Triton Arts Network 10周年記念 スタッフBLOG

2019年2月

きたる3月9日に、クァルテット・エクセルシオと共演する"クァルテット奥志賀"
クァルテット・ウィークエンド初登場ですので、団体名を聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。小澤征爾氏主宰の小澤国際室内楽アカデミー奥志賀がきっかけで結成、「奥志賀」という名前を使う許可を町にとってくださったのも"世界のOZAWA"そのひと、ということだけでもこのクァルテットへの期待が高まりますが、メンバーひとりひとりも本当にすごいんです!
ここで改めて、クァルテット奥志賀のメンバーをご紹介したいと思います。

190309Okushiga.jpg

まずは、ヴァイオリンのおふたり、会田莉凡さんと小川響子さん。
お二人は、ファーストとセカンドを固定せず、それぞれの演奏曲にあわせて、パートを決めているそう。古典の楽曲は小川さんが、それ以外は会田さんが、ファーストを担うことが多いそうです。

まず会田莉凡さんは、第一生命ホールのお客さまには、なんといっても"トリトン晴れた海のオーケストラ"(晴れオケ)のメンバーとしてお馴染みですね。コンサートマスター矢部達哉率いる"晴れオケ"の第1ヴァイオリンを弾くその雄姿には、お客さまから「あの3番目のプルトに座っているヴァイオリニストは誰?」とスタッフが質問されたこともあるほどです。それもそのはず、会田さんは、2012年第81回日本音楽コンクール第1位の実力の持ち主。ほかにも、秋吉台音楽コンクール室内楽部門など受賞歴多数。ルーマニア国際音楽コンクールでは第1位の副賞として、ルーマニアでの演奏会を行い、今回演奏する八重奏曲を作曲したエネスコの生家も訪ねたそうです。
2月末までの期間限定で、昨年12月に行われた"晴れオケ"の演奏が、PrimeSeatで配信中です。 こちら

もうひとりのヴァイオリニスト、小川響子さんに関しては、2018年9月に飛び込んできた嬉しいニュースでご記憶の方もいらっしゃるはず。ミュンヘンARD国際音楽コンクールで、小川さんがヴァイオリンを担当する"葵トリオ"(ピアノ:秋元孝介さん、チェロ:伊東裕さん)が第1位を受賞したのです。最難関として知られる本コンクールで、この部門での日本からの入賞ははじめてという快挙でした。10月からは、ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミーに在籍し、ベルリン・フィルの演奏会にも出演するなど、今後、ますます目が離せないヴァイオリニストのおひとりです!! ベルリン・フィルの映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」では、小川響子さんが出演するベルリン・フィルの映像をご覧いただけます。こちら

2018年に新しくヴィオラとして加入した石田紗樹さんは、ヴァイオリンでその名前をご存じだった方もいるかも。東京藝術大学、同大学院はヴァイオリン専攻、このクァルテット結成のきっかけ小澤国際室内楽アカデミー奥志賀も、2013年、2014年、2015年とヴァイオリンで受講し、2014年のクァルテット奥志賀創設の様子をずっと近くで見ていた生き証人です。大学内で優秀な学生が出演する室内楽の演奏会に、1組はヴァイオリンとして、1組はヴィオラとして出ていたこともあってどちらもすごかったとの証言も(小川響子さんより)。東京藝術大学院修了を機にヴィオラへ転向。現在は、ヴィオラでザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に在学し、さらなる研鑽にはげんでいます。

チェロの黒川実咲さんは、他のメンバーから「このクァルテット随一(?!)のヴィジュアル系」と言われるだけあって、ごく最近、電子楽器端末GVIDOの若手音楽家育成プロジェクト「GVIDO IX」(グイドナイン)の選抜メンバー9名に選ばれたとの発表がありました! クァルテット奥志賀の他のメンバーからは、女性的で柔らかい印象ながら、実は太くてたくましい音で音楽を運んでいってくれると絶賛される人気・実力を兼ね備えたチェリスト。今年1月からは、東京フィルハーモニー交響楽団のフォアシュピーラーとしても活躍中。メンバー一押しの歌心あふれる低音の安心感、どうぞお楽しみに。

今後、クァルテットとしてはもちろん、おひとりおひとりの活躍も注目のクァルテット奥志賀。今回の公演のために選んだ曲は、初挑戦のモーツァルトの弦楽四重奏曲第16番K428です。ぜひみなさん、聴きにいらしてください。

公演情報
クァルテット・エクセルシオ×クァルテット奥志賀
日時:2019年3月9日(土)14:00開演
出演:
クァルテット・エクセルシオ
[西野ゆか/双紙正哉(ヴァイオリン) 吉田有紀子(ヴィオラ) 大友肇(チェロ)]
 *予定しておりました山田百子が健康上の理由により出演できなくなりました。 代わって双紙正哉が出演致します。
クァルテット奥志賀
[会田莉凡/小川響子(ヴァイオリン) 石田紗樹(ヴィオラ) 黒川実咲(チェロ)]
演奏プログラム:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第16番 変ホ長調 K428 (クァルテット奥志賀)
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番「クロイツェル・ソナタ」(クァルテット・エクセルシオ)
エネスコ:弦楽八重奏曲 ハ長調 Op.7

■公演詳細は こちら

■インタビューは こちら

いよいよ2月から2019年度公演チケットの発売を開始します。発売前に公演の聴きどころをご紹介します!

話題沸騰「晴れオケ」ベートーヴェン・チクルス

20190629_1130晴れオケ2019_omoteトンボ無.jpgコンサートマスター矢部達哉率いる「トリトン晴れた海のオーケストラ(晴れオケ)」が、昨年度からスタートさせた「ベートーヴェン・チクルス」。おかげさまで、チクルスIは、「音楽の友」2月号の「コンサートベストテン2018」で、ベートーヴェン研究の権威である平野昭先生によって第1位に選出、「演奏史に明記される傑出した演奏」と評していただきました!!

「メンバー全員が何か共通のパルスを持っているので、一度回り始めるときれいに流れていく」「ひとりひとりがベートーヴェンをこう演奏したい、というのがまずあって、それをまとめていくのが自分の役割」とコンマス矢部達哉さんが語るように、お互いを信頼し音楽で会話しながら奏でられる、室内楽の延長のような晴れオケのベートーヴェンから目が(耳はもちろん)離せません!

2019年度のチケットは、すでに昨年12月のセット券最速先行で200枚近くが売れている話題沸騰のチクルス。矢部さんが「晴れオケは、客席との一体感がすごい」と語る第一生命ホールで、演奏の最後のピースを完成させるのは、客席に座る皆さまです!

2019年6月29日(土)14:00開演 ベートーヴェン・チクルスIII 公演情報

2019年11月30日(土)14:00開演 ベートーヴェン・チクルスIV 公演情報

完売必至!三浦一馬 東京グランド・ソロイスツ

TGS2019_OMOTE.jpgおかげさまで立ち上げから2年連続の満席御礼公演、バンドネオンの三浦一馬による「東京グランド・ソロイスツ(TGS)」。完売必至ですので、発売開始のこの時期にぜひお求めください。毎回この編成のためにわざわざ三浦さん他が編曲したピアソラ、今年も新曲をご用意しています。ゲストは2017年「昼の音楽さんぽ」でも、その超絶テクニックと歌心で私たちの度肝を抜いたサクソフォンの上野耕平! バンドネオンとサックス、そして室内オーケストラでの熱いピアソラ...! 今からワクワクが止まりません。コンサートマスター、ソロ・ヴァイオリンは「見かけはちょっと怖いけど、ああ見えて誰よりも繊細で、陰で準備されている。人情味あふれる、尊敬する先輩」と三浦さんが語るTGSの顔、石田泰尚。この編成が聴けるのは、日本全国で第一生命ホールだけです!

2019年8月4日(日)14:00開演 三浦一馬 東京グランド・ソロイスツ 公演情報

雄大(たけひろ)と行く「昼の音楽さんぽ」

プレトークつきにリニューアル!開演時間は11:15に!

【校了】昼の音楽さんぽ17・18表_0125R.jpg音楽ライター山野雄大(たけひろ)がプレトークで聴きどころをご案内する「雄大と行く 昼の音楽さんぽ」、まず6月に登場するのはフルート上野(よし)()とチェンバロの曽根麻矢子。アメリカやフランスを拠点に活動、2018年に「S&Rワシントン賞」を受賞した上野さんが、チェンバロの第一人者曽根さんと演奏するバッハ親子のソナタ、細川俊夫作曲の無伴奏「線I」(これはすごい!上野さんのウェブサイトで抜粋動画が見られます)など古典から現代までのレパートリーをおおくりします。曽根さんの見目麗しいチェンバロの音色にもぜひ注目を。

8月に登場するデンハーグピアノ五重奏団は、2011年ファン・ワセナール国際古楽コンクール(アムステルダム)第1位の実力派。古楽とは、ざっくり言えば作曲された当時の楽器、スタイルで演奏すること。今のピアノとは大きさも機構もまったく違うフォルテピアノ、スチールではなくガット弦が張られ、バロック弓(チラシのコントラバスの弓をご覧あれ!)で演奏する弦楽器で奏でられる、シューベルトの名曲「ます」はいかに......?この「古楽器」であるフォルテピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの五重奏団......のはずが、今回は結成10周年記念としてヴィオラ2人(!)、計6人の特別編成となります。シューベルトやメンデルスゾーンがイメージしていた当時の楽器や音色、当時のスタイルに思いをはせながらお楽しみください。

2019年6月3日(月)11:15 開演 上野由恵フルート&曽根麻矢子チェンバロ 公演情報

2019年8月8日(木)11:15 開演 デンハーグピアノ五重奏団 古楽器アンサンブル 公演情報

クァルテット・ウィークエンド(SQW) セット券発売開始

SQW2019-2020_omote.jpgSQWファンの皆さま、お待たせいたしました。2019年度のクァルテット・ウィークエンド、5回セット券発売開始です。ウェールズ弦楽四重奏団が、いよいよ2020年生誕250周年に向けたベートーヴェン・チクルス(全6回)を開始!すでに大分のiichiko総合文化センターではベートーヴェン全曲演奏会が始まっており、フォンテックで同全曲録音も進行中、待ち望まれていた東京でのチクルスが、ついにスタートというわけです。2020年をはさんだ3年間全16曲の旅を、ぜひご一緒いたしましょう。(ちなみに第2ヴァイオリンの三原久遠さんは、「晴れオケ」メンバーでもあるので、交響曲、弦楽四重奏曲を制覇することになります!)

そして、お帰りなさい、アマリリス弦楽四重奏団!メルボルン国際コンクール優勝後の2012年にトリトンアーツの招聘で初来日した正統派クァルテットが、ヴィオラに新メンバー、日本が誇る名手、赤坂智子を迎えて戻ってきます!そしてお気づきでしょうか? 第2ヴァイオリンのレナは、チェロのイヴと結婚して苗字も同じサンドゥに♡ おめでとうございます!

■クァルテット・ウィークエンド 公演情報

以上の公演は、2月27日(水)10:00発売開始です。ウェブから会員登録していただいた方は、2月18日(月)11:00から24日(日)24:00までオンライン予約ページ先行予約が可能です!どうぞ良いお席はお早めにお申し込みください!

第一生命ホールの夏の風物詩、オープンハウス。
年に一度、ホールを開放して、自由にどなたでも入場することができる第一生命ホールのお祭りです。
ホールでのコンサートはもちろん、楽器体験やバックステージツアーなど、お子さまから大人までご家族揃って楽しんでいただける内容です。
今年は7月20日(土)に開催するオープンハウスですが、現在、プロジェクト・サポーター(ボランティア)を募集中です!!
現在、スタッフ一同で企画を進めていますが、3月下旬頃から始まる制作・広報などの準備をスタッフと共に進めていただき、一緒にオープンハウスを盛り上げていただきます。
PSbosyuHP.png
音楽が大好き!!
イベントの制作・運営を学びたい!
仕事以外で社会に何か貢献したい!
という方はぜひ、ご応募をお待ちしています。
応募期間は2月22日(金)まで。
(すぎ)

月別アーカイヴ

年別アーカイヴ

最近のブログ記事

カテゴリ

タグ