トリトン・アーツ・ネットワーク

第一生命ホールを拠点として、音楽活動を通じて地域社会に貢献するNPO法人です。
Menu

公演情報

基本情報

日時 2020年8月23日(日) 14:00開演
会場 第一生命ホール
[座席図:第一生命ホール ウェブサイトPDF
出演 東京グランド・ソロイスツ(室内オーケストラ)
【バンドネオン】三浦一馬
【ゲスト:ヴィブラフォン】浜田均
【ソロ・ヴァイオリン】石田泰尚
【ヴァイオリン】塩田脩/丹羽洋輔/鈴木浩司/廣岡克隆/奈須田弦/田村昭博
【ヴィオラ】生野正樹/鈴村大樹
【チェロ】辻本玲/門脇大樹
【コントラバス】黒木岩寿/髙橋洋太
【ギター】 大坪純平
【パーカッション】石川智
【ピアノ】山田武彦
曲目 ピアソラ:ミロンガ・イズ・カミング/ビブラフォニシモ/リトル・イタリー/ブエノスアイレス午前零時/カランブレ 他
チケット

一般¥6,000 バルコニー席¥3,000 U25¥1,500(25歳以下)
※バルコニー席は舞台が非常にご覧になりにくい2階席サイドです。予めご了承の上、お買い求めください。

2020年2月19日(水)10:00より一般発売開始(発売初日のみ10:00から受付開始)

【主催公演のチケット発売、一時停止のお知らせ】
ホールにおける公演再開の要件を踏まえ、発売中の主催公演のチケット発売を一時停止させていただきます。販売再開のスケジュール及び方法につきましては、決定次第ウェブサイトでお知らせいたします。

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~17:00)

※全席指定/税込み
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。

プロフィール

三浦 一馬  Miura Kazuma  (バンドネオン)
10歳よりバンドネオンを始める。2006年に別府アルゲリッチ音楽祭にてバンドネオンの世界的権威ネストル・マルコーニと出会い、その後自作CDの売上で渡航費を捻出してアルゼンチンに渡り、現在に至るまで師事。2008年イタリアで開催された第33回国際ピアソラ・コンクールで日本人初・史上最年少で準優勝、2011年には別府アルゲリッチ音楽祭に出演。マルタ・アルゲリッチ、ユーリー・バシュメットらと共演し大きな話題となる。2015年 第25回出光音楽賞受賞。大阪フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、等と共演を重ねている。
使用楽器は、恩師マルコーニ氏より譲り受けた銘器、Alfred Arnold。
©井村重人
浜田 均  Hamada Hitoshi  (ヴィブラフォン)
1953年生まれ。東京都立大学に進学するが傍ら早稲田大学モダンジャズ研究会に参加する。卒業後、東京芸術大学別科打楽器に進学して、有賀誠門、高橋美智子に師事する。修了後「猪俣猛&フォース」でプロデビュー。解散後FM放送 のパーソナリティーを担当、様々なミュージシャンのアルバムに参加するなど、多彩な活動を行っている。リーダーアルバム「FOX DANCE」「Quiet Triangle」、作曲では「SORACHI II」「Hanker Cool Site」他多数。最新作は佐藤達哉(サクソフォン)とのデュオCD「Minor Resolution」、TOKUのアルバム「Dear Mr. SINATRA」に参加。
◆東京グランド・ソロイスツ メンバー  

石田泰尚石田 泰尚 Ishida Yasunao(ソロ・ヴァイオリン)

神奈川県出身。国立音楽大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。新星日本交響楽団コンサートマスターを経て、2001年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。以来“神奈川フィルの顔”となり現在は首席ソロ・コンサートマスターとしてその重責を担っている。これまでに神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。2014年自身がプロデュースした男性奏者のみの弦楽アンサンブル“石田組”を結成。NHKでも取り上げられその熱いステージの模様は大きな反響を呼んだ。2020年4月より京都市交響楽団特別客演コンサートマスターを兼任。
オフィシャルサイトhttp://musiciansparty.jp/artist/ishida/



塩田 脩塩田 脩 Shioda Shu(ヴァイオリン)

アメリカ合衆国ボストン生まれ。2004年ニューイングランド音楽院修士号取得。小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクト、オペラプロジェクト、セイジ・オザワ松本フェスティバルに出演。兵庫県立文化センター管弦楽団ゲストコンサートマスター、京都市交響楽団第2ヴァイオリンゲスト首席奏者。2014年、東京都交響楽団に入団。



丹羽洋輔丹羽 洋輔 Niwa Yosuke(ヴァイオリン)

7歳よりヴァイオリンを始める。都立芸術高校を経て、東京藝術大学にて学ぶ。在学中ウィーンへ留学。ディヒラーコンクールにて入賞。2007年NHK交響楽団へ入団。これまでに佐藤素子、保井領子、岡山潔、篠崎史紀、エドワードツェンコフスキーの各氏に師事。



鈴木浩司鈴木 浩司 Suzuki Koji(ヴァイオリン)

福岡県北九州市生まれ。2歳よりヴァイオリンをはじめる。愛知県立芸術大学音楽学部にて服部芳子、エヴァルド・ダネルの各氏に師事。2008年同大学を卒業した後、神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団。2012年より2016年まで同楽団のフォアシュピーラーを務める。これまでにアジア・フィルハーモニー管弦楽団、アフィニス夏の音楽祭等に参加。2017年11月より東京交響楽団研究員。



廣岡克隆廣岡 克隆 Hirooka Yoshitaka(ヴァイオリン)

1998年東京藝術大学卒業。在学中に安宅賞を受賞、ニューイングランド音楽院へ留学。卒業と同時にアシスタント・コンサートマスターとして東京交響楽団に入団。現在、東京交響楽団での活動を中心に、大阪フィル、神奈川フィル、京都市交響楽団、仙台フィルなど、多数のオーケストラにコンサートマスターとして客演、ソロ、室内楽などの活動も積極的に行っている。また2004年 から東海大学にて後進の指導にもあたっている。



奈須田 弦奈須田 弦 Nasuda Gen(ヴァイオリン)

桐朋学園大学音楽学部卒業。全日本学生音楽コンクール入選、ブルクハルト国際音楽コンクール入賞。セイジ・オザワ松本フェスティバル、アルゲリッチ音楽祭、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート等に参加。現在は日本の多数のオーケストラに出演しソロ、室内楽やスタジオレコーディング、ライブサポート等多方面で活動中。



田村昭博田村 昭博 Tamura Akihiro(ヴァイオリン)

山口県出身。第45回山口県学生音楽コンクール第2位。2003年、国立音楽大学音楽学部器楽学科を卒業。在学中よりオーケストラへの客演をはじめ、室内楽、ライブサポート、音楽番組の収録など幅広く活動する。草津夏期国際音楽フェスティバル、防府音楽祭等に出演。2004年より日本フィルハーモニー交響楽団のヴァイオリン奏者。



生野正樹生野 正樹 Shono Masaki(ヴィオラ)

大分県出身。14歳よりヴィオラを始め、洗足学園音楽大学器楽科を首席で卒業、同大学大学院修了。これまでに内田博、岡田伸夫の各氏に師事。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにて第2位入賞。日本演奏連盟のオーディションに合格し、九州交響楽団と共演。ソロアルバム 四枚組BOXCD“ノスタルジック・メロディーズ”をワーナーミュージック・ジャパンより発売。現在、東京シティフィル、神奈川フィル、日本フィル、広島交響楽団、東京フィル、山形交響楽団など全国の主要オーケストラに客演首席として参加する他、ソロ、室内楽、様々なジャンルのツアーやレコーディングなどで活動している。



鈴村大樹鈴村 大樹 Suzumura Taiki(ヴィオラ)

3歳よりヴァイオリンを始め18歳でヴィオラに転向。第3回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門1位。山手の丘音楽コンクール1位 、横浜ライオンズクラブ賞、Fグループ賞を併せて受賞、第9回東京音楽コンクール3位等、数々のコンクールに入賞している。これまでに宮崎国際音楽祭、プロジェクトQ等のコンサートに出演。ヴィオラと室内楽を岡田伸夫氏に師事。



辻本玲辻本玲  Tsujimoto Rei(チェロ)

東京藝術大学音楽学部器楽科を首席で卒業。その後シベリウス・アカデミー、ベルン芸術大学に留学。第72回日本音楽コンクール第2位。2007年度青山音楽賞新人賞受賞。2009年ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)。2011年に東京サントリーホール他5大都市でデビュー・リサイタルを開催。2013年齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。サイトウ・キネン・オーケストラに毎年参加するほか、アルカス佐世保のレジデンス・カルテットなど室内楽でも活動。日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・チェロ奏者。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより1724年製作のアントニオ・ストラディヴァリウスを、弓は匿名のコレクターよりTourteを特別に貸与されている。
オフィシャルサイト http://www.rei-tsujimoto.com



門脇大樹門脇大樹 Kadowaki Hiroki(チェロ)

東京藝術大学音楽学部附属高校を経て、同大学卒業。日本クラシック音楽コンクール第1位及びグランプリ。第5回ビバホールチェロコンクール第3位。第74回日本音楽コンクール第3位。ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール第1位。平成28年度エネルギア音楽賞受賞。東京藝術大学卒業後、ロームミュージックファンデーションより奨学金を得て、レッジョエミリア音楽院(イタリア)で研鑽を積む。現在東京音楽大学伴奏科、東京藝術大学非常勤講師。神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。



黒木岩寿黒木 岩寿 Kuroki Iwahisa(コントラバス)

東京藝術大学卒業、同大学院修了。1987年安宅賞、88年福島賞受賞。東京藝術大学管弦楽研究部講師、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を経て、現在は東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者。東京フィルの活動の他にラ・ストラヴァガンツァ・東京主宰。2016年よりムジカーザのプロデューサーに就任。19年より長野市芸術館のシーズンプログラム・プロデューサーに就任。桐朋学園芸術短期大学、洗足学園音楽大学、昭和音楽大学講師。



髙橋洋太髙橋 洋太 Takahashi Yota(コントラバス)

桐朋学園大学卒業後、同研究科修了と同時に2006年東京都交響楽団に入団。2005年青森市民文化顕彰受賞。セイジ・オザワ松本フェスティバル、アフィニス夏の音楽祭、東京・春・音楽祭、霧島国際音楽祭はじめ、各地の音楽祭に度々出演している。現在、東京都交響楽団コントラバス奏者として活動する他、バンドネオン奏者の三浦一馬率いる五重奏団、青島広志氏率いるブルーアイランド楽団などにおいてメンバー及びソリストとしての演奏を始め、その活動は多岐に渡る。



山田武彦山田 武彦 Yamada Takehiko(ピアノ)

東京藝術大学作曲科卒業、同大学院作曲専攻修了。1993年フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科に入学、同クラスの7種類の卒業公開試験を、審査員の満場一致により首席で一等賞(プルミエ・プリ)を得て卒業。的確でおおらかなアンサンブル、色彩豊かな音色などが好評を博し、コンサート、録音、放送等の際のソリストのパートナーとして厚い信頼を得る。これまで洗足学園音楽大学に於いて作曲及びピアノコース統括責任者を歴任、現在同大学教授。



石川智石川 智 Ishikawa Satoshi(パーカッション)

東京藝術大学美術学部工芸科卒。異色の経歴を持つパーカッショニスト。大学在学中にブラジル音楽に傾倒。サンバ、ボサノヴァをはじめ、ブラジルのあらゆる地方のリズム、奏法、アンサンブルスタイルをマスターする。この頃からプロとして演奏活動を開始。ブラジル音楽をはじめ世界中のリズムに精通し色彩豊かな音色を操る名手。




大坪純平大坪 純平 Ohtsubo Junpei(ギター)

エリザベト音楽大学卒業。これまでにギターを長野文憲、徳武正和、佐藤紀雄の各氏に師事。第34回日本ギターコンクール最高位のほか、数々のコンクールにて上位入賞。新しい音楽を軸にクラシックギターからエレキギター、自作曲など様々なフィールドでの活動を行う”変弦自在"のギタリスト。新作初演や委嘱作品も多数。2020年299レーベルより”ORGANIC MOTIONS~久留智之ギター作品集~"をリリース。
アポヤン道ギターフェスティバルアートディレクター。
オフィシャルサイトhttp://junpeiohtsuboguitar.wixsite.com/junpei-ohtsubo-
8月23日(日) 三浦一馬 東京グランド・ソロイスツ第4回演奏会
チケットご購入のお客さまへの重要なお知らせ


当公演は、お客様の安全安心を第一に出来る限りの感染予防策を講じて開催いたします。ただ現時点では、東京都のイベント開催の要件である「1,000人以下かつ収容人数の50%」を超えたチケットをすでにご購入頂いており、このままでは開催できない状況です。つきましては、以下のように変更の上、実施をさせて頂きたいと思いますので、ご理解とご協力を頂きますよう何卒お願い申し上げます。

●本公演は同日2回公演(14:00開演/18:30開演)に変更します。
・公演内容は2回とも同じで、休憩を含めて2時間弱を予定しております。
・チラシに掲載以外の曲目は決定次第随時ホームページでご案内いたします。

●本公演のチケットをお持ちのお客さま全員に、以下5つの中からご希望をお伺いします。
7月13日(月)18:00までに「オンライン」または「郵送」にて、必ずご返答をお願いいたします。


【ご来場を希望する】
(1)14:00/18:30どちらの回でも来場可能
(2)14:00の回で来場したい
(3)18:30の回で来場したい
 *ご来場を希望されるお客様の手続きについては、【こちら】
【ご来場を希望しない】
(4)来場せず、払い戻しを請求
(5)来場しないが、払い戻しを請求せず、チケット代金を寄付したい
 *払い戻し等を希望されるお客様の手続きについては、【こちら】


【来場を希望されるお客さま】
7月13日(月)18:00までに「オンライン」または「郵送」にて、ご連絡・お手続きをお願いいたします。
お買い求めいただいた席種内でお持ちの席を基準に、適切な間隔を保つため空席を設けて再配席いたします。
再配席の場所につきましては、誠に恐縮ですが、トリトンアーツ・チケットデスクにお任せ頂きます。
再配席をした「新しいチケット」を7月25日(土)頃までにお届けします。現在お持ちのチケットではご入場頂けませんのでご注意ください。
新しいチケットがお手元に届くまでは、念のため、お手元のチケットは大切に保管してください。新しいチケットが届きましたら、古いチケットは破棄していただいて結構です。
尚、7月27日(月)までに「新しいチケット」が届かなった場合は、お手数ですがご連絡をお願いいたします。

■オンライン上でのお手続き方法
お客さまのご希望のご来場回、購入された座席番号などを下記のフォームに入力ください。
【フォーム】

■郵送でのお手続き方法
「再配席等申込書」および「チケット払戻請求書兼支払金口座振込依頼書」(PDFをダウンロードする)へ必要事項をご記入の上、7月13日(月)(必着)までに、普通郵便でご返送下さい。チケットを同封する必要はございません。

【送付先】
〒104-6005
東京都中央区晴海1-8-10
晴海トリトンスクエアX棟5階
トリトンアーツ・チケットデスク行

【新型コロナウイルス感染症対策とご来場前のお願い】を7月初旬に公開致します。内容は、状況によって変わる可能性がございますので、ご来場直前に必ずご確認を頂けますようにお願いいたします。


【ご来場を希望されないお客さま】
7月13日(月)18:00までに「オンライン」または「郵送」にて、ご連絡をお願いいたします。
8月3日(月)以降順次ご指定の口座へ振り込みいたします。ご来店での払い戻しはご遠慮頂いております。
*誠に恐縮ですが払い戻しはチケット券面に記載のチケット金額のみとさせていただきます。

■オンライン上でのお手続き方法
お客さまの購入された座席番号、ご返金先の口座番号などを下記のフォームに入力ください。
【フォーム】

■郵送でのお手続き方法
「再配席等申込書」および「チケット払戻請求書兼支払金口座振込依頼書」(PDFをダウンロードする)へ必要事項をご記入の上、7月13日(月)(必着)までに、普通郵便でご返送下さい。チケットを同封する必要はございません。
送付にかかった費用は、84円(普通郵便代)までを払い戻しいたします。

【送付先】
〒104-6005
東京都中央区晴海1-8-10
晴海トリトンスクエアX棟5階
トリトンアーツ・チケットデスク行

ご寄付のお願い
新型コロナウイルス感染症によるイベント自粛期間解除後も継続した活動を行うために、皆様のご支援が大きな支えとなります。チケット代金の払い戻しをせずに、私どもの活動へのご寄付としていただくこともご検討いただければ幸いです。皆様のご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

寄付のお手続き方法
オンライン上のフォーム、もしくは「チケット払戻請求書兼支払金口座振替依頼書」へ必要事項を記入し、「払い戻しを請求せず、チケット金額をトリトン・アーツ・ネットワークへ寄付します」の欄へチェックの上、お申し出ください。ご寄付いただく場合、「チケット払戻請求書兼支払金口座振替依頼書」返送にかかる郵送料はお客様にご負担いただくことになりますので、なるべくオンライン上でお申し出いただければ幸いです。
手続きが終了次第、確定申告の寄付控除申請で必要となる領収書をお送りします。

寄付控除について
認定NPO法人への個人の寄付者に対する税制上の優遇措置がございます。
・所得税:寄付金税額控除の税制優遇が適用になります。(所得控除の選択もできます)
(寄付金額 - 2,000円) × 40% = 所得税税額控除
・住民税:都道府県または市区町村が条例で指定した場合、寄付金税額控除(最大で10%)
が適用されます。詳しくはお住まいの市区町村の税務へご確認ください。

*あわせてこちらの【寄付者に対する税制上の優遇措置】もご覧ください。

【お問合せ】トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702 平日11:00-17:00
※7月3日(金)までは、受付時間を13:00-15:00とさせていただきます。

認定特定非営利活動法人トリトン・アーツ・ネットワーク
2020年6月26日