トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

レポート

基本情報

日時 2015年3月9日(月)11:30~14:25
出演 ジャパトラ[中井智弥 島村聖香 本庄康代]
*注:舌ガタロウさんは当日出演なし
概要 実施会場:中央区立常盤小学校 講堂
対象者:4年生
人数:14名
助成/後援:中央区文化・国際交流振興協会
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

プロフィール

糸方 中井智弥  二十五絃箏・作曲
三重県出身。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。音域の広い二十五絃箏を駆使し、箏の持つ可能性と芸術性を追求している。その圧倒的テクニックとダイナミックかつ繊細な音楽表現は、人の心をひきつける魅力がある。外務省・国際交流基金主催事業で南米、アジア、欧州などめぐり世界中で称賛をうける。
囃子方 島村聖香  邦楽囃子
広島県出身。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。同大学大学院音楽研究科修了。在学中、宮中桃華学堂において御前演奏。2010-2011年同大学非常勤講師。日本音楽集団団員。古典から現代曲まで幅広く活動するかたわら、小中高等学校などでのワークショップにて、邦楽器や伝統音楽の魅力を伝えることにも力を入れている。
絵描方 舌ガタロウ  木版画・墨彩画
武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。1998年第1回棟方志功版画大賞にて入選。現在、インハウスデザイナーとしてパッケージデザインを担当。また作家として、木版画や墨彩画を手法とした作品を創作。素朴で温かみがある画風が魅力。デザインとアートの面から、これからの日本伝統芸術のありかたを追求している。
語り方 本庄康代  語り
東京都出身。舞台衣装・テキスタイル・バックのオリジナルブランドを持つデザイナー。ダンスパフォーマンスの振り付けおよび総合演出。各種のイベント企画・演出・プロデュースを手掛ける。また、ことばと音楽・映像との共時性に「語り」を融合させた美しく豊かな日本語の表現の可能性を追求している。
ジャパトラとは  
JAPAN TRADITIONAL ARTS ACADEMY の略称です。日本の伝統楽器による演奏と墨彩画の映像演出に、ことばを融合した現代の新しい表現スタイルの挑戦と完成を目指しています。子供から大人までが音楽・絵・ことば、によって日本の伝統文化のすばらしさに触れ、楽しく鑑賞し、一緒にまなべることを基本に、新しい日本文化の創造に寄与したいと考えています。

レポート

3月9日、中央区立常盤小学校で「4年生はじめてのクラシック」を行いました。
「中央区の国際教育推進パイロット校」でもある常盤小学校では、英語活動を推進する一方で、日本の伝統・文化をしっかり勉強したいという先生のご希望で、昨年度から、日本の伝統楽器の音楽をお届けしています。
今年度は、糸方(二十五絃箏・作曲)、囃子方、絵描方、語り方の4名からなるグループ「ジャパトラ」に初登場していただきました。囃子方の島村聖香さんは、第一生命ホールで定期演奏会を開催する日本音楽集団のメンバー、また糸方の中井智弥さんは、以前にもグランドロビーコンサートにご出演いただいたことがあります。

今回のプログラムでは、演奏を聴いてもらうだけでなく、子どもたちにも「ジャパトラ」の作品に参加してもらおうと考え、誰もが知る「さるかに合戦」を題材に選びました。事前の準備として、1月に絵描方の舌ガタロウさんに、「さるかに合戦」の下絵を送っていただき、子どもたちが、1人1枚ちぎり絵を完成させました。

20150309_Tokiwasyo_report.jpg
それをパソコンに取り込んで上映できるように準備して、いよいよアウトリーチ当日です。

4時間目に「さるかに合戦」の練習をし、5時間目は、まず「ジャパトラ」の演奏をしっかり聴き、最後に「さるかに合戦」を他の学年児童の前で発表するというプログラムです。
4時間目、4年生11人が講堂にやってきました。自分のちぎり絵がスクリーンに大きく映し出されているのを見て盛り上がります。早速、みんなで「さるかに合戦」の中で歌う歌を練習するところからスタート。音楽は、中井智弥さんの作曲ですが、どれもとてもシンプルで日本語のイントネーションと響きにあっており、みんなすぐに覚えてしまいました。引き続き、全員の役割を決めます。パソコン操作をする「映し方」2名、島田聖香さんと音楽を担当する囃子方4名、登場人物から、カニ、昆布、蜂、栗、うす役が1名ずつ、猿役は、ジャパトラ語り方の本庄康代さん。各係に分かれてジャパトラの皆さんの指導で練習した後は、通し稽古。短い時間に、演奏家と子どもたちの集中力で「さるかに合戦」がみるみる出来上がっていくのにびっくりしました。4時間目の最後には、口上(歌舞伎風の上演前ご挨拶)も練習しました。

4年生の教室で「ジャパトラ」メンバーも一緒に給食をいただいた後、5時間目は3年生も講堂に集まって本番です。まずは「ジャパトラ」の演奏鑑賞から。中井智弥さんの演奏する二十五絃筝は、普通の十三絃の箏よりも絃の数が多いため低音から高音まで音域が広くすてきな響きがします。また弦がよく見えるように、前に斜めに傾けて楽器をセッティングしているので、演奏している手の動きが一目瞭然。ご自身でこの楽器のために作曲した「花のように」の演奏を、特に4年生は食い入るように見つめてよく聴いていました。お箏の体験、お囃子についてのお話の後は、1、2年生も合流し、箏による演奏を楽しみました。

20150309_Tokiwasyo_top.jpg
いよいよ、最後に、4年生が参加しての「さるかに合戦」です。4時間目にもらったばかりの台本を片手に、映し方の男の子たちがスクリーンの絵を送り、カニ、昆布、蜂、栗、うす役は堂々と台詞を言い、囃子方が効果音で盛り上げ、全員で歌を歌い、見事に「さるかに合戦」を成功させました。

「さるかに合戦」は、もともとジャパトラがホールで上演するプログラムですが、子どもたちにちぎり絵と語りや音楽の一部で参加してもらうことによって、演奏を聴く時にも、子どもたちの興味関心がより深まったことを実感しました。1時間での練習で「さるかに合戦」を完成させた子供たちの集中力にも本当に感心しました。「低学年の前での発表は、達成感があった」と、後で子どもたちが書いてくれた手紙にもあり、満足度が高かったようです。
今回のようなプログラムは、受け入れてくださる先生方のご理解があり、また少人数の学校だからこそ可能だったとは思いますが、子どもたちの色々な可能性を感じられたアウトリーチでした。
トリトンアーツ スタッフ