公演情報

Homeへ戻る
7/4
Wed
ライフサイクルコンサート
雄大と行く 昼の音楽さんぽ

第14回 藤木大地&福田進一
歌とギターの妙(たえ)なる新世界

玲瓏(れいろう)なるカウンターテナー、艶と円熟のギター
ふたりの呼吸が美しくとける希有の時間‥‥


極上の音楽で、しあわせな一日のスタートを
一流音楽家の皆さんをお迎えし、
音楽ライター・山野雄大のご案内でお届けします(休憩なし90分)
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2018年7月4日(水) 11:00 開演(12:30終演予定)
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 藤木大地(カウンターテナー) 福田進一(ギター) 山野雄大(ご案内)
曲目 【イタリアの歌】
フレスコバルディ(福田進一編):アリアと変奏(ギターソロ)
カッチーニ:うるわしのアマリッリ
モンテヴェルディ:あの高慢な眼差しは
ベッリーニ(セゴビア編):フィッリデの悲しげな姿よ
カステルヌオーヴォ=テデスコ:
 流浪のバラード
 セゴビアの名によるトナディーリャ(ギターソロ)

【日本の歌】
武満徹:「Songs(ソングス)」より ◯と△の歌/昨日のしみ/翼
武満徹(鈴木大介編):波の盆(ギターソロ)
加藤昌則:旅のこころ/木馬

<アンコール>
武満徹(野平一郎編):小さな空
ヘンデル(大萩康司編):オンブラ・マイ・フ
チケット

一般¥2,000
お友だち割¥1,500(同一公演3枚以上同時購入で1枚につき)
2公演(第13・14回)セット券¥3,000  第13回の詳細は こちら

一般発売:2018年2月27日(火)(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:104-197〕(一般券のみ取扱い)


※全席指定/税込み
※2公演セット券は「第13回 鈴木 舞 ヴァイオリン、光が薫るとき」(5月15日(火))とのセットです。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。

出演者インタビュー

 お昼どき、瑞々しい音楽と楽しいトークでお届けする90分‥‥《雄大と行く 昼の音楽さんぽ》来たる7月4日(水)の第14回では、素晴らしいデュオをお楽しみいただきます。その柔らかく見事な歌唱でヨーロッパの名門歌劇場へと活躍の場を広げるカウンターテナー歌手・藤木大地さんと、深まる円熟にも凛とした美しさが満ちる世界的名ギタリスト・福田進一さんの共演です!
 清澄と爽快、詩情の深遠‥‥希有のデュオを体感していただく機会を前に、おふたりにあれこれお話を伺いました。[ききて・文:山野雄大]
インタビュー全文へ

プロフィール

藤木大地  Fujiki Daichi  (カウンターテナー)
2012年日本音楽コンクール声楽部門第1位。2013年ボローニャ歌劇場にてグルック「クレーリアの勝利」マンニオ役に抜擢されてデビュー。続けて同劇場でバッティステッリ「イタリア式離婚狂想曲」カルメロ役で出演し国際的に高い評価を得る。2017年4月にはライマン「メデア」ヘロルド役でウィーン国立歌劇場にデビューを飾るなど、バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活動を展開する、現在、日本で最も注目される国際的なアーティストのひとりである。第19回松方ホール音楽賞受賞。第25回青山音楽賞青山賞受賞。ウィーン国立音楽大学大学院(文化経営学)修了。
オフィシャルサイト https://www.daichifujiki.com/
福田進一  Fukuda Shin-ichi  (ギター)
大阪生まれ。1977年に渡仏し、パリ・エコール・ノルマル音楽院を首席で卒業。1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝。以後35年、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協奏曲、超一流ソリストとの共演を続け、日本を代表するギタリストとして国際的な評価を獲得。2017-18年シーズンにはスペイン、ロシア、北米へのツアーが予定されている。ディスコグラフィーは、すでに90枚を超え、2014年からナクソス・レコードより「日本のギター作品集シリーズ」をワールドワイドでリリースを開始。
2007年度外務大臣表彰。2011年度第62回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
©Takanori Ishii
山野雄大  Yamano Takehiro  (ご案内/音楽ライター)
1971年東京生まれ。『音楽の友』『レコード芸術』『バンドジャーナル』などの音楽誌への連載、演奏会プログラムへの定期寄稿をはじめ、オーケストラやバレエの取材・撮影、CDの企画構成・ライナーノート執筆など多数手がける。テレビ・ラジオなど放送出演も。
©堀田正矩

協賛:アフラック生命保険株式会社
ページの一番上へ