公演情報

Homeへ戻る
5/16
Sat
ウィークエンドコンサート 2015 - 2016
音楽のある週末
戸田弥生©Kinoshita Akira/エル=バシャ©AlixLaveau

第24回 戸田弥生&エル=バシャ
デュオ・リサイタル

最難関エリーザベト・コンクール優勝者によるデュオ。情熱のヴァイオリンと、精密無比、類稀なる美音を奏でるピアノによる名曲ソナタ集。
チケットデスク
チラシPDFダウンロード
プロフィールはこちら
アーティスト・インタビューはこちら

基本情報

日時 2015年5月16日(土) 14:00開演
会場 第一生命ホール  座席図を見る
出演 戸田弥生(ヴァイオリン) アブデル・ラーマン・エル=バシャ(ピアノ)
曲目 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調Op.24「春」  [NAXOSで試聴する]
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調Op.121  [NAXOSで試聴する]
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調  [NAXOSで試聴する]

<アンコール>
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第6番より第2楽章

※[NAXOSで試聴する]をクリックすると、各曲・楽章の冒頭30秒が無料で試聴できます。(ナクソス・ミュージック・ライブラリーへリンクします。) ナクソス・ミュージック・ライブラリー画面左上の【選択曲を試聴】をクリックすると試聴がスタートします。無料試聴は連続で最大15分間のご利用となります。試聴音源の演奏家は、公演の出演者とは異なります。
チケット

S席¥4,000 A席¥3,500 B席¥2,500 ヤング¥1,500(小学生以上、25歳以下)
セット券S¥8,000〔第23・24回〕 第23回の詳細は こちら

一般発売:2015年2月24日(火)発売(発売初日のみ10:00~受付開始)

【チケットお取扱】
トリトンアーツ・チケットデスク
TEL:03-3532-5702(平日11:00~18:00)

チケットぴあ http://pia.jp/ ※PC/携帯/スマートフォン共通
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

TEL:0570-02-9999〔Pコード:252-928〕(S・A・B席のみの取扱い)

東京文化会館チケットサービス(S・A・B席のみの取扱い)
TEL:03-5685-0650(10:00~19:00/休館日を除く)

※全席指定/税込み
※未就学児の入場はご遠慮頂いております。
※セット券は「古澤巌『生』ヴァイオリンの夜」(2015年4月24日)とのセットです。
※やむを得ず、演奏曲目、曲順、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

出演者インタビュー

難関エリーザベトコンクール覇者同士のデュオ
情熱と冷静の絶妙なバランス
週末に第一生命ホールで定期的に音楽を楽しむ「音楽のある週末」シリーズ、5月に登場するのは戸田弥生さん。最難関コンクールの1つといわれるエリーザベト国際コンクールの優勝者同士でもある、ピアニストのアブデル・ラーマン・エル=バシャさんと共に、手の内に入った名曲揃いのプログラムを披露します。
インタビュー全文へ

プロフィール

戸田弥生  Toda Yayoi  (ヴァイオリン)
1993年エリーザベト王妃国際音楽コンクール優勝以来、日本を代表するヴァイオリニストの一人として、圧倒的な集中力による情熱的な演奏で聴く者を魅了している。97年ニューヨーク・デビューで絶賛される。日本の著名オーケスラはもとより、モスクワ・フィル、スウェーデン放送響、ハレ管、ロンドン・フィル等と共演。また、小澤征爾、シモノフ、ミンツ、カントロフ、ブーニン、フルネ、ベルティーニ、アルゲリッチ、アファナシエフらとも共演。録音も数多く、「バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ全曲」「イザイ無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲」のほか、2006年に珠玉の小品集「子供の夢」を、2010年には「20世紀無伴奏ヴァイオリン作品集」をリリースし、無伴奏作品の潮流を描く演奏で好評を得ている。デビュー20周年を迎えた2013年には、東京、大阪、神戸、福井にて、協奏曲、デュオ、無伴奏等多くの舞台で大好評を博した。

公式ホームページ http://yayoi-toda.com/
©Kinoshita Akira
アブデル・ラーマン・エル=バシャ  Abdel Rahman El Bacha  (ピアノ)
1958年レバノン生まれ。67年、サルキシアンに師事。10歳でアラウに将来を嘱望される。74年、英・仏・露政府より奨学金の申し出を受け、パリ音楽院に入学。サンカンの作曲科にも学び、ピアノ、室内楽、和声法、対位法の4科で首席卒業。78年、エリーザベト王妃国際コンクールにて審査員全員一致で優勝、併せて聴衆賞受賞。一躍世界の注目を浴びるが、すぐに演奏活動には着手せず、レパートリー拡大に努める。世界の主要ホールでリサイタルを行う他、インバル、クリヴィヌ、フルネ、マズアなどの著名指揮者とベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管、パリ管、N響等で共演。レパートリーは幅広く、約60のピアノ協奏曲の他、バッハから現代作品まで網羅。プロコフィエフの初期作品の録音ではシャルル・クロ・アカデミー大賞受賞。数多くのCDが発売されている。98年フランス政府より芸術・文芸シュヴァリエ賞、02年レバノン大統領より功労賞の最高位メダルを授与。エリーザベト王妃国際コンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクールの審査員、エリーザベト王妃音楽院ピアノ科教授を務めている。
©AlixLaveau

協賛:第一生命保険株式会社
ページの一番上へ