公演情報

Homeへ戻る
7/15
Sat
ウィークエンドコンサート 2017 - 2018
假屋崎省吾と聴く
児玉麻里 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ選集Ⅱ
(全3回)
© Vincent Garnier
児玉麻里がおくるベートーヴェン傑作選!
ピアノに造詣が深い華道家 假屋崎省吾の作品とともに
児玉麻里と假屋崎省吾のトークもお楽しみに!!



昨年の様子
2016年7月1日 假屋崎省吾と聴く 児玉麻里 ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ選集Ⅰの様子 ©大窪道治
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2017年7月15日(土)
14:00開演

ご好評につき、多くの方にご来場いただけるよう、土曜日開催としました。
当初予定した日程(7月7日)より変更になりました
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 児玉麻里(ピアノ) 假屋崎省吾(トークゲスト)
曲目 ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ 第20番 ト長調 Op.49-2
[NAXOSで試聴する]

ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
[NAXOSで試聴する]

ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 Op.106「ハンマークラヴィーア」
[NAXOSで試聴する]

<アンコール>
ベートーヴェン:4手ピアノのためのソナタ ニ長調 Op. 6より 第1楽章アレグロ・モルト

※[NAXOSで試聴する]をクリックすると、各曲・楽章の冒頭30秒が無料で試聴できます。(ナクソス・ミュージック・ライブラリーへリンクします。) ナクソス・ミュージック・ライブラリー画面左上の【選択曲を試聴】をクリックすると試聴がスタートします。無料試聴は連続で最大15分間のご利用となります。
チケット

一般¥3,800
お友だち割¥3,500(3枚以上同時購入で1枚あたり)
ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)

一般発売:2017年2月28日(火)(発売初日は10:00から受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク 
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:319-802〕(一般・ヤングのみ取扱い)

東京文化会館チケットサービス(一般・ヤングのみ取扱い)
TEL:03-5685-0650(10:00~19:00/休館日を除く)

※全席指定/税込み
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。

出演者インタビュー

最後まで聴くと大きな経験ができるまれなソナタ
「ハンマークラヴィーア」を楽しむ
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲から、選りすぐりの傑作を3年にわたっておおくりするシリーズ第2回。ゲストに假屋崎省吾さんを迎え、おふたりのトークはもちろん、舞台上に飾られる假屋崎省吾さんの作品もお楽しみいただきます。児玉麻里さんにお話をうかがいました。
インタビュー全文へ

プロフィール

児玉麻里  Kodama Mari  (ピアノ)
――「ベートーヴェンの芸術はこれからも常に私とともにある」
2003年から11年の歳月をかけてCD「ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集」を完成、また夫君ケント・ナガノとの「ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集」もリリース。まさに今聴くべきベートーヴェン弾き。


14歳の時、最年少、最優秀でパリ国立高等音楽院に入学。ピアノをタチアナ・ニコラエワ、アルフレッド・ブレンデルなどに学ぶ。19歳で同音楽院のマスター・コース修了。同音楽院修了後すぐに、ロンドン・フィルとの共演、ロンドンでのリサイタル・デビューなどで賞賛を受ける。以来、ベルリン・フィルとの共演をはじめ、ヨーロッパ、北米、日本、アジアで精力的な演奏活動を展開しており、国際的な名声を確立している。CD録音も活発で、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」、ケント・ナガノ指揮による「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集」を完成。2016年11月には、チャイコフスキー3大バレエ抜粋連弾版を妹の児玉桃とリリース、大きな話題を呼んでいる。
© Vincent Garnier
假屋崎省吾  Kariyazaki Shogo  (トークゲスト)
華道家。Kariyazaki Flower Professional Education School主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評される。着物やガラス器のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”を開催。中でも日本の城郭を花で彩る「名城シリーズ」も好評を博している。世界各国で個展やデモンストレーションを開催し、海外でも目覚ましい活動を展開している。花育や少子化問題など、地域活性を促す社会活動にも積極的に取り組んでいる。今年、華道歴35周年を迎え、益々活躍の場を広げている。

オフィシャルサイト http://kariyazaki.jp/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kariyazakishogo/
オフィシャルファンクラブ https://lounge.dmm.com/detail/12/

児玉麻里からのメッセージ

ベートーヴェンの “ 3つの側面(côté) ” を弾く


第20番の「ソナタ」は、小さいけれどとてもよく書かれていて、第2楽章のメヌエットは、心が躍るような音楽です。
それに対して「ハンマークラヴィーア」作品106は、ピアノ・ソナタ集のなかで最も大きな「ソナタ」です。終楽章の序奏には謎の部分がたくさんありますので、それをひもといて演奏するのも楽しみなことです。
いつもこの曲に立ち向う時には、背筋が伸びる思いです。そして大きな喜びを感じます。ピアノという万能の楽器の持ち味をこれほど活かした楽曲が、ほかにあるでしょうか!
「悲愴ソナタ」は、ひとの心に寄り添うソナタだと思います。美しい第2楽章は、いつの時代にも共通の“平和への祈り”が込められているような気がしてなりません。
どうぞお楽しみください。

児玉麻里

児玉麻里 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ選集

国際的な名声を確立している児玉麻里が、ベートーヴェンのピアノ・ソナタから選りすぐった傑作を3年にわたっておおくりするシリーズ。公私ともに親しくピアノに造詣が深い華道家の假屋崎省吾をトークゲストとして迎え、ピアノ・ソナタの魅力に迫る!

《第3回》 2018年初夏予定
ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 Op.111

協賛:第一生命保険株式会社
ページの一番上へ