からチェロを始める。94年名古屋大学経済学部経済学科卒業。95年桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了。第64回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、あわせて松下賞を受賞。96年からサイトウキネンフェスティバル松本に参加。2003年より新日本フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラー、2006年より東京都交響楽団員。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、桐朋学園オーケストラと共演。倉田澄子、堤剛、山崎伸子、中島顕、P・ミュレール、M・ブルネロの各氏に師事

長谷部一郎ブログ
http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/
渡辺真理  Watanabe Mari  (朗読)
神奈川県横浜市生まれ。国際基督教大学卒業後、TBSにアナウンサーとして入社。
「モーニングEye」「筑紫哲也 NEWS23」などの番組を担当。
98年フリーに。テレビ朝日「ニュースステーション」に番組終了まで出演。
現在はBS朝日「EyeSight presents 恋するドライブ」(毎週水曜23:29~24:00)
BS JAPAN「Wのチカラ ウーマノミクス」(毎週土曜8:30?8:59)他、テレビ、ラジオ、雑誌など幅広く活躍中。

渡辺真理のウェブサイト http://watanabemari.com/

サポーター(ボランティア・スタッフ)募集

子育て支援コンサート
サポーター(ボランティア)大募集!

子育て支援コンサートサポーター大募集
協賛:第一生命保険株式会社
後援:中央区・中央区教育委員会
協力:株式会社ブロンズ新社
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

※会場で撮影した写真などは、団体としての広報や報道目的で使用する場合があります。