トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

ライフサイクルコンサート #67 昼の音楽さんぽ
[10周年の10days]
©Christian Lanz
[10周年の10days]

第7回
カルミナ四重奏団
~クラシック・グレイテスト・ヒッツ~

平日お昼の60分、晴海・第一生命ホールで音楽を楽しんでみませんか?
世界最高峰のクァルテット、カルミナ四重奏団がおくる名曲の数々。
パッヘルベル『カノン』、ヴィヴァルディ『春』、ドヴォルザーク『アメリカ』などを経て綴る、300年間のクラシック界のヒット曲を弦楽四重奏で。

基本情報

日時 2011年11月17日(木) 11:30開演
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイトPDF
出演 カルミナ四重奏団
マティーアス・エンデルレ/スザンヌ・フランク(ヴァイオリン) ウェンディ・チャンプニー(ヴィオラ) シュテファン・ゲルナー(チェロ)
曲目 パッヘルベル:カノン ニ長調
ヴィヴァルディ:『四季』~「春」より第1楽章
ホフシュテッター(伝ハイドン):弦楽四重奏曲ヘ長調op.3-5『セレナーデ』より第2楽章
ボッケリーニ:ギター五重奏曲第4番より「ファンダンゴ」(弦楽四重奏版)
モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第1楽章
ハイドン:弦楽四重奏曲『皇帝』より第2楽章
シューベルト:弦楽四重奏曲『死と乙女』より第2楽章
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲『アメリカ』より第4楽章
ジミ・ヘンドリックス:パープル・ヘイズ

<アンコール>
ハイドン:弦楽四重奏曲op.76-5より第4楽章

*演奏者の希望により、曲目の追加がございました。
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
チケット

一般¥1,500 2公演セット券¥2,500(第7・8回)

一般発売:2011年6月30日(木)発売予定(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスク  TEL:03-3532-5702
チケットぴあ TEL0570-02-9999(Pコード138-618)(セット券を除く)
東京文化会館チケットサービス TEL03-5685-0650(10:00-19:00/休館日を除く)(セット券を除く)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※託児サービス(0歳~未就学児)あり。(公演5日前までの申込制/お子さま1名につき¥2,000)
※2公演セット券は「昼の音楽さんぽ 第8回 山本貴志 ピアノ・リサイタル」(2012年2月2日(木))とのセットです

託児サービスあり

プロフィール

カルミナ四重奏団  Carmina Quartet
マティーアス・エンデルレ(ヴァイオリン) Matthias Enderle, violin
スザンヌ・フランク(ヴァイオリン) Susanne Frank, violin
ウェンディ・チャンプニー(ヴィオラ) Wendy Champney, viola
シュテファン・ゲルナー(チェロ) Stephan Goerner, cello

カルミナ弦楽四重奏団は25年もの間世界各地のコンサートステージを巡り、バラエティに富んだレパートリーと確固たる音楽性に裏付けされた国際的な名声を欲しいままにしている。濃厚な感情表現、軽々と見せる完璧な演奏、そして様式への誠実性が、1984年にスイスで結成されたこの弦楽四重奏団の相変わらずの特性である。結成早々に数々の国際コンクールで入賞を重ね、各国の紙面の見出しを飾ったことから国際的な活動が始まり、ファイナンシャル・タイムズ紙に“将来は約束された”と書かれた通り、世界トップクラスの弦楽四重奏団としての地位を確固たるものにしている。
シャンドル・ヴェーグ、アマデウス弦楽四重奏団とラサール弦楽四重奏団メンバー、そして古楽器奏法への強い関心を育ませたニコラウス・アーノンクールに師事。幅広い弦楽四重奏のレパートリーのほか、内田光子、エマニュエル・パユ、トゥルルス・モンク、ザビーネとヴォルフガング・マイヤー、アントニオ・メネセス、ヴェロニカ・ハーゲン、オラフ・ベーア、ヴォルフガング・ホルツマイアーやグザヴィエ・ドゥ・メストレといったアーティストたちとも共演している。
これまでにDENONから数々のCDをリリースしており、それらの多くはグラモフォン賞、ディアパソン誌賞、ドイツ・レコード大賞を受賞、またグラミー賞にノミネートされるなど話題を集めた。最新CDには、ソニーから2010年にリリースされたモーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲(共演:ヴォルフガング&ザビーネ・マイヤー)、ボッケリーニのギター五重奏曲(共演:ロルフ・リズレヴァント)、そしてDENONからリリースされたバルトークの弦楽四重奏曲第1番、第2番と、シューマンのピアノ五重奏曲とシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」(共演:田部京子)がある。田部京子との共演のシューマンとシューベルトのCDは、日本の2008年レコード・アカデミー賞を受賞している。引き続き、田部京子との共演でDENONからブラームスのピアノを含む室内楽作品集をリリースする予定である。
チューリッヒ芸術大学のレジデント・クァルテットとして、豊かな経験と芸術性を次世代の音楽家たちに伝授するべく後進の指導にあたっている。
カルミナ四重奏団オフィシャルホームページ (独・仏語のみ)
Christian Lanz

カルミナ四重奏団からのメッセージ

何世紀にもわたって書かれたすばらしい音楽の中でも、「グレイテスト・ヒッツ」と呼べる曲はごくわずかです。
音楽は、不思議なことに時代や文化を超えて人間の心理に深く響くものです。
このプログラムで、カルミナ四重奏団は、弦楽四重奏曲(そしてそれを超えた編成やジャンル)から、永遠のヒット曲をおおくりします。
パッヘルベルの「カノン」に始まり、シューベルトの「死と乙女」やドヴォルザークの「アメリカ」など、われわれ自身のお気に入りの作品を経て、ジミ・ヘンドリクスの「パープル・ヘイズ」で終わります。

演奏曲 動画紹介

モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第1楽章


ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲『アメリカ』より第4楽章